私のリフレッシュ法~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!スタッフMです。
リフレッシュするほど疲れているのか!?と言われそうな気がしますが、それなりにストレスは感じております、はい。

僕は昔からあまりオツムが良くない人間ですので、甘い物を食べると頭が良く働くだろうと思い甘い物を好んで食べて来ました。
高校生の頃などはテスト期間中、学校に羊羹を一本持って行き丸かじりしていたりで仲の良かった先生から心配された事がありました、主に病気的な意味で。

それがいつ頃からかただ単に甘い物好きになり、今ではチョコレートのかかったオールドファッションドーナツを嫁と思っているくらいです。
ただ四六時中食べているわけではなく、例えば一仕事終えた後に食べたり少し間を空けて食べたりしています。
 
P1010019[1].jpg

それが結果として僕のリフレッシュ法となっている様で、先ほど述べた一仕事終えた後のオールドファッションなどはそれはそれは美味しいご馳走の様に感じます(仕事にストレスを感じている訳ではない)。
日々たまるストレスを解消する方法としては、
 
ストレスを抱える⇒仕事をする⇒甘い物を食べる!
 
と、間に「仕事をする」を入れる事が重要ですね。
よって仕事と甘いものがあればストレスなど恐るるに足らず、なのです。
と言っても、これだけでは早晩糖尿病になってしまいそうなので、ある程度控えなくてはなりません。
その控えると言う事がまたストレスとなる訳です。
 
ここで僕は自分が香道家である事を思い出します。
(自分で香道家を名乗るのはちと恥ずかしいですね。)
香道の世界には、お香と触れ合う事で得られる10の徳「香十徳」と言う教えがあり、その中に「清浄心身(心身を清浄にす)」「能除汚穢(よく汚穢を除く)」という二つの徳があります。
これは心に溜まる澱、ストレスや疲れを癒してくれますよ〜と言う意味です。
その教えは身をもって体感しており、お香を聞いた翌日は実にすっきりと目覚める事ができます。
アロマテラピーの考えに通じるものがありますね。
甘い物と良い香りが世の中に満ちていたならば、誰もストレスなど感じる事なく生活を送れるのでは?
・・・と思うスタッフMでした。
 
P1010021[1].jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/275

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2017年2月28日 14:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私のリフレッシュ法~S等氏の場合~」です。

次のブログ記事は「システム手帳の使いこなし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。