机の上

| コメント(0) | トラックバック(0)

ラボブロ家の机.jpg

今月のテーマは「机」です。WRITING LAB.のメンバー各人が自分の机についてご説明します。

私は自宅に自分の机がありませんので、ダイニングテーブルで仕事をしています。会社で働いている頃から家で仕事をすることが多く、家族にはお馴染みの光景になっていると思います。

家にいる時は何か書いているか、読んでいるか、あるいは寝ているか。

左上からWRITING LAB.オリジナル革封筒で書類入れとして使っています。B5サイズなので、原稿用紙や試筆紙に書いたものをジャストサイズで入れることができます。A4サイズの書類入れもあったらいいなあと思っています。

上中央は今年から導入したA3サイズの予定表です。当店の今年の予定がプロジェクトごとに書いてあります。上右は15年使い続けているロットリングのシャープペンシル、ノック消しゴム、ペリカンスーパーシェリフ(消しペン)。

下左は、勉強用のライフサニーゴールド手帳。有り難いお言葉をびっしりと書き込みたいと思っています。

下左から2つ目は、プロジェクトの経過を項目ごとに記録しているファイルファックス。お茶のお点前についてもここに書きます。

下右から2つ目は、正方形のオリジナルダイアリー。スケジュールとToDoを書き、一番よく見る手帳です。店ではサマーオイルメモノートに書いて、それを家で各手帳に転記することが復習。明日以降のToDoをダイアリーに書くのが予習です。

下一番右は最近とても気に入ってよく使うオマスパラゴン。EFなので手帳にも使えますが、タフな印象のペン先は書いていて安心感があります。

 

 

080.JPG

 

工房楔製のウォールナット無垢のお客様用テーブルですが、お客様がおられないときは私が使っています。

4分の1のこの隅は私のコーナーです。向かいはS藤氏の場所ということになっています。

このテーブルは使っていて、とても気分がいい。水拭きを小まめにしているので、艶が出てきました。素材の良さが味わえる逸品です。

メールの返信やブログなどのパソコン仕事、お客様に手紙を書く時に使います。

 

079.JPG一番長い時間向かっているのは、この調整用のテーブルかもしれません。

万年筆を買いたいというお客様の応対やペン先調整など、万年筆に関することはここでします。

大きなライトを点けていれば暖かいし、とてもムーディーな感じ。

工房楔のウォールナットのスツールはもう4年ほど使っているので、ピカピカしてきました。

1日中座っていられるということは、なかなかの優れものなのだと思います。

 

自宅に机がないと言いながら、自分の決まった場所が、仕事の内容によって3つも自分の机があるのは、なかなか恵まれた環境にあると言えなくもない。

それぞれの場所にはそれぞれの良いところがありますが、どの机もとても落ち着ける場所になっています。( Y)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/128

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2014年2月 4日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鞄の中身4」です。

次のブログ記事は「机の上2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。