スポーツ~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

A490198b_2.jpgこんにちは!なで肩のスタッフMです。

ちっちゃな頃からなで肩で、12でコケシと呼ばれたよ。

とっくりみたいになだらかで、掛けたカバンは、みな落ちた。

解ってくれとは言わないが、以上の様なことがあったのでなで肩がコンプレックスでした。

 

母は幼少期の僕の後姿から将来なで肩になると予測していたのか、5歳の頃からスイミングスクールに通わせてくれました。

水泳を続けておりますと自然と肩幅が広くなりますので、それを狙っていたのかもしれません。

小学生の間は選手育成コースと言った本格的なコースには行かず(行けず)、基本的な泳ぎの型をみっちり体にたたき込んでおりましたので、さほど体型に変化はありませんでした。

中学生になり、選んだ部活は勿論水泳部でした。

スポーツ、特に球技全般は非常に苦手でしたので、早々に地表でのスポーツを選択肢から除外したわけです。

水泳部のシーズンは早い時は5月から始まり遅い時は10月中旬頃に終わりを迎えます。よってシーズンの始めと終わりは大変寒い思いをするのです。シーズンオフの間はランニングや筋トレに専念し、来シーズンを待ちわびます。

 

そんな部活生活を送っておりますと徐々に筋肉量は増し、肩幅も広がり、コケシやマッチ棒と言った悪意あるあだ名で呼ばれることは無くなりました。でもめでたしめでたし・・・とはなりません。

確かにそれまでよりはマシな体型にはなったものの、なで肩は依然としてなで肩のままで、むしろなで肩のまま肩幅が広がったためなで肩レベルが上がるだけといった結果に終わりました、僕の青春。

よってなで肩に悩む方に言います。水泳でなで肩は改善されません、はい。

もちろん僕の水泳生活は、何も心のダメージを増やすためだけにあったわけじゃありません。同級生や先輩後輩先生などの豊かな人間関係の構築や、試合や大会に出て練習成果を発揮したりなど、様々な経験を積むいい時間でありました。

 

ところで皆さんは水泳の試合とはどんなものかご存知でしょうか?

オリンピックや水泳大会テレビなどをご覧になられた方なら想像しやすいかと思います。

しかし、見る側と泳ぐ側とでは当然ながら感じるものが全然違います。僕はもっぱらフリー(クロールが一般的だがどの泳法でも良い)の50Mや100Mなどに出場しておりました。

大会の大きさにもよりますが、この種目は人気が高いのかエントリーする人数が結構多いのです。

しかしプールのコースは多くてせいぜい10コースといったところ。250名の選手が一気に泳ぐわけにはいかないので、あらかじめ自分の出せるタイムを算出し、それと一緒にエントリーします。そうして集まったエントリーを、タイムの遅い者から順に8名ずつ選出し組を作っていきます。

コースの振り分けは組の中でエントリータイムが速い者ほどプール中央寄りに設定されるので、競技終盤に差し掛かるとプールの中は大抵綺麗な3角形型に選手が並ぶことになります。そして組ごとにどんどん泳いでいき、タイムを競い合うのです。

僕はエントリータイムをあえて遅めに設定しエントリーをしておりました。理由はビリになるのが嫌だったからという大変不純なもの。お陰で自分の泳ぐ組の中で最下位になったことはなく、上位にランクインし悦に浸っておりました。

 

そして高校3年生最後の試合、すなわち人生最後の試合も変わらず少し遅めのタイムでエントリーし試合に臨みました。

飛込み台に上がり念のためゴーグルをぐっと押さえて精神統一。この瞬間の緊張感は今でも鮮明に思い出します。

審判がレーザーピストル(光と音だけが出る物)を頭上に掲げる頃などは神経が極限まで研ぎ澄まされ、時間の経過する感覚がやや遅く感じるほど。・・・というかこの試合は遅すぎました。

審判の「用意」の号令でぐっと体に力を入れ飛び込みに備え、ピストルの音とともに解放。

人生最後の泳ぎは本当にあっという間でした。

タッチパネル(圧力を感知し選手のゴールを記録するパネル)に13年分の思いを叩きつけ、プールから上がりました。すると審判団からナレーションが。

 

「ただいま、4コースを泳ぎました森脇直樹選手はフォルススタートのため失格となります」

 

人生最後の試合を失格で締める。原因は、審判の「用意」の号令からピストル音までの間がかつてないほど長かったため、体が少し揺れてしまったからでした。

プールサイドから応援してくれていた仲間たちからメガホン越しに「直樹〜〜〜!!オメデト〜〜〜!!」と爆笑され、水泳人生に幕を下ろしたスタッフMでした。

 image.bmp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/263

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2016年11月22日 17:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スポーツ~S等氏の場合~」です。

次のブログ記事は「手帳と、それに合わせるペンの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。