今使っているノート

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは、今「使っているノート」です。各人が今愛用しているノートについて語ります。それぞれが書くことにはそれなりのこだわりを持っていますので、なかなか楽しみな企画です。

 

仕事柄という理由をつけて、好奇心から様々なノートを使っている。

メモ帳の類は最後まで使い切ることができるけれど、ノートはなかなか最後まで使い切ることができません。

ダイアリーも同様で、オリジナルダイアリーは常に使っているけれど、システム手帳やフランクリンプランナーなど本当に様々なものを使ってきた。

今まで使ってきたものの中にはこれで完璧だと思ったものもいくつかあって、私の根気があって、いろいろと入ってくる情報がなければ統一されたフォーマットで25年間の行動記録が出来上がっていたとは思います。

何せかくことだけはずっと止めずにきて、何かに書き続けてきました。

いろんなものを使ってみて、書いてきて思ったことは、自分に合ったダイアリーは11ページだったということでした。

予定がたくさん入ったり、分刻みで行動しているわけではないけれど、11ページの大きな紙面がどうしても必要なのは、その日の形を書きたいと思っているからです。

毎日店にはお客様が来て下さり、いつも美しい光景がある。

その11日を記録しておきたいと思っています。

休日だけその行動記録を書いている小さなノートがあります。

はじめ休日も時間の意識を持って、流されずに行動したいと思って書き始めたものでしたが、何年か継続すると記録として大変役に立つことが分かりました。

1日に小さな紙面の1ページをあてて、時間、場所、内容を箇条書きで書いているだけだけど、これからも続けていきたいと思っています。

ちょうど次の休みで1冊使い切りますので、次のものに替えるつもりでいます。

こういう休日限定というふうに、用途を限定するとノートは使い切ることができるのかもしれない。

考えてみると万年筆も、用途を決めると使わなくなることがなくなるので、道具とはそういうもので、同じことなのかもしれません。

書くことが好きな限り、これからもいろんなものを使うだろうと思っています。

万年筆もそうですが、ノートにも何か自分を変えてくれるようなところがあって、それが次々と違うものを使いたいと思う理由なのだと思っています。(Y )

吉宗ノート.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/246

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2016年8月 2日 09:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家族旅行の思い出」です。

次のブログ記事は「今使っているノート~スタッフKの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。