スポーツ~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!・・・最近このブログは過去の暴露になっている気がしてどうも落ち着かないスタッフKです。

スポーツ!!私には縁のない世界の話です。ちなみに見た目で100%バレーボールかバスケットボールをしていたと言われますが、無駄に背が高いだけで小学生の時の子供バレー以降、特にたしなんだことはありません。

スポーツに関して言うと、そもそも私は走るのが遅い。なのにどうしてか「速そう」と勘違いされて、非常に辛い小・中・高校生時代を送りました。できるだけ、リレーに巻き込まれないよう、真っ先に「障害物競争」に立候補していたのを痛く思い出します。

唯一クラブ活動として運動部に入っていたのは高校生の時の剣道部。友人の仮入部に付き合っていただけのはずが、いつの間にか選手として始めることになりました。

中学生から始めるのが一般的な剣道では、高校からだと結構ハンデがありました。当時の女子剣道部は人数が足りず、全部で5人だったため初心者でもいきなり試合に出されるところから始まりました。ある意味スパルタ。

2年半ほどのクラブ活動で初段になりましたが、試合にはなかなか勝てなかった。

だけど1本入った時、審判3人が自分の色(赤か白)の旗を一斉に上げるその瞬間が気持ち良くて、それだけは今でも覚えています。

指の付け根は太くなるし、肩に筋肉はつくし、打撲の青あざはいつもあったけど、道着に袴を付け、10キロくらいの防具を装備した時の静けさが好きでした(耳が面でふさがれるため)。視界も遮られるので相手しか見えなくなり、静けさの中で自然と集中していきます。

今思えば、茶道にも通じる静と動が剣道にもあると思う。フォームが美しくなければ強くなれない、と教わった時は不思議に感じたけれど、無駄のない動きは強く、結局美しいのだと思えます。

 短い期間しかできませんでしたが、忘れられない好きな競技です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/261

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2016年11月 8日 10:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スポーツ」です。

次のブログ記事は「スポーツ~S等氏の場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。