スタッフKのカメラ修行~北条鉄道遠足にて~

| コメント(0) | トラックバック(0)

ホームページの写真は撮っていますが、カメラ自体にそんなに興味はありません。必要だからと勉強しようとしたけど、どうしても理解できませんでした。電化製品は体当たりで会得するので、カメラもそうやって素人なりに撮ってきました。すいません!

 カメラについての理想はコンパクトで軽量、携帯に便利、です。でも200グラムが重いって言ったら殺意のこもった目で見られました。

そんな私が撮影遠足について行ったのは、明らかにみんなと遊びたかったからでした。でも行くからにはカメラ持って行かないと怒られます。

いつもマクロ撮影に使っているRICOHのCX3(200グラム)を持って行こうとしたらやっぱり引かれたので、もう一台のOLYMPUS PEN(450グラム)にしました。

でも行くからには素敵な写真を撮ろう、上手な人がたくさんいるんだから教えてもらおうと...帰って来てから思いました。ああ、後悔。

みんながカメラを構えたら自分も取り出し、何となく好きな光景があったら撮っていました。

例えば、これは全員がカメラを構えていましたが、風情のある駅に、かわいい一両編成の電車が入ってくる様子。S藤さんが取るとこんな感じ。

佐藤さん.jpg

 

正解は、これです。これが撮りたかった。でも、私が撮るとこんな感じ。

PA080332.JPGPA080333.JPG

電車、どこ?・・・何を撮ったのか後でちょっと考えました。店主による分析では、「構図はいいとして、問題は運動神経やな」という。

ここかな~今かな~とか思っているうちにシャッターチャンスを逃している模様。同じ場所から撮影しても全然違うものになりました。

歩きながら写真を撮ることに慣れていないので、どうしても同じような写真になってしまいます。ル・ボナー松本さんと店主の後ろ姿ばかり撮影していると、「そういう時は前に出て、前から撮らなくちゃ」と言われました。なあるほど。という訳で必死で前に出て、撮影したのがコチラ。

PA080355.JPGすでに長時間歩いていたので、前に出る体力も惜しかった。でも走って前へ!まだ遠いけど待ちきれずパチリ。PA080356.JPGん~~~まだ遠い?手探りでもう一枚パチリ。

PA080357.JPG

ここでしょ!今よね?!と、パチリ。

言われたとおりに撮って、「これでいいのかな‥」的な写真ができました。最後の1枚でいいの?それとももっと寄るの?

途中で「動くものは難しいんだな」ということに気づき、風景やモノに集中することにしました。

PA080336.JPGPA080318.JPG

PA080338.JPG上空にあるものを、見上げて撮るのは好きみたいです。この間から見える空に見えているのは蜘蛛です。ひ~~!

PA080367.JPGフルーツバフェが作れないって言われて注文したヨーグルトパフェ。予想をはるかに超えたヨーグルトの量で(しかも甘くない)ヘルシーでボリューミーなパフェでした。

PA080364.JPG今回一番気に入ってるのはこの一枚。日本昔話に出て来そうな風景でした。

修行の旅はまだまだ続きますが、カメラに興味がなかった私も仕上がりの空の青さの違いには驚きました。レンズってすごいんですね。

お店では靴の話からカメラの話に移行しています。楽しそうにしている店主はレンズを欲しがっている模様。

経費と自腹のせめぎ合い、これから新たなる戦いが始まるのでした・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/165

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2014年10月21日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北条鉄道撮影遠足シリーズ Yの場合」です。

次のブログ記事は「大人の撮影遠足 S等氏の場合」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。