月について~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

子供の頃は、夜中の8時まで家に帰らず遊んでおり(それを外回りと呼んでいた)、帰ってくると勉強は一切せず、本を読んでいました。
本の種類は様々で、その中にはSFや ファンタジーもありました。
月を主題とした本はけっこう多かったと記憶していますが、現在憶えているのは主にSFの分野で、羅列する

ア ーサー・C・クラークの『渇きの海』、

ロバート・A・ハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』、

ェイムズ・P・ホーガンの『星を継ぐもの』 などです。
この中で特に面白かったと記憶しているのはアーサー・C・クラークの『渇きの海』です。
これはたしか月面の観光船が月の砂漠地帯で遭難し、それを救助する話だったと思います。

とにかく描写にリアリティーがあり(最近のアマゾンの書評に同じ事を書いていた人がいました)、月の特性(特に地質) をすごく活かした作品でした。

S等2.jpg

記憶ではこの内容が当時は衝撃的で、これがSFにはまった原因だったと思います。
アーサー・C・クラークは,世間一般の人でも知っている有名な映画「2001年宇宙の旅」を書いた人です。
また他にも、この人の代表作は数多くあります。
しかし個人的には、この人の本で面白かったのはリアリティーを追求した『渇きの海』と、今の社会では実現の可能性さえある宇宙エレベーターを書いた「楽園の泉」です。


実際にアポロ計画が当時のSF作家たちの集まりから発想を得て計画されたと聞いた事があります。そしてこの宇宙エレベーターの発想は、この本が最初だと思います。


私はSFやファンタジーの作品に、逆にリアリティーや現実の人間の葛藤やドラマを求める傾向にあります。その方が名作になるからです。
また今日、小説は売れない時代といわれており、その理由の一つに「今のコンピューター技術はあらゆる人間のイマジネーションを映像化でき、人は文書より、映像が好きだから」というのがあるように思いま す。
しかしコンピューター画像の最先端で活動しているS等にとって(youtubeでゲーム映像を眺めている)、それだけでない事はわかります。
読書という行為により、読み手は、その内容の映像化を自分の中で行います。
それは他の人がコンピューターで作成したどのような映像よりもリアリティーがあります。 ですので人の中の創造性やイマジネーションを技術が越えるのは遥か先だと思います。


ところで,今月は「月」の話しをしなくてはいけません。
そこで、とりあえず問題提起すると、昔から、月を見て変身するのは狼男と決まっていますが、なぜ、猫や犬ではないのか、同じもこもこ系なのに?という問題があります。
狼がかっこ良くインパクトがあるという以外に,Wikipediaでググるとその答えがすぐにありました。
日本には昔、狐憑きという現象があったのですが、西洋ではそれが狼憑きという現象になるみたいで す。
西洋では主に宗教上の理由から狼男ですが、日本では狐憑きとなり、日本文化と融合するようになったのかも知れません。

ところで私は満月を見ると、もこもこし、手はぷにぷにになるので、おそらく同じような病気なんでしょう。

S等1.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/254

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2016年9月20日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「月という存在~スタッフKの場合~」です。

次のブログ記事は「月について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。