よく行くお店〜スタッフMの場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

休みになれば自然と足が向くお店があります。

そこは珈琲豆の販売店で、国宝・太山寺の風致地区内の自然豊かな環境の中に店を構える「太山寺珈琲焙煎室」。

IMG_7016.jpgお店の敷地に至る道

IMG_7018.jpg春は桜・秋は紅葉が楽しめる駐車スペース

IMG_7036.jpeg木漏れ日と自然の香りが満ちるウッドデッキは喫茶スペース

IMG_7030.jpg産地ごとにその特徴の説明と現物・香りを試す小瓶が用意されている

産地や焙煎の度合いなど数多くの珈琲豆を選ぶ事ができ、かつ1杯300円でどれでも飲む事ができます。

そうして気になった珈琲を飲んで識る事ができるので得るものも多く、珈琲が好きな私にとってはすっかり憩いの場となっています。

店主の横野氏は元々珈琲とは無縁の職に就いておられましたがその職もそもそもの希望するものでは無く本当は教師になる事を夢見ておられました。

しかし就職氷河期の真っ只中で教員の求められる数も少なかったため、セカンドオピニオン?として就職も考えおく必要があったそうです。その事を正直に教授に伝えたところやる気がないとみなされてしまい、教員となるために必要だった実習に参加すらさせてもらえなくなり夢は散りました。

その後ITバブルの波に乗りIT企業に就職されましたが、無味乾燥な成果主義に嫌気がさし退職。

かつてご両親が共働きだったため身についた自炊の能力を活かすべく調理学校に入学され、そこで将来のことを考えられたようです。

料理を提供して食べていくにはキャリアがかかりすぎる、お客様とコミュニケーションを取りつつこなせるお仕事がしたい、そこでバリスタの道を選ばれました。

ラテアートや珈琲を通してお客様と接すると、自然と会話は弾み短い時間でも適度な距離感を保ちつつ良い関係が築ける。

そんなお客様を大切に、どうすれば喜んでもらえるか、どうすれば心地よく過ごしてもらえるかを考え働かれているうち、横野氏ならではの哲学のようなものが生まれたようです。

美味しい珈琲を目指し努力していてもそこには限界があり、それ以上を目指すため焙煎士としての修行を並行して行われました。

IMG_7039.jpgカフェオレには温めたミルクを丁寧に漉して使用し甘味を立たせる

ゼロから全て自分で。

お客様からお金を頂いて提供する珈琲を責任を持って焙煎・抽出・提供するため独立。

こうして太山寺珈琲焙煎室は生まれました。

ここでは、ただ珈琲豆を販売するだけでなく、どなたでも日常的に美味しい珈琲を楽しむための器具の販売、さらに抽出セミナーや焙煎体験など、様々なイベントを積極的に開催されています。

それは珈琲がいかに日常に潤いを与えるものかを熟知され、楽しんでもらおうとする横野氏の姿勢の表れだと思っています。

周りの環境もさることながら、店主やお客様の周りには常に穏やかな空気が漂っています。

「珈琲は庶民の物」の考えのもと提供される珈琲はどれも芳しく、それぞれの個性を生かしたレベルの高い珈琲が気軽に楽しむ事ができるこのお店。

さして疲れてもいないだろう私がとても癒されたと感じるこの空間には、きっとどなたにとっても癒しとなる時間が流れているのでしょう。

鳥の鳴き声や川の音をBGMに柔らかい木漏れ日を浴びながら香り高い珈琲を楽しむひと時。

取材を快諾してくださった横野夫妻に感謝いたします。

よく行くお店~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく行くお店.JPG

行きつけのお店・・。基本的に人見知りなので、洋服や化粧品を買う時は決まったお店に通っています。ずっと通っていて何が楽かというと、私の持っているチークの品番も服も全部記録されているので、「先日のアレに合いますよね」とか言ってくれること。

百貨店の一角にある洋服店には、いい意味でずけっと言ってくれる店長さんがいます。(背が高い私は腕も長い)

「う~~~ん、Kさんにはこの丈、ミニスカートになるかな・・」(着る前)

「そうですね~~、普通の人には7分袖なんですけど・・」(着た後)、

・・・私からさんざん言ってたら最近は先に言われます。それでも本人の気にしているポイントを認識してくれているのは楽です。

洋服店の店員さんで、何が苦手かというと、「わ~~背が高くていいですねぇ」とか言われること。

全然良くないので何て答えればいいのかいまだに分かりません。持ってるものを褒められると素直に喜べるんですが・・。

ちなみにルボナーさんのお財布、鞄はあちこちでよく褒められます。

他にも「今ね、これが〇〇っていう雑誌にも紹介されてて、すごく人気があって・・・」とかいうフレーズも苦手です。

 今は異動してしまったけど、ある意味恐ろしい店員さんは、デニムを試着しているとさっと合わせてトレンチコートを持って来て、更に紺とベージュを交互に着せてう~~ん、と考えて鏡越しにぼそっと、「紺・・ですね」と言うのです。

その時は、思わずコートも一緒に買ってしまいました。こういうのに弱い。

それ以来、試着しつつも背後に気を配るようになりました。

私の場合洋服の買物は一人で、が鉄則なので、他人の意見が聞きたいけど、なんでも似合うという店員さんでは参考になりません。だからとても助かってはいるんですけども。

私も日頃店では気を付けるようにしていて、革製品の色で迷っている方や、どちらの万年筆がいいか(見た目)で迷っている方には、値段関係なく本気で申し上げるようにしています。

その方の持ち物、髪型、服装、雰囲気。そういう第三者にしか分からないことをお伝えした方がいいと思う。

中には決まっているのに、決められなくて誰かに背中を押して欲しい方もおられるので、そんな時は思い切り押して差し上げています。

 お店のテイストが好きな事ももちろんありますが、好きなお店=気が合う店員さんがいる、な気がしています。

 

よく行く店

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC07173.JPG

今月のテーマはよく行く店です。各人が行きつけの店について書きます。

 

以前は服屋さんでよく行く店があって、お金を貯めてそこに行くことが楽しみで、息抜きに思えていました。

しかし、その店もなくなってしまいましたし、同じブランドばかりよりも、自分の好きなものを組み合わせて着たいと思うようになって、そしてセールを繰り返して、定価で買ったものが数か月で数十パーセントオフになってしまうというアパレル業界の常識に嫌気がさして、足が遠のいてしまいました。

服に関しては、同じ店ばかりで買うことはなくなりましたが、夕食に出る店はほぼ決まってきました。

美味しいお店を知っている人はたくさん知っていて、そういう人たちをとてもカッコいいと思っていました。できれば自分もそうなりたいと思ったけれど、いろんな店に行ってみたいという欲求があまりなく、そういう勘も鈍いのに無理しても仕方ない、それは自分に向いていないことだと近年では諦めています。

それに自分の数少ない機会の、限られたお金を払うなら、知らないお店よりも、よく行く、続いてほしいと思う店にお金を払いたいと思う。

お店に行った時に、その店は自分が行く店かどうかということをよく考えます。

そのお店が自分に相応しいかということではなく、自分がその店に行っていい客かどうかということです。

私や関わってくれている人の多くは、お酒を飲まない人が多いので、お酒を飲ませることが中心のお店は行っても場違いに思えて居心地が悪い。

ベタなソースものが好きで、おいしいお好み焼き屋さんがあればいいけれど、そういう所はほとんど飲み屋さんで、次々に食べ物を注文する私たちは持て余されてしまうことが、目に見えているので行かない。

結局、飲まなくてもいつもありがとうと上手に、心から言ってくれる中華料理屋さんとインド料理屋さんに行くことになります。

当店から夕食に行く人のほとんどはどちらかに連れていかれることになるけれど、それもお約束の行事のようで、そして神戸らしくていいのではないかと思っている。

神戸、特に元町の界隈は中華料理屋さんとインドカレー屋さんが街の規模のわりに異常に多い。

もしかしたら、日本中そうなのかもしれないけれど、私が子供の頃から中国系の人とインド系の人は神戸にはたくさん住んでいたようなので、関係があるのかもしれません。

神戸は神戸牛が最も有名な名物なのかもしれないけれど、神戸庶民の特別な日のごちそうは中華かカレーだと思っている。

実は9月にウォール・エバーシャープの社長が当店を訪れる予定になっている。

ウエスタンハットを被って写真に写るようなコテコテの南西部のアメリカ人をどの店にお連れしようか、大いに頭を悩ませているけれどよく行く店でいいのではないかと思い始めている。(Y)

ペンとペンケース~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

万年筆については私は主にオマスの万年筆を使っております。おそらくこれからもずっと使うでしょう。

もっとも、そう思った矢先に早速会社は潰れました。

これらのオマスには、3本挿しのシュランケンカーフのペンケースに入れています。

Spen1.JPG

Spen3.JPG

時々、外でパッとアイデアが浮かんだときは、下のモンテグラッパが活躍します。

しかし、パッとアイデアが浮かんだときは大抵家に忘れていたり、携帯している時は何も浮かばなかったりします。

このモンテグラッパはルボナーの1本差しのケースに入れています。

人前で出すとカッコいいのですが、時々カバンの底に隠れており、底から引っ張り出す行為はすごくカッコ悪いです。

Spen4.JPG

下のファーバーカステルは、銀色が万年筆、あとはローラーボール、ボールペン、シャープペンシルです。

銀色の万年筆は主にPen and message.のシステム手帳のペン入れに挿しています。

うまい具合にちょうど入るんです。

Spen2.JPG

 この会社のシャープペンシルは長く愛用しており、本に書きこんだり下絵を描く時に使っています。

何だかすごく贅沢な気分を味わえます。

さすがの伯爵シリーズです。平民も伯爵気分を味わえます。

下の茶軸のローラーボールは、最近ペリカンの芯を入れました。そしたらまあ描きやすいこと。

万年筆いらないかも知れないです。最も芯の値段は高いです(そして黒しかない)。

横のボールペンには三菱のジェットストリーム芯が入っています。なのでこれも書きやすいです(でもこれも替え芯の値段は高い)。結局、万年筆がもっとも安くつくのかも知れません。

ファーバーカステルを使うと自分が賢く見えます。

それは根拠のない自信につながり、ずっと根拠のない自信と口先で人生を渡って来たSトーの必需品です。

ペンケースはダグラス革の3本挿しを使っています。

このダグラス革はSトーのお気に入りで、男の革、という感じがします。

Spen5.JPG

ペンとペンケース~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、スタッフM です。

万年筆の数も順調に増えつつあり,諸先輩方の後を確実に追っているような気がします。

それにしても先週のスタッフKはすごかったですね!

いつか私もあんな風に・・・!

さて、私のペンケースですがどれもペンをさっと取り出せるものばかりです。

使いたいと思ったときにさっと取り出せると言うメリットは、特にネジ式キャップの万年筆にとって重要で、筆記に臨むまでの時間短縮となります。

 IMG_6993.jpeg

3本差しペンケースはお店に待機しているもので、中身はこの通りとなっています。

#3776センチュリーは仕事上必ず必要となる場面があり、ヘリテイジ912はあとでお話しするこしらえに装着されているペン先の実家ですので中身はありません。

オプティマは学生時代に虜となった溶け始めた氷の表面をなぞっているかのような書き味の字幅Bが装着されておりますが、なかなか実用の機会が得られずにおります。

そのためお店でその機会を狙っている待機万年筆状態です。

 IMG_6997.jpeg

2本差しは今最も活躍しているペンケースですね。

お手紙を書いたり帳簿をつけたり、手帳を書いたりポエムを書いたり⁉︎など公私ともによくつかう万年筆を収めています。

こしらえにはヘリテイジ912のFM(中細)が付いておりますが、私の調整の練習に付き合わせた結果EFとFの間くらいの字幅となってしまいました。

愛着のある1本ですね。

そしてアオラーでありミドラーである私の好みをピンポイントで突き刺すかのようなアウロラ365アズーロ、完全に好みで選んでおります。

 IMG_6999.jpg

カンダミサコのペンシースには最近仲間入りしたM800オーシャンスワールを差しています。

すぐさま使いたいので持ち運ぶ時もこの状態にしています。

なるべく万年筆はバランス良く使いたいので、新参者のこのペンは優先的に使っています。

 IMG_7006.jpg

以前も書いたかもしれませんが、この万年筆は私の初めての万年筆でとても思い入れのあるものとなっています。

聞香会での記録を書いたりするときや何か特別なときに使っています。

シガーケース型ペンケースSOLOはこうした特別な1本を収めて持ち運ぶのに適したケースだと思います。

しっかりとペンを納めているという感覚が強く、取り出すときに「今からこの万年筆で書くのだ」という気持ちが高まり、書くという行為がさらに楽しくなります。

ペンケースはペンを収めるためのものですが、ペンに馴染んで行く様子や革の風合いなど使い込む楽しみ、ペンとの組み合わせによる気分の演出など、書くことの楽しさを増幅させるものでもあります。

楽しく仕事をするため、楽しく書くためにペンケースとペンの組み合わせを考える。

なんかいいですよね。

 IMG_7010.jpg番外編、ジャケットもペンケースだと思っています。

IMG_7009.jpeg

ペンとペンケース~スタッフの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

RIMG2404.JPG

こんにちは!スタッフKです。・・あっ!待って帰らないで~画像は似てますが先月とは違う内容です。今月のテーマは「ペンとペンケース」。

以前、自分のブログでは紹介したことがあるのですが、自分がどういう万年筆をもっているか分からなくなるのでモンテベルデの36本差しペンケース(通称:標本ペンケース)を使っています。

若干、細いペンを2本箱乗り状態にしているところは見ないで下さい。

久しぶりにラベルの通りに並べてみました(いつもは適当)・・ベースとなる場所があると、ちゃんと管理できる。そのためのケースです。

これは会社待機の母艦で、持ち運ぶための出撃部隊がいくつか編成されています。万年筆の用途で編成したいのですが、つい見た目で選んでしまうのを止められません。

RIMG2406.JPG

最近増殖を続けている紫もちらほら。コンプロット4にの内装をラベンダーにしてもらってから、何故か紫が集まってきます。これは仕事中は立てておき、帰る時には横にします。立てたままだと万年筆のインクが出にくくなるといけないので。新色のアルスターバイブラントピンクも合ってますね。

これを持ち歩くとすると私の場合、万年筆⇒コンプロット⇒コンプロットケースリブレット⇒布でケースを作って入れる、という風になりかねないので、今のところ机上待機です。

RIMG2408.JPG

普段の持ち歩きは3本差しペンケースかカステルの2本差し。長期の休み以外で、母艦を持ち帰ることはありません。

カファレルのチョコレートが入っていた缶ケースは、カートリッジ&コンバーターケースになっています。

万年筆と同じように増えていくもの、それがペンケースでもあります。

万年筆×ペンケースの組み合わせは無限大・・・今はこれで良いと思っても、いつでも新しいものを探してしまう。万年筆と同じですね。

 

ペンとペンケース

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今月のテーマはペンとペンケースです。

各人お気に入りのペンケースと中身のペンについて語ります。

 

DSC07058.JPG

ペンケースはいくつもあって、それぞれに入るペンが決まっている。

たいてい細字、中字、太字のセットになっていて、手帳用、手紙用、メモ原稿といった自分の万年筆で行う用途をどの組み合わせを選んでもカバーできるようになっています。

前の日の晩、その中から好きな組み合わせのものを選んで鞄に入れる。

もちろんお気に入りの組み合わせはどうしてもできてしまい、多少の偏りはあるけれど、こうすることで持っている万年筆を万遍なく使うことができる。

その時のお気に入りから外れていても、急にまた気に入って使い出すものもあるので、たまには書いて感触を思い出すことは大切なことだと思います。

中には完全に役割が決まっているものがあって、カンダミサコ2本差しペンシースに収まったファーバーカステルクラシックコレクションエボニーの万年筆とボールペンは、いつでもすぐに取れるようにペン先調整機の上が定位置になっている。

 

DSC07059.JPG

ファスナー式のペンケースは10年くらい使っているもので、たくさんの雑文房具が入っている。

シャープペンシルやマルチ8USBメモリーなど、よく使うものもありますが、ただ入っているだけのものもあり、このペンケースの中に何を入れるかを考えることは、机の引き出しの中を自分好みに整理することに似ていて楽しい。

DSC07063.JPG

1本差しも潔い感じがして好きです。他の複数本入るペンケースとは意味合いが違ってくるような気がします。

ちなみに自宅に自分の机はなくて、リビングのテーブルや近所のカフェが自分の机になります。

自分の用途を満たしたぺんを入れたペンケースとスマホがあれば、どこでも作業ができるようになっています。

ペンケースはただペンを収納するためだけでない、活用するため、そして楽しさを2倍にも3倍にもするためにあると思っています。 (Y)

無人島に持って行くもの~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

先月サボったので今月はちゃんと書けと言われているのでちゃんと書きます。

人間社会に嫌気がさした時、無人島は誰でも憧れたことがあると思います。

しかし一人で生きていくのは至難の技です。

その場合、多分以下のようなものを私は選ぶでしょう。

1 釣り竿と多くのルアー

2 ナイフ数種(薪割り用・調理用・草むら用などなど)

3 チタン製のキャンプセット一式

4 万能ナイフ(レザーマンのチャージがオススメ)

5 斧数種類

6 筆記具(万年筆・ボールペン・鉛筆・シャーペン)

7 ノート

8 水ろ過装置(携帯用なのに5万リットル浄化できる。赤痢菌も浄化可)

9 手動発電機と太陽光発電機(足こぎ型がおすすめです)

10 ベアグリルのサバイバル本(すごく役に立つ)

11 虫眼鏡(火起こし用)

12 オイルとオイルライター(強風でも着火できるやつ)

13 火打ち石(多数)

14 パソコン(ボディ強度の高いマック製品かパナソニック)

15 ルーター

16 着替え(基本的にモンベルかパタゴニアの製品)

17 ブーツ(蛇に噛まれないようにロングブーツ)

18 コンパス

19 釘多数(コンパス代わりにもなる)

20 ハンモック

21 寝袋(寒い時用)

22 テント(カナダ軍が使っているもの。あれは家です)

23 位置が確認できる時計、または白文字盤の自動式時計(方位を知るため。ローレックスのエクスプローラーが良い。単なる物欲。)

24 野生の動植物のデータ一式(多分パソコンにデータを入れる)

25 たばこ数箱(蛭避け用)

26 医療用品一式

27 簡単な構造のボウガンか弓(肉用)

28 ロープ(いろいろ)

 

しかし、これでは単に生きるだけで面白くないのでやり直し。

1 浮輪

2 パラソル

3 バーベキューセット

4 PS4PROとゲームソフト一式(最悪SWITCHで代用)

5 コーラ

6 ポテチ(カラムーチョ含)

7 ケンタッキー・フライドチキン

8 ビーチボール

何だかこっちの方が生きていける気がする。

やっぱり文明は偉大ですな。

 

2018年04月11日23時26分52秒.pdf000.jpg

 

無人島に持って行くもの〜スタッフMの場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が無人島と言われてイメージするものは南国のビーチみたいな光景ですね。

太陽燦々でなんかヤシの木とか生えてるような、そう言うイメージです。

wallpaper-uninhabited-island-photo-09.jpg

無料画像をお借りしております。

大変理想的な無人島です。

ここでいかに過ごすかと言う話ですが、まずビーチパラソルは外せませんね。

テントは骨が多く設営に骨が折れるため遠慮させて頂きたい。

その下に大きめのレジャーシートを敷き、ジャケットとネクタイを脱ぎ畳んでから水着に着替えます。

海水温になれるため暫く遊泳したのち、すぐさま持参したシュノーケルを装備し持参した銛を携え再び海に向かいます。

銛は四つ又のものに限ります、初心者でも比較的簡単に扱う事が出来る上、何しろ一人ですのでそんな大物を狙う必要がありません。

そうして得た魚は恐らくさほど大きくはないでしょうから、エラの部分から裂き、そこを皮切りに手で捌いて海水で洗います。

下拵えの済んだ魚を焼くためには火が必要ですので、持参した風防の付いたカセットコンロに持参した焼き網を敷き、持参した塩を打った魚を焼いていきます。

私はおかずのみで食事するのを苦手としておりますので、アルミホイルに包んで持参したおにぎりを左手に、もう片方の手に魚を持ってワイルドに平らげていきたいと思います。

その後、写真のヤシの木によじ登ってヤシの実を収穫し、これを食後のドリンクとデザートにしたい。

ヤシの実は堅牢な外郭で可食部を守っていると聞きます。

そのため、持参した手動式ドリルでストロー用の穴を開けます。

飲み終えたら、その穴に持参したナイフの刃をあてがい、刃の背の部分を持参したゴムハンマーで打ち、ヤシの実を真っ二つにしてみせます。

sunset-241067_640.jpg

やはり無料画像をお借りしております。

お腹いっぱいになったらきっと眠たくなる事でしょう。

日も傾いてきた事ですしビーチパラソルを畳み、持参した4畳分くらいの大きさのタープを張り、持参したランプを灯し夜に備えます。

日もすっかり暮れ、潮風がやや肌寒くなった頃、持参したコーヒープレスでたっぷりのコーヒーを用意します。

そのコーヒーを飲みながら満天の星空を眺め、ランプの明かりを頼りに持参したmarumanクロッキーブックとラミー サファリでこの日の記録を残します。

たまにいたずらな潮風にページを捲られながらも、サファリのスチールペン先は怯む事なくブルーブラックの文字を刻み続ける事でしょう。

のんびりと一人きりの夜を過ごし、持参した歯ブラシで歯磨きをし、風邪を引かないうちに持参した寝袋に入ります。

明日の12時には迎えの船がやってくる予定ですから、撤収を考えて11時半までぐっすり眠りましょう。

と言う事で、

  • ビーチパラソル
  • レジャーシート
  • 水着
  • シュノーケル
  • 銛(四つ又)
  • カセットコンロ
  • 焼き網
  • おにぎり
  • 手動式ドリル
  • ナイフ
  • ストロー
  • ゴムハンマー
  • タープ
  • ランプ
  • コーヒープレス
  • marumanクロッキーブック
  • ラミー サファリ
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 寝袋

以上の品々を持って無人島に行きたいと思います。

 

 

無人島に持って行くもの~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「無人島に持って行くもの」。

無人島と言えばサバイバル・・・ですが、最近の傾向としては殺人事件でしょうか。嵐で取り残された10人の中から、一人ずつ減っていくというアレです。

そんなところに持って行くものなんて、探偵しか浮かんできません。ものじゃないけど。

 だからあえて、セレブな想像をしてみました。

知り合いが島を持っていて、その中にあるお屋敷に一週間招待される。そこでは食事の時間だけが決まっていて、自由に過ごすことが出来る。

毎日船は来るし、天候でしばらく無人島に閉じ込められても、食料などは備蓄してあるので早々心配することはない。携帯電話ももちろん圏内!(色々設定が細かい・・)そこでどう過ごすか。

 というわけで一週間何をしてもいい時間があるだけの設定になってしまいましたが、そこで果たして何をするか。

仕事も家族も全部忘れて、ひとりきり。

私はいつかやろうと思っていてできていないこと、そういうのに取り組んでみたいと思います。

そのお屋敷に、万年筆全部と持てるだけのボトルインクと、ありったけのノートを買い込んで行きます。

そしてなかなか使ってあげられていない万年筆を徹底的にメンテナンスして書いて、相性のいいインクを一本ずつ決めます。

本数が増えてくると、何となく使うペンと、何となく使わないペンができます。

RIMG1999.JPG

その何となく使わないペンの原因と向き合って、これからも持ち続けるのか第二の万年筆人生を送らせてあげるのかを考えていくのです。使わなくても手放せない万年筆、それはそれでOK。

ノートに書き続け、納得いくまで使います。

そして書き味が気になるペン先や、同じFでも使い分けをしたいと思ったら、お屋敷の隅の「Pen and message.」出張所へ。ペン先調整をしてもらったり、ニュアンスの相談をしたりします。(お金持ちのお抱え調整師設定) 

それを一週間やり続けたら、帰る頃には私の万年筆ケースは「精鋭部隊」もしくは「きちんと意味のある所有万年筆たち」に変貌しているはず。

普通に万年筆を使っている方には当然だと思われるかもしれませんが、ハッと気づいたら何だか手元に万年筆がいっぱい、という私には必要な時間なのです。

 でも無人島の設定では、気づいたら自分の携帯電話はなくなっていて電話は不通で、外は嵐で、備蓄庫は荒らされて、10人いたはずの招待客が誰もいなくなっているかもしれません。

無人島の最後のイメージは、殺される寸前にお屋敷に突入してきた警察に救助されるか、追い詰められて上がった屋上から自衛隊のヘリに救助されるかの2択です。

最終的にはヘリに釣り上げられながら、「そのケースは離しなさい!」とか言われている自分が目に浮かびます・・。

Powered by Movable Type 5.2.10

最近のコメント

アイテム

  • IMG_7039.jpg
  • IMG_7035.jpg
  • IMG_7030.jpg
  • IMG_7036.jpeg
  • IMG_7016.jpg
  • IMG_7018.jpg
  • よく行くお店.JPG
  • DSC07173.JPG
  • Spen5.JPG
  • Spen2.JPG