ウチにはないと思っていた変なもの

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!WRITING LAB.スタッフKです。前回のS党さんの原稿があまりにも前の2人をリスペクトしていたので、順番を変わりました。

今回のテーマは「家にある変なもの」・・・・でもね、古い家でないとそういうのないかもしれないですよね。

うちには変なものなんて一切ないですよ。

で・も!すでに景色となっている・もしくはあるのが普通と認識している場合がありますよね。

その辺りに注意してみると、あまり普通のお宅にはないかも知れないグッズがありました。

家に三菱鉛筆関係者がおりまして、その歴史が少しず~つ、残っていたのでした。

けっこう捨てたと思うんですけど、この辺りだけ何故か残っていたのです。

まず三菱鉛筆のシャープ芯についてきたおまけグッズ!よく売り場のディスプレイに「○○が当たる!」とかありましたね。

このゴジラくんは2000年の当たるともらえるグッズで、体長36センチの大きい子です。

録音機能が付いていて、踊りながら録音した言葉を再生するというよく分からない機能付きです。かわいいからいいけど。

RIMG0536.JPGゴジラ.jpg

 

 

 

 

  さすがに「こんな大物当てるの大変でしょ」となったのか、これ以降はしばらく「一つ買ったら一つ付いてくる」制に変わったようです。

2003年の「ブタ」というワードに色々絡ませたネーミングだそうです。けっこうどれも分かりにくい。

チョコレートンってどれ?ウイッチハットンって、もうブタでもない気が・・。ダストンは、かわいい。

RIMG0532.JPGブタ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2004年の「THE DOG」シリーズ。これも一世風靡しましたよね~~。

RIMG0534.JPG犬.jpg

 

 

2008年の「ワンピース」以降はこのおまけシリーズはストップしている模様。

RIMG0530.JPGワンピース.jpg

*画像は三菱鉛筆ホームページよりお借りしました。1971年からのプレミアムグッズが見られるので懐かしかったです。(主に販売してたけど)

 

 

RIMG0524.JPGRIMG0538.JPG

 何時なのか未だに読むことができないガンダムの時計と、ガシャポンでゲットしたニャンコ先生とプーチン。

時計は数秒に一回、ジグだかザクだかの目が光るので、それが「時」のようなんですが‥⁽ガンダムには詳しくない)。

というわけで、変なものなんてない、と思っていましたが・・改めて見直すと結構変なものかもしれませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/158

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2014年8月26日 17:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家にある変なもの」です。

次のブログ記事は「おすすめの本  ~アラスカ 風のような物語(星野道夫著)~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。