ルーティーン~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月はルーティーンです。

およそ人も犬も野良猫も生きている以上、多くのルーティーンワークがあると思います。

かくゆう、Sトーも多くのルーティーンワークがありますが、ここに書けるようなものはほとんどありません。

人に言えるルーティーンワークは以下です。

1) 猫の餌やり

私の住む家の庭には、毎朝、飽きもせず野良猫たちがやってきて、一日中寝ています。

ずっと何世代も交代しており、今で4代目くらいでしょうか。

これまで色々な猫がこの庭に来ました。

茶色と白が混ざった猫はものすごく昔からいる猫で、早く化け猫になって家に10億くらいもってきてね、といいながら餌をやっています。

で、朝起きてまずやることは、数匹の庭にいる野良猫に餌をあげるのが日課になりました。

それでも猫の中には餌をあげているのに威嚇してくるのもいます。恐らく、餌をくれと言っているつもりなのでしょうが、威嚇してしまっていることに自分でも気づいていないのだと思います。

威嚇Sトー.png

2) 靴磨き

日課ではありませんが、一年に2回くらいするのが靴の手入れです。

私の靴は10足以上あり、多いのはフェラガモです。

フェラガモはすごく高い靴ですが、私はブランド志向なわけではなく、日本製では足の形が合わなくなってきたので結局そうなりました。外国製品の中でも手入れがしやすく長く履けると思います。

靴の手入れと言っても基本的には水を染み込ませたタオルで靴の表面をふき、汚れを落としてからブラシをかけるだけです。たまに無色の靴クリームで栄養を与えますが、フェラガモの革はあまり必要ないようです。おそらくですがフェラガモの靴は生きており、周囲の人の魂を養分にしているのだと思います。

ところで靴の形で一番好みはローファーです。ブーツはサイドゴアです。

理由は紐靴だと着脱が面倒だからです。スポッと履ける靴、そこが一番重要です。

ルーティン靴.png

 

3)読書・映画鑑賞

読書は子供の頃は誰も読んでいないようなファンタジーやSFでしたが、今はノンフィクションのものだけです。大抵は専門家の本や研究者の本です。特に内容にはこだわりはなく、歴史・政治・法律・経済・科学です。ただどれも難しくて殆ど頭に入っていません。

やっぱり自分の専門は漫画で、ワンピースや進撃の巨人はちゃんと頭に入ります。

進撃のS.tif

4)映画は一年に数回だけ、ブルーレイを借りてみるか、映画館に行きます。

自分の好みはハリウッド映画の場合は主にSFかホラー(特にゾンビもの)です。ですからSFでホラーでゾンビものがSトーの最も好みになります。あとはヨーロッパ映画、日本映画、インド映画でもおもしろい映画があります。

最近、映画館でハリウッド映画のスターウォーズ「ローグワン」を見ました。

これはスターウォーズのスピンオフ作品ですが、スターウォーズは要するに宇宙全土を巻き込んだ失恋と親子喧嘩の話で、ローグワンはその本編を完全に喰ってしまった作品です。

どうもSトーの好みの脚本の一つは、誰も相手にしないような中途半端な社会の負け犬たちが、すごく大きなことをしてしまうというものがあり、このローグワンはそのタイトル「ならず者」から既にその意味が漂っていましたが、やはり面白かったです。

この宇宙全体にすごく迷惑を掛けたシリーズは30年前の最初の親子ゲンカ3作と、このローグワンだけで十分だとSトーは思っています。

スターS.tif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/287

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2017年5月23日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ルーティーン~スタッフKの場合~」です。

次のブログ記事は「ルーティーン~スタッフMの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。