結局この色~お気に入りの万年筆

| コメント(0) | トラックバック(0)

青い万年筆が好きだ・・・。と言ってもどこか自分の中で好みがあるので、全てのものが好きという訳ではありません。

白も、ベージュも、赤も、それぞれ好きな万年筆はあります。

でも結局、目にするとメロメロになるブルーがある。

それがアウロラのイタリア海シリーズ第一作、マーレリグリアのブルーモザイク。

P7140557.JPG

 

細やかなモザイクは本当に「自由な海」と「自由な時間」(何故かセットである)を連想させて、シルバー金具と相まってとても涼しげで美しく見えます。

・・・はい、ここで気づく方もおられると思いますが、アウロラさんは定期的にこのブルーを使ってきます。

実はリグリアより前に、オプティマモデルの同じ青を使った「マーレ」という万年筆もあります。

これは同じブルーのボディに金色の金具が装着されていて、また印象が変わります。

更にリグリアの後、記憶に新しい方もおられると思いますが、ミニ・オプティマモデルの「アクア」も同じ青で発売されました。

P7140555.JPGP7140558.JPGP7140562.JPG

結局、水と言えばこのボディ。アウロラ得意のブルーマーブルレジンなのです。

それにいちいち「ギャーー!!」とか言いながら付き合う必要もないのに手にしているのです。

アクアだけは、その前に出たエレメント「ルナ(月)」を手にしていたので万年筆はやめてボールペンにしました。(意外とそこら辺は冷静)

でも3本並べてしみじみ見て、うふふ、と笑ってしまう自分は変態なのかもしれません。

この中で今一番使っているのは、リグリアとアクアボールペン。

夏でも冬でも、暑くても寒くても、ラインナップから外れることはないのです。

アウロラに、エルバンのインクを入れるのがお気に入りで、Fのペン先からインクが潤沢に出る書き味はたまりません。

細字女ですが、手紙にはやはりもう少し文字に太さが欲しい。そんな時はエルバンです。

今のお気に入りは「BLEU MYOSOTIS(忘れな草ブルー)」です。紫過ぎず、きれいな発色。・・って結局ブルー・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/194

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2015年7月14日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お気に入りの万年筆~ペリカン1931ホワイトゴールド~」です。

次のブログ記事は「お気に入りの万年筆~S籐氏の場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。