旅について

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは旅です。各人が思い思いに旅について綴ります。

IMG_2465[1]_edited.jpg

 

ほとんど店にいて仕事が成り立っている私にとって旅とは憧れでした。

仕事で旅をしたいとずっと思っていました。

しかし、それは今までのこの店のやり方では非現実的なことに思え、旅に出ることはないのではないかと思い始めていました。

しかし、状況は変わるもので、先日一人で札幌に出向いて行き、出張販売をしてきました。

状況が変わったこともあるけれど、自分でそのように仕向けて、旅が必要な仕事を作りました。

それらは始めたばかりで、採算がとれる大人の仕事にはまだまだなっていないけれど、継続できるようにするためにちゃんとした仕事にしたいと思っています。

仕事で旅に出る場合、当然時間のほとんどは仕事に費やされて、自由時間は朝晩だけということになります。

何かのお店に目星をつけておいても行くことができないことも多いと思いますが、移動中やホテルの部屋では旅らしい気分に浸ることができます。

特に移動は旅に出た気分が盛り上がります。新幹線の駅の雰囲気もいいですが、空港での遠くへ行く気持ちを盛り上げてくれる雰囲気が好きです。

大きな荷物を持って歩く人たち、行先の地名を告げるアナウンスなど、旅情のようなものが空港には濃くあるような気がします。

外国の方が多く、様々な言葉が飛び交っていて、この人たちはどこから来たのかとか、一人ずつ聞いてみたい好奇心にも駆られます。

飛行機や新幹線に乗る前に、売店や書店で雑誌を買いたくなるのはいつものことだし、今回の旅のためにと、必ず本を1冊用意して、荷物に入れているのもいつものことです。

いつも旅の間に1冊の本を読み切れることは少ないけれど、今回の札幌は比較的移動時間が長かったし、ホテルでの時間もありましたので新書を1冊読み切りました。

旅というほどの距離ではありませんが、KA-KU奈良店さんへ調整応援で通いまいたが、大和西大寺までの2時間で、北海道~地理、地名、地図の謎~を読みました。

次回の旅には、ポータブルDVDプレーヤーを買おうと思っています。

お送りいただいて観たいと思っているDVDがあるのに、時間が足りない。

今回は福岡への旅でそれらを観たいと思っています。

今年に限らず、来年以降も私は仕事の旅に出るだろう。

それはもちろん仕事だけど、私には十分旅情を楽しめるもので、旅の前はいつも何を持って行こうかとワクワクして、今回はポータブルDVDプレーヤーを持って行くというアイデアにワクワクしています。(Y) 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/294

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2017年7月 4日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨~スタッフMの場合~」です。

次のブログ記事は「旅について~スタッフKの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。