2017年2月アーカイブ

私のリフレッシュ法~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!スタッフMです。
リフレッシュするほど疲れているのか!?と言われそうな気がしますが、それなりにストレスは感じております、はい。

僕は昔からあまりオツムが良くない人間ですので、甘い物を食べると頭が良く働くだろうと思い甘い物を好んで食べて来ました。
高校生の頃などはテスト期間中、学校に羊羹を一本持って行き丸かじりしていたりで仲の良かった先生から心配された事がありました、主に病気的な意味で。

それがいつ頃からかただ単に甘い物好きになり、今ではチョコレートのかかったオールドファッションドーナツを嫁と思っているくらいです。
ただ四六時中食べているわけではなく、例えば一仕事終えた後に食べたり少し間を空けて食べたりしています。
 
P1010019[1].jpg

それが結果として僕のリフレッシュ法となっている様で、先ほど述べた一仕事終えた後のオールドファッションなどはそれはそれは美味しいご馳走の様に感じます(仕事にストレスを感じている訳ではない)。
日々たまるストレスを解消する方法としては、
 
ストレスを抱える⇒仕事をする⇒甘い物を食べる!
 
と、間に「仕事をする」を入れる事が重要ですね。
よって仕事と甘いものがあればストレスなど恐るるに足らず、なのです。
と言っても、これだけでは早晩糖尿病になってしまいそうなので、ある程度控えなくてはなりません。
その控えると言う事がまたストレスとなる訳です。
 
ここで僕は自分が香道家である事を思い出します。
(自分で香道家を名乗るのはちと恥ずかしいですね。)
香道の世界には、お香と触れ合う事で得られる10の徳「香十徳」と言う教えがあり、その中に「清浄心身(心身を清浄にす)」「能除汚穢(よく汚穢を除く)」という二つの徳があります。
これは心に溜まる澱、ストレスや疲れを癒してくれますよ〜と言う意味です。
その教えは身をもって体感しており、お香を聞いた翌日は実にすっきりと目覚める事ができます。
アロマテラピーの考えに通じるものがありますね。
甘い物と良い香りが世の中に満ちていたならば、誰もストレスなど感じる事なく生活を送れるのでは?
・・・と思うスタッフMでした。
 
P1010021[1].jpg

私のリフレッシュ法~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます。
一人だけノリがちがうSトーです。
昔からこうでした。何度も社会や周囲にとけ込もうとしましたが無理です。
はっきりいって治りません。
ですので社会が私に合わせてもらう事にしています。
ところで、リフレッシュの方法ですが、私はずっとしたいものがいくつかあります。
例えばこれです。

サバゲ―.jpg

これもしたい。

釣り.jpg

とりあえずいま出来るのはこれです。

読書.jpg

調理.jpg

現在凝っているのはヨーグルトをつくることです。
私の作っているのは玄米乳酸菌 + R1でヨーグルトを作ります。
そしてヨーグルトを作るのに本来上のような調理器具は一切必要ありません。
しかし、私は常に外見から入るので購入しました。
なおこの絵の猫は家によく来る野良猫で、この絵のあと、

お魚くわえた野良猫、追っかけて、お前も酒の肴にしてやろうかーと裸足でかけてく、

愉快なSトーさんでした。おしまい。

私のリフレッシュ法~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!スタッフKです。今回のテーマは意識していなかったので、結構自問自答しました。

私の場合は休日に続けて予定が入っているだけでストレスを感じるので、「何もない一人の休日」というだけでも気分的にリフレッシュできます。

さ~て、仕事しないで良い休日。自分のために使える休日。それだけで気分がウキウキします。

そんな時、時々やるのは「手仕事」。

それは趣味というほどきちんとしていなくて、何か頭を空っぽにできることであればいいのです。

さらに作ったものは普段に使えるものであること。これも大事です。

最近は手仕事として布で何かを作っています。

SN3I0722.JPG

NHKの「べっぴんさん」を見て、ちゃんとしたお裁縫箱が欲しいと思いました。

もう針と糸だけでいいや、と思った時期に色々処分したので、裁縫箱まで適当です。藤のカゴなんていいなあ。

SN3I0729.JPG

実は「端切れ布」が好きな私。手芸店ではもちろん、オーダーカーテンのお店前のワゴンで売っているカーテンのサンプル布まで買ってしまいます。もちろん布を入れているボックスはすでにフタが閉まりません・・。

はぎれをちょこちょこ縫っている時はただ音楽を聴いて、何も考えません。暖かい日差しの中、手仕事はとてもリフレッシュさせてくれます。

SN3I0730.JPG

水曜日に再放送している「猫のしっぽ、かえるの手」という番組も更に幸せ時間を作ってくれます。

ベニシアさんというイギリス貴族出身の女性が、京都の大原で築100年の古民家に住んでいるのですが、そこでハーブと手作りの溢れた丁寧な暮らしをしています。自分ではなかなかできないけど、見ているだけでいいなあ~と思えます。

*ハーブが好きで導入した日記帳にはまだ何を書くか決まっていない・・。

 

SN3I0724.JPG

と言いながら、簡単な気分転換「すっぱムーチョ梅味」にハマって久しい・・。ポテチは断然コイケヤ派です。

食べ過ぎるといけないので「最大週2」と決めていますが、飽きるまで食べ続けた方が止められるのかもしれません。リフレッシュとまではいかなくとも、食べてる間は簡単に幸せを感じているような・・。危ないでしょうか・・。

 

私のリフレッシュ方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「私のリフレッシュ方法」です。各人どんな方法で気分転換しているのか語ります。

毎日自分の店で好きな仕事をさせてもらって、そんな恵まれたことはないと思いますので、リフレッシュなど必要なく、できればずっと仕事のことを考えていたいし、外で体験したこと、見たことも全部自分の仕事に当てはめて考えたいと思っています。

でも仕事から少し離れた状態で、自分の仕事について考えることが頭のリフレッシュ方法なのかもしれないと、今思い当たりました。

今日はどんな一日になるのか、何をしようかと希望を持って朝店に入るけれど、そう思えるということは店を出た後にリフレッシュできているということ。

私も会社員時代に経験があるけれど、朝職場に来た時にさっきまでここにいたのに、もうここに居るというような、前日と今日がつながっているような感覚を持っているとしたら、それはリフレッシュできていないのだと思います。

リフレッシュするために特別なことはしていない。音楽を聞いたり、本を読んだりすることはリフレッシュするためだと思っていなし、数少ない趣味と言えるお習字も字が上手くなりたいから書いている。

ブログとして全く面白くない話になるけれど、私の毎日の中でリフレッシュするのに特別なことをする必要はなくて、ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、コーヒーを飲んだり、寝たりする毎日のルーティーンを大切に思って楽しみにすることがそれにつながるのではないかと最近思います。

毎日のルーティーンの中に万年筆で手帳に書くことももちろんあって、その日あったこと、話したことの復習をして、明日することの予習ができて、日記帳もゆっくり考えながら書くことができたら、充実した気持ちで眠りに就くことができる。

毎日している普通のことを大切に思って楽しむことから、一日の満足感が生まれるような気がします。

本当につまらない気分転換の方法だと書いてみて改めて思います。(Y)

IMG_2248_edited.jpg

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。