30代最後のクリスマス

| コメント(0) | トラックバック(0)

今ボンクは神戸にいます。神戸の街はいたるところクリスマスイルミネーションで飾られ、幻想的な街を家族連れやカップル達が楽しそうに行き交っています。

ボンクは2年連続、神戸でクリスマスを過ごすことになります。そして、ボンクの正面にいる相手も2年連続、トロンコさんです。30代最後のクリスマスをトロンコさんと・・・、決して楽しくないのではありません。

ボンクはトロンコと約束した時間よりも少し早めに待ち合わせ場所の喫茶店に着き、コーヒーを飲みながらトロンコと再会してからのこの一年を振り返っていました。

 

長年1人で世界中を歩き回り写真を撮り続けてきたボンクでしたが、いつの日からか、何を目的に写真を撮っているのかがわからなくなり、カメラを手に持っていてもファインダーをのぞくだけでシャッターを切ることもしない日々が続いていました。

そんなボンクを変えたのがトロンコとの再会でした。

 

この1年、トロンコは常にボンクと同じ目線で真剣に話し合い、真剣に楽しみながら一緒にもの作りをしてくれました。また、もの作りが思うように進まなくても、ストレスを感じずボンクが一生懸命になれる雰囲気もトロンコはつくってくれました。

All for One」、ボンクが学生時代にしていたスポーツでよく耳にした言葉です。

誰の力も頼らず、何事も1人で考え、チャレンジし、ときには耐え、その結果自分の思い通りになった時、喜びは独り占めです。それはそれで楽しいでしょう。ボンクも一時はそうでした。

All for One」、1年間トロンコともの作りをしながら、なんとなく思い出した言葉です。

かけがえのないパートナーだと思えたからこそ、なんとなく思い出せたのかもしれません。

 

何を目的にもの作りをしているのか?それは正直わかりません。今わかっていることは、トロンコとのもの作りが、只々楽しいということです。

目的はこれから何年もかけてトロンコと見つけていけば良いのではないかとボンクは勝手に考えています。

 

間もなく待ち合わせの時間です。今日は一日ゆっくり出来ます。

30代最後のクリスマス、トロンコとどこへ行こうかな・・・、久しぶりに二人に厳しい女店主がいるペンショップにでも行って怒られてくるかぁ。

 

ボンクなりに一生懸命になれた1年でしたが、一方でボンクはこの1年、家族の体調不良や、ボンク自身の体調不良でトロンコにたくさんの迷惑をかけてしまいました。

が、ボンクはトロンコに迷惑をかけて悪かったとは思っていません。トロンコもそんなふうに思われるのは嫌だと思います。

ただ、一つだけボンクはトロンコに心の底から思っていることがあります。

それは・・・「本当にありがとう」 です。

 

 30代最後のクリスマス.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2012年12月11日 12:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人とのつながり」です。

次のブログ記事は「 もちろんこれからも続いていく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。