ツール

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回のY氏の記事に今回のテーマが書かれていませんでしたので今回のテーマをお伝えしておきます。

今回のテーマは普段使っている「ツール」「道具」です。

テーマを聞いた時に今回は楽勝だと思っておりました。ツールならあります~、プラモデルの工具から車や船の工具、釣り道具、出張用のグルーミングツール、仕事で使う専門道具など。特に車の工具は車よりも凝った時期がありましたし、釣り道具なんかは釣りに行くよりも釣具屋さんに行く回数の方がはるかに多かったので~

テーマを聞いた時に、「文章を書かなくていいかも~」「写真とちょっとした説明だけでいけるかも~」と勝手に都合のいいように考えてました。

何事もそんなに甘い話はないですね~、ある日の打ち合わせでS氏が(S氏というのはライティングラボのご意見番で体の厚みが半端ない人です)勝手に決めだしたのです。

Y氏はこれついて書いてください、K氏はこれについて書いてください・・・と。

なぜか私はサマーオイルメモノートに~、サマーオイルメモノートについては今までに書いたような・・・。

仕方ありません書いてみます。

 

 

サマーオイルメモノート商品化の経緯

これは定かではないですが3年ほど前?にさかのぼります。3年ほど前のある日、Y氏のお店P&Mのテーブルに置いてある野暮ったいなんでもないメモ帳に目が釘付けになりました。

「なんだこれは?」「なんでこんなにかっこいいのだ?」

使い勝手やコストなどは後付に過ぎず、ただ単に「かっこいい」から。

特に戦略等もなく商品化したような気がします。浅い考えですが始まりはこんな感じでした。よね?Y氏。

 

こだわったところ

まず台になる革をY氏と探しに行きました。革を見せてもらい二人ともほぼ即決でした。

理由は、その革にはかなりの油分があり艶っぽくてかっこいいから。

次にこだわったところは紙でした。万年筆がよく滑る良い紙を使うことも考えました。

が、あえてヤレ紙を使うことにしました。理由は、環境のことを考えて・・・などは全くなく、これにはヤレ紙をかっこいいから。でしたよね?Y氏。

 

 

もの作りを継続していくためには売れないと継続できません。売るためには今の社会的環境も考え、きれいごともならべながらいろいろな戦略も必要でしょう。ライティングラボもそういうことを全く考えてないわけではありませんが、まず自分達の目線で「かっこいい」「使いたい」と思ったものを形にしてます。

野暮ったいなんでもないメモ帳、サマーオイルメモノートも自分達の目線で「かっこいい」にとことんこだわった自慢の道具です。よね?Y氏

 

 

画像 999.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/133

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2014年3月13日 17:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「B6サイズテクスチャーシリーズの新色」です。

次のブログ記事は「ツール~ペンスタンド~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。