我が家の車

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「我が家の車」です。
各人がマイカーについて語ります。

 

免許をとって車に乗り続けて30年にもなりますので、今さら車のない生活など考えられないと思う反面、仕事にはバス、電車で行くし、遠くに旅行に行くときは安全面から電車で行くことが多いので、なくても困らないとも思います。

でもいつも車に乗りたいと思っています。

DSC00241_edited.jpg

今の車はフォルクスワーゲンポロという小さな車で、コンパクトカーのカテゴリーに入る国産車の大半よりも値段の安い車で、自慢できるものでも何でもないけれど、デザインや今では希少になったちょうど良い小ささが気に入って、6年前に買って今も大いに気に入っています。

それまでも小さな非力な車ばかり乗ってきましたので、私にはこのポロでさえ鋭い加速を持つ、十分なパワーのある車に思えて、快適に走っています。

車を通勤に使っていない私にとって車は日常の足というよりも、旅をイメージさせるものです。

家族で旅行に行くのはいつも車で、まだ暗いうちに走り始めて、寝静まっている街の風景を感傷的に見ていた子供だったので、その原体験が今も残っているのかもしれません。

でも前述したように旅行に車で行くことはほとんどなくなってけれど、やはり車で旅がしたい。

そんな想いを埋め合わせしているのかもしれないけれど、1か月に1度くらいはドライブ目的の休日を過ごしています。

神戸は東に行くと都市部になって、道も混みますが、西や北へ行くと30分も走れば田園地帯に出て、田舎道をドライブできます。

30年もこの辺りで車に乗っているので、知らない道はほとんどないけれど、自分が住んで、仕事する街の風景とは全く違う田舎の景色を見ながらドライブすると、本当に楽しくリフレッシュできます。

一番好きなのは行き当たりばったりに、道が続くまま、ハンドルが向くままに走ることで、冒険心がくすぐられて楽しくて仕方ないけれど、助手席の妻はきっとどこを走っているのか分かっていない。黙って乗っているけれど、内心気が気でないと思っていることも分かっているけれど、私はそれを分かっていながら遠くへ遠くへとハンドルを向ける。

あの車に乗ったらどうだろうとか、好奇心からよく思いますが、自分の車の乗り方、面倒臭がって年23回しか洗車しないとか、いろいろ考えると今の小さな車が自分に一番合っている。

それ以外の車は考えられないと、あと15年は乗りたいと思っている。(Y)

IMG_2538[1]_edited.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/302

コメントする

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2017年9月 3日 09:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏祭りについて~S等氏の場合~」です。

次のブログ記事は「うちの車~スタッフKの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。