夢の話~スタッフKの場合

| コメント(0) | トラックバック(0)

夢の話・・・興味はあるけどなかなか難しいテーマです。・・・といっても他人の夢の話を聞く事はあまりないので、先週のS等さんの夢の話は共感を持って読みました。

私も飛ぶ夢、昔は見ていました。

しかもいつも昔住んでいた実家の2階の窓からそぉ~~っと外に出て、1階の屋根にお腹を付けてから50センチくらい浮かび上がるのです。そしてそのまま屋根伝いに移動する。飛んでるとは言い難い状況な訳です。

S等さんのスタート位置も庭の体重計という相当シュールな場所ですが、私もいつも同じ場所でした。

ちなみにブログを書くにあたって、夢占いというのを見てみました。

〇地面すれすれを飛ぶ夢・・・ストレスが溜まっていて、情緒不安定。上手にストレスを発散して下さい。

〇高く飛ぼうとしても飛べない夢・・・自分に自信がなく、将来の希望が持てない心理状態。不規則な生活を改めよう。

・・・・・・・・・最近は見てなくて良かった。

今でも精神的に疲れている時に見る夢は、「超混んでるレジに立っている。あちこちからお客さんに声を掛けられて、返事をしながら商品をレジに通していく。でも値段が分からなかったり、大量にあってカゴが空にならない。パニックになりそうになって目が覚める」という、とっても疲れる夢です。

ほぼ実体験なので、当時ほどは見なくなりましたが、今でもたまに見ることにちょっと笑えます。

もちろん、へとへとになって起きます。

 

他には、例えばドローンにカメラが付いていて、その視点で景色を見ているような夢も見ます。勢いよく森の上を飛んだり、高い高い山を超えたら急に崖に出て、す~~~っと降りて行く。ぐるぐる視点が変わって結構楽しいのです。何となく夢の中にいることを知っているので、高い所でも「ヒーーーーッ!!」と思いながらケガはしないと確信している・・。

他の人はどうなのか分からないのですが、夢での定番の場所がある気がしています。

それは何カ所かあって、自宅のように夢の中で「ああ、またここだ」と思っているのです。だけど目が覚めるとどこだったか全然思い出せない。ただ、「またあの場所に行ってたな」という感覚だけが残っているのです。場所、といってもキチンとした家や部屋ではなく、変な空間だったように思います。

夢ってすごく身近な不思議で、調べられそうな夢を見たら占いを見たりします。

未来や自分の今の状態を表していたり、面白いなあと思うのです。

他にも、起きる直前に見ている夢ではトイレに行きたくて困っていたりして、どうしよう~と思っているうちに目が覚めます。

・・・でもこれがもしスッキリして目覚めたら・・と思うと恐ろしくもなるわけですが。

 

将来の夢、というかこんな場所があったらいいなあと思うのは「適度な広さの村のようなショッピングモール」。

広すぎない場所に、「ル・ボナー」さんや「カンダミサコ」さん、「ベラゴ」さん、「クアドリフォリオ」さんのお店がある。WRITING LAB.の「RIVER MAIL」や「分度器ドットコム」さんのお店もある。

他にも、文房具屋さんや雑貨屋さんがあって、色々な国の文具好きが集まって一日があっという間に過ぎてしまう。そんな場所があったら素敵。

理想というか、こういうのが本当に夢というのでしょうね。競合他社、とか考えないでいい社会があればなあ、と夢見ています。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/206

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2015年10月20日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夢の話~S等氏の場合~」です。

次のブログ記事は「夢の話~Y女史の場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。