夏祭りの思い出~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!スタッフKです。夏祭りの思い出・・・自分の過去と向き合うブログは結構エネルギーが要るものですね。

小学生の頃は、お祭りに行って盆踊りに参加して夜店を回り、いつもは許されない夜の風景を堪能するのが好きでした。

明石の実家の近所にある「密蔵院」というお寺で行われるお祭りでしたが、花火大会こそありませんが夜店も割とあったし人も大勢いたので、いつもの遊び場の風景が一変していました。

夜という時間も子供にとっては特別で、夏休みという特別な期間の夜という特別な時間の幻想的なイメージがあります。

大音響なのに心地良く聞こえるあのサウンドは何なのだろう。

1024px-密蔵院(大地蔵)兵庫県明石市PA211872[1].jpg

                    大地蔵が目印です。

当時は子供会なる地域の子供のコミュニティでお祭りの前に盆踊りを教わるという徹底ぶりでした。

「炭坑節」に始まり「明石音頭」(久しぶりにYoutubeで聞いて泣きそうになりました)、「ドラえもん音頭」(大山のぶ代バージョン)これはちょっとやれば今でも踊れる程に身体が覚えています。当時の女子はピンクレディーを完璧に踊れましたが、それと同じくらいにこの3つは踊れた。スタッフMは盆踊りを体験したことがないというので、時代なのかもしれません。

アルバムを何となく探してみると、一枚だけ写真がありました。どこのお祭りなのか記憶はありませんが、いつものことながら時効なのでザ・昭和な写真をご覧ください。

a.jpg

自分で見ても並んでいるおもちゃがすごいと思います。なぜ私はアイロンを手にしているのか・・。祖母の買ってあげる気満々に構えられた財布もいいですね。

・・・それにしてもどこから撮られた写真なんだろう?

大人になってもお祭り、と聞くと子供の頃の夜店と盆踊りを思い出します。

当時は塾に行ってる子なんていなくて、夏休みは果てしなく自由で長かった。

そういう夏休みをひっくるめた懐かしい感情とともにお祭りは思い出されます。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/299

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2017年8月 8日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏祭りの思い出」です。

次のブログ記事は「夏祭りの思い出~スタッフMの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。