今年欲しいもの~スタッフKの場合

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!スタッフKです。こんなテーマは簡単~と思っていましたが、なかなか難しいものですね。

先週は壮大な話だったので、急に「買えよ!」と言われそうな今年欲しいものなのですが・・。

今年、というよりも数年来「欲しいんだけどな~まだ使えるし」と先送りにしてきたものです。

それは「目覚まし時計」。

みなさん、朝どうやって起きていますか?携帯アラーム、もしくは誰かに起こしてもらうとか?

一人で起きる私にとって、目覚ましのない状態は考えられません。休みの日でも、7時に目覚ましをセットします。

今はデジタルの事務的なのを(何かの粗品)使っていますが、何となく味気ないな~と思っていて、同じく携帯アラームも何となく味気ないと思う。しかもガラケーだから・・。

そこで今回、せっかくなので何か探してみようかと検索してみたところ、目覚まし時計も色々あることが分かりました!

c79t-675-11.jpg             *楽天より画像お借りしています

理想はこんな木製の丸い優しそうなフォルムがいいなあ。音はデジタルでもいいと思う。

ベルの「ジリリリ・・!!」というのは激し過ぎて、ドキドキした心臓を戻すためにまた寝てしまうので、できれば最初は小さめに優しく起こして欲しい。優しい声、というので探していると、こんなのもありました。

 

51TmIXY80zL.jpg

何と銀河鉄道999のメーテルが起こしてくれます!!これは素敵。むしろ気持ちよく寝てしまいそう~。ここはやっぱり「起きなさい」って言われたい。

フィギュアが付いているので、横に置くのかな。小学生の時、初めて感じた「キレイな人」です。

でも気持ちよくなってウトウトすると困るので、こういうのはどうでしょう。

ナンダクロッキー.jpg

「ナンダクロッキー」という時計で、画像の通り逃げ回るので捕まえて音を止めるのだそう。朝からハードですね。向うが力尽きるまでふとんで待ってしまいそうな自分がいます。

私はおしゃべり系が好きなので色々使って来ましたが、今家人が使っている「おじゃる丸」もその一つ。

色々しゃべるのですが相当古いため、今では時間が来てもぼそっと言ったり言わなかったりするそうで、「鳴らなかったらどうしよう」という不安でその位の時間には起きるそうです。ある意味究極。

ちなみにそれは朝5時半。私は隣にいるにも関わらず、音を聞いた記憶はありません。

優しく、辛抱強く起こしてくれる目覚まし・・・「優しい奥さん」しかないかも知れません。

結局、もう少し探したいと思います。

今年してみたいこと、欲しいもの

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今月のテーマは「今年してみたいこと、欲しいもの」です。

各人がそれぞれの物欲や希望を語ります。

 

stock-vector-vintage-car-551629180.jpg

例えば靴が欲しいとか、服が欲しいという細々したことを言ってもつまらないのかもしれません。
でもできないことはあまり言いたくないけれど、今年というか、いつも欲しいと思っているものを様々な事情を省みずに申し上げると、スポーツカーに乗ってみたい。

万年筆は大きなものが好きだけど、車に関しては小さな車にいつも惹かれます。

キャビンが狭くて低いスポーツカーに乗って、兵庫県の田舎道をのんびりとドライブしたい。

それだけで、私はリフレッシュできるだろうと思います。

今年の春から息子は神奈川に行ってしまうし、年末年始は3人で車に乗ることもあったけれど、近年車に3人で乗ることはほとんどなかったので、二人乗りで充分なのではないかと思っています。

色々な問題は、お金の他にもあって、まずとても無精で年4回しか車を洗わない自分が、汚れているとサマにならないこの手の車に乗っていいのか。

休みの日以外は車を使っている妻の同意が得られるのか、などですがこうやって挙げていくとクリアできなくもないのでは、と思ってしまいます。

免許をとって32年になるけれど、とても運の良いことに事故を起こしたことがなく、この幸運が続いているうちに車を必要とする生活を終わりにして、バス、電車、徒歩の生活に切り替えるというのもひとつの考えでした。

ある程度の街に住んでいる自分にとって、車は絶対に必要なものではない。だからこそ楽しむための趣味性の高い車か、あるいは乗らないかという判断になるのかもしれません。

話は反れるけれど、万年筆もそれと同じなのかもしれません。

昨今仕事においても筆記具は使わなくても成り立つことが多くなりました。

私の仕事でさえ、お客様とのやり取りの多くはメールだし、スケジュール管理、メモなどもスマホでやろうと思えばできます。多くのが人がそうだと思います。

でも手で書きたい、どうせ書くならその辺にあるボールペンではなく、気持ちよく書くことができ、書いた文字もきれいに見える万年筆で書きたいという人は明らかに存在します。

そして万年筆を使う人たちの多くは、それは言わば趣味的なものであるため、もっと楽しめるもの、持っていて喜びを与えてくれるもの、あるいは精神的な支えとなってくれるようなものに、要求は向いていき、それをより満たしてくれる高度なものへとエスカレートしていくのだと思っています。

かなり話が反れてしまったけれど、今年はプライベートにおいても、仕事においても、なくてもいいけれどあると楽しみを与えてくれるモノ,心の支えのようになってくれるモノについて考えていきたいと思っています。(Y)

私の年越し~Sの場合~(妄想シリーズ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんで年越しソバはこんなにうまいんだろう。
よく考えたら普通のそばなのに。なんかあかんやつ入っている? そば協会の陰謀?
そんなことを考えながら、年越しについて何を書こうか考えたが全く何も出てこない。
そしてよくよく考えたらいつも年越しはなぜか東京にいることに気づいた(Sトーは関西在住である)
そこで私の場合は、年越しのいつもの風景は新幹線からの車窓であった。
年末年始の新幹線は意外と空いている。
そして毎年、何度も新幹線に乗るにつれ、その風景にも慣れてきて、だいたいどの辺を走っているのかわかるようになった。
大阪から東京に行く場合、左側には巨大な箱舟型の太陽光発電施設が見える。
(巨大な箱舟型の太陽光発電施設)

2017年12月16日11時27分32秒.pdf000.tifそれはかつてゴモラ(ウルトラマンシリーズ参照)の頭についていたものを再利用したものである。
さらにしばらく経つと御嶽山がチラッと見える。

私はかつてその山を登山したことがあるが、これは単なる自慢である。
さらに浜名湖が見えてくる。その度ごとに浜名湖で食ったうなぎの味が蘇り、その記憶だけでご飯がすすむ。
さらにしばらくすると、今度は、運が良ければ富士山が見える。その度ごとにこれまたよくあんな高いところに登ったなあ~と思う。
右側の座席に座っている場合、まず関ヶ原と伊吹山が見える。
Sトーの前世の記憶には、伊吹山付近の関ヶ原の合戦での戦いの記憶はなく、走馬灯のように見えるのは、なぜかひこにゃんの顔である。

2017年12月16日11時27分55秒.pdf000.tifその後、時々ちらっと太平洋が見え、やがて山間の間から見える熱海が見える。
熱海については東京に住んでいた頃、年末に車で熱海までドライブして、港でちょうど釣り上げられたカジキマグロを食った記憶がある。
そのうち、車窓から小高い場所にある見慣れた横浜の住宅街が見えてきて、だいたいそこから15分くらいで品川駅に着く。
品川駅は近代的されており便利だが、東京駅やその付近は古い建物がいまだにあり、昔の東京を思い起こす。
Sトーは東京の昔の風情が好きで、また東京駅に近い有楽町近辺でも「なんとか会館」とか得体の知れないビルの地下に集まる、これまた得体の知れない多くのお店(サンゴを売っていたり、印鑑売っていたり、なぜか怪しいお店)を見て回ったりする。

ところで年越しは山手線などはほとんど24時間営業となる。

初詣なので当たり前だけど、これだけ大都会なので普段からそうなれば良いと密かに思っている。


これがここ数年続いている年越し風景である。

私の年越し~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も残す所2週間弱となり、にわかに焦りを感じているスタッフMです。

光陰矢のごとし、後悔先に立たず(?)、やり残しが多くてかないません。

そんな中から個人的にやっておきたい事をいくつかお話しします。

まずは靴磨き。

P1010069 2.jpg

僕は大体この2足で生活をしておりますので、やはり擦れた跡や小傷がつきやすい。

家に帰って真っ先に靴のブラシ掛けをする事が習慣となっていますが、それでも補いきれない傷や、冬のからっ風に吹きさらされた乾燥などのダメージが積もっています。

靴クリームを使った本気の靴磨きも嫌いではないのですが、このところ何かと自分自身に言いわけをして遠ざかっていた作業なのでした。

もうピッカピカにします。

続いて手帳や万年筆などのお手入れ。

P1010075.jpgP1010074.jpg

家族や先輩スタッフ、お客様の次にお世話になっている物たち。

気が付いた時にブラシをかけたり、気まぐれに洗浄したりしてはいますが、いずれも「今日はこのぐらいにしといてやろう」程度。

もうピッカピカにします。

以上は人様の目に付きやすい、いわゆる表舞台の物たちです。

縁の下の力持ちも労ってあげたい。

P1010073.jpg

レッドシダー製のシューツリーは時々干してやって、表面を紙ヤスリで擦ってやるといいそうです。

そうすると消臭効果と乾燥力がよろしくなるそうです。

もうカッサカサにします。

そして香道具を収め持ち運ぶための香箪笥。

P1010071.jpg

もう12年の付き合いになる大切なパートナーですので、たまには虫干しでもしてあげようかと思います。

いつまでも活き活きとしていて下さい。

 

やっておきたいと言っていたらやってしまいましたので、年末年始は自分のためになるに専念しようと思います。勉強とか。

凄く抽象的ですが、本当にやりたい事かと思います。

 

私の年越し~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「私が年末年始にすること」です。

11月も末になると、少しずつ焦り始めます。なぜなら私にとっては手書きのシーズンの始まり!だからです。

年賀状の準備とクリスマスカード選び。最近は売っているカードのバリエーションがどこも似ていて、相手と重ならないかを考えながら選びます。

DSC00510.JPG使うペンは万年筆と華やかなゲルインクボールペン、そして色鉛筆。

たいていメッセージスペースは小さいので、そこにちょこっとメッセージを書いて、絵を描いたり色を塗ったりして装飾します。

出す相手は両親と義理の祖母だけですが、なるべく遊び心のあるカードを選びます。

DSC00515.JPG

認知症が進んでいる祖母にはクリスマスツリー、両親にはパタパタと広がるサンタカード。立てて飾れるので、12月に入るとすぐ届くように準備します。クリスマスまで、飾って楽しんでもらえたらいいかなと。

年賀状はまず写真選びから。

毎年さりげなく万年筆を滑り込ませた写真を使うのですが、去年たまにはと思って旅行先の写真にしたところ、「今年は万年筆じゃなかったね」と!!家人が会社の方に言われたのです。

それに気をよくした私は、来年の年賀状にはぜんぜんさりげなくない万年筆の写真を選んだのでした。

小さな言葉でも、勝手に励みに致します。

DSC00509.JPG

*後ろに写っているはがきスタンドは、往年の大スタープリントゴッコの備品です。とっくに本体はありませんが、これはホントに重宝します。

 

毎年ご紹介しているかもしれませんが、年賀状の宛名はやはり顔料インクの「セーラー青墨」を使います。

顔料なので雨が降っても雪が降っても大丈夫。(裏は大変な事になるかもしれないですが・・)濃淡も出て、青と緑の中間の色なので、時々何色か聞かれたりします。

宛名を書くスペースが小さい時はやはり国産万年筆の細字ですね。

逆に表に大きく書く時は中字を選びます。

ちなみに画像の青墨カートリッジは2014年のもので、毎年2本ずつ年賀状だけで消費しています。

12月になるとこの万年筆にカートリッジをセットして、1月に全て終わったら使い切って洗浄します。顔料インクは放置すると大変なので、ズボラな私でもそこだけは守ります。

 

 クリスマスカード、年賀状、来年のダイアリーへの引継ぎなど、年末は一度にたくさん書くことがあります。

その都度最適な万年筆を選びますが毎年悩むので、書き始めるまでに時間が掛かるのでした。

 

 

私の年越し

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC06222_edited.jpg
大晦日に奈良に行かないので、11月に行きました。春日大社境内にて。

 

今月のテーマは「私が年末年始にすること」です。各人が年末年始に何をするかを語ります。

 

定宿というほどでもないけれど、ここ3年ほど年末年始を過ごしていた奈良のホテルが改装工事なので、今年末は京都に行くことにしています。

 

昨年の大晦日から今年の正月にかけて奈良でちょっとしたハプニングがあった。

スタンダードルームを予約していたけれど、空いているからとスイートルームに泊まっていいということで、家族3人喜んでリビングと寝室が分かれた大きな部屋で寛いでいた。

しかし、紅白歌合戦が始まる頃に、ものすごく気分が悪くなってきた。

息子も同様で、二人交互にトイレに駆け込んでいました。

どうも、早めの夕食で年越しそば代わりに入った蕎麦屋の焼き鯖寿司にあたったようでした。

せっかく広い豪華な部屋に泊まっても、その雰囲気を楽しむことができず、残念な奈良での年越しをしました。

唯一よかったのは、洗面所が2つあって、二人同時に気分が悪くなっても困らなかったのは、これは不幸中の幸いなのかもしれないと思っている。

ちなみにその時の初詣の春日大社で妻は凶を引きあてた。

 

ウチは何かラッキーなことがあると、それと引き換えのようなことが起こる。

10年以上前、宝くじで1万円当たったことがあって、朝刊を見ながら夫婦で喜んでいたら、息子がしんどそうな顔で寝室から降りてきた。熱を測らせたら高熱で、インフルエンザにかかっていたということがありました。

やはり棚ボタには気を付けないといけない。

今年は春頃にも京都に泊まりで出掛けたことがあって、その時もスイートルームが空いているのでどうぞと言われて夫婦で泊まった。

ホテルの向かいで遅めの夕食にと買ったバーガーキングのビニール袋を提げて部屋に入りました。

豪華な部屋でバーガーキングを食べた時は複雑な気持ちで、次は何が起こるのかと警戒したけれど、何も起こらなかった。

話が反れまくったけれど、年末年始は外で過ごすことがここ10年くらいの習慣になっている。

いつも荷物にノートと万年筆と本を厳選して持って行く。最近もカメラも荷物に入るようになって、レンズも厳選している。

荷物を詰めながら、何か書けたらと思うし、本も読めたらと思う。夜中や早朝の古都の写真も撮りたいといろいろ思うけれど、実行できたことがない。

本は結局、仕事が始まってからの電車の中で読むことになるし、何か書いてもせいぜいブログの記事が1つか2つで、だらしない年末年始をいつも過ごしている。でもそれでいいのかとも思っている。(Y)

来年への準備〜Sトー氏の場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

物事はなんでも準備80%、実行20%でうまくいくということが私の経験です。

仕事でも準備で、成果が決まります。
時にはなんでそこまでするのと他の人に言われたこともありますが、成果が欲しいならこの比率は鉄則でした。
プレゼン、営業、企画会議、全てに通じるこの鉄則を今年も適用し、来年に活かしたいと思います。

そこで来年の準備は以下のようになると思います。

 1・運動

2017年11月26日18時07分55秒.pdf000.tif2・読書2017年11月26日18時08分31秒.pdf001.tif

 

3・出家2017年11月26日18時07分55秒.pdf004.tif

来年への準備〜スタッフMの場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

P1010066.jpg

こんにちは!スタッフMです

来年への準備としまして、まず今年を振り返っております。

日々起きたことはオリジナルデイリーダイアリーに記録しているのですが、まぁその使い方が悪いもので見返していて大変分かりづらい。

記録なので当たり前かもしれませんが、何の感情も感じられないような物の書き方をしている日があったり、金太郎飴のように同じようなことしか書いていない期間があったりと見返す必要がないような内容が多い。

そんな有様ですがそれはそれで役に立てることが出来て、もっとこういう風に書いたほうがいいな、とかこういう情報こそここに書いておくべきだ、など気づかされることもあります。

そして将来的に役立つであろう情報はシステム手帳に綴じていきます。

システム手帳には日頃から得た情報は閉じておりますが、ダイアリーを改めて振り返ると残しておこうと思える情報がちらほら出てきます。

情報のふるい掛け作業のようなものですね。

見ていて恥ずかしい出来のダイアリーですが、赤面しつつも向かい合えば役に立つことも少しはあるようです。

そして最近修理のご依頼を担当させていただいているのですが、出会う万年筆それぞれにそれぞれの不具合があります。

一日で済む修理はほとんどありませんでしたので、ダイアリーの数日にまたがって同じ万年筆の作業記録が記されています。

それらの情報を整理してまとめてシステム手帳に綴じておけば、将来似た症状の万年筆がやってきた時に役立ちますので、ダイアリーから抽出し整頓していきます。

どういった道具を用いたとかどういう手段・手順で臨んだのかなどの情報は僕にとって大変重要なものです。ありがたい。

ついでにその万年筆そのものの勉強をする機会にもなっております。

修理にやってくる万年筆には古いものが多く目にする機会があまり無いものなので、このチャンスを逃さない手はありません。

やはり実物を実際に手に取り隅々まで調べることが出来ると得られるものが多い。

なんでだろどうしてと好奇心がくすぐられます。ありがたい。

面倒くさがりで忘れっぽい僕でも書いておけば、情報はそこにいてくれます。

日頃からもっとマメに振り返っていればいいのかもしれませんが、ある程度期間が空いて頭が冷えてきた頃に見返すと、違ったものの見方考え方ができるのではないかな、と思います。

それがたまたま年末に来ただけですが、これも来年の準備になると思っています。

 

 

 

 

 

来年への準備~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!今月のテーマは「来年への準備」。

私は仕事で正方形ダイアリーを使っていますが、プライベートでの情報基地をシステム手帳にしたいと思っています。

仕事は未来の計画を落とし込んでいくので、年間2種・月間・週間がしっかり入っている正方形ダイアリー「ウイークリー」を使っています。数字は「マンスリー」で別管理しています。

RIMG0842.JPG

*仕事用の正方形ダイアリー(基本お店在住)と、同じサイズのクロッキー帳、ストック用(今は持ち歩いてます)システム手帳。

銀行とか本の題名とかはジョッターに書いてすぐ見られるようにしています。

 

日々過ごしていると情報ばかりが溢れてしまい、後回しにしている間に情報がバラバラになり、収拾がつかなくなっている現状・・。

プライベートでの情報をリフィルで管理すべく、今バラバラになっている情報を集めてみようと思っています。

片づけたい候補としては、

1)住所録 

2)HOW TO を忘れないための覚え書き(テレビの料理情報から美術館の駐車場の位置までなんでも)・・・とにかくこれがすごく多い。

3)手紙のやりとりの記録(〇月〇日こういう内容を送りました、という自分への忘備録)

4)美術館や本を読んで調べたいと思った事

5)贈答記録・決まった商品の場合は金額や振込先など

来年の家計簿を本屋さんで物色しながら、一年のサイクルがどんどん早くなっている気がしました。これは早くやらねば。

最近ではテレビの健康法に添って料理したり、マッサージをしてみたり、やりたいことが本当に細かくなっています。(年齢によるものかもしれませんが・・。)

旅行・美術館めぐりをした後に書くためのノート(これは時系列なので綴じノート)、読書ノートを確立してから、捨てられないパンフレットもなくなったし、思い出がごちゃ混ぜにならなくなりました。

記憶を整理するには書いておくことが自分には向いていると思います。

RIMG0836.JPG

RIMG0840.JPG

書類がバラバラしていると、頭も整理できません。
来年はプライベートでここら辺をすっきりして行きたいと思っています!!

 

来年への準備

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは来年への準備です。
各人いかに来年を良い年にするための準備をするかの決意表明をします。

DSC04218_edited.jpg
加東市清水寺

自分のことではないけれど、来春から息子が神奈川県で社会科の教師として働くことになった。

大学に入学する前から教師になりたいと思っていて、そのつもりで大学4年間過ごしていたし、塾の講師もして、教えることの楽しさを実感していたようなので、念願叶って本当によかったと思います。

昨年の教員採用試験はだめだったので、気持ちを切り替えて一旦学習塾に就職したけれど、教師への夢を捨てきれず数週間で退職した時はどうなるかと思った。

学習塾の先輩方にはご迷惑をお掛けしたことは、本当に申し訳なく思います。

好きなことを仕事にして、やはり自分は好きなことや、自分で納得して決めたことでしか動くことができないと思っている私からすると、教師という大変な仕事を何でやりたいと思うのか分からないけれど、それが彼の好きな道なのであれば、様々な困難も乗り越えられるのだと思う。

しかし、大学も家から通っていて、身の回りのこと全てを母親がしてくれる恵まれた環境から、いきなり知らない土地で一人暮らしすることは、教師の仕事までとは言わないけれど、困難がつきまとうのではないかと、人ごとながら心配している。

まず料理を全くしたことがない問題はどうするのか、掃除、洗濯はできるのか、公共料金など支払いの管理はできるのか、リンゴの皮はむけるのか、朝起きられるのか。

そして家財道具一式を揃えるお金はあるのか。今の塾講師のバイトでそれが稼げるのか。

我が家は息子の独立で来年前半は大いに混乱するだろう。引っ越しにもかり出される予定で、店を不在にする日が出てくると思います。

来年への準備というテーマで書き始めたけれど、全く準備ができていないことに大いに焦り始めているけれど、子供ではないので、ヤキモキしながらも見守っている。(Y)

Powered by Movable Type 5.2.10

最近のコメント

アイテム

  • ナンダクロッキー.jpg
  • 51TmIXY80zL.jpg
  • c79t-675-11.jpg
  • stock-vector-vintage-car-551629180.jpg
  • 2017年12月16日11時27分55秒.pdf000.tif
  • 2017年12月16日11時27分32秒.pdf000.tif
  • P1010074.jpg
  • P1010075.jpg
  • P1010071.jpg
  • P1010073.jpg