2017年11月アーカイブ

来年への準備〜Sトー氏の場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

物事はなんでも準備80%、実行20%でうまくいくということが私の経験です。

仕事でも準備で、成果が決まります。
時にはなんでそこまでするのと他の人に言われたこともありますが、成果が欲しいならこの比率は鉄則でした。
プレゼン、営業、企画会議、全てに通じるこの鉄則を今年も適用し、来年に活かしたいと思います。

そこで来年の準備は以下のようになると思います。

 1・運動

2017年11月26日18時07分55秒.pdf000.tif2・読書2017年11月26日18時08分31秒.pdf001.tif

 

3・出家2017年11月26日18時07分55秒.pdf004.tif

来年への準備〜スタッフMの場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

P1010066.jpg

こんにちは!スタッフMです

来年への準備としまして、まず今年を振り返っております。

日々起きたことはオリジナルデイリーダイアリーに記録しているのですが、まぁその使い方が悪いもので見返していて大変分かりづらい。

記録なので当たり前かもしれませんが、何の感情も感じられないような物の書き方をしている日があったり、金太郎飴のように同じようなことしか書いていない期間があったりと見返す必要がないような内容が多い。

そんな有様ですがそれはそれで役に立てることが出来て、もっとこういう風に書いたほうがいいな、とかこういう情報こそここに書いておくべきだ、など気づかされることもあります。

そして将来的に役立つであろう情報はシステム手帳に綴じていきます。

システム手帳には日頃から得た情報は閉じておりますが、ダイアリーを改めて振り返ると残しておこうと思える情報がちらほら出てきます。

情報のふるい掛け作業のようなものですね。

見ていて恥ずかしい出来のダイアリーですが、赤面しつつも向かい合えば役に立つことも少しはあるようです。

そして最近修理のご依頼を担当させていただいているのですが、出会う万年筆それぞれにそれぞれの不具合があります。

一日で済む修理はほとんどありませんでしたので、ダイアリーの数日にまたがって同じ万年筆の作業記録が記されています。

それらの情報を整理してまとめてシステム手帳に綴じておけば、将来似た症状の万年筆がやってきた時に役立ちますので、ダイアリーから抽出し整頓していきます。

どういった道具を用いたとかどういう手段・手順で臨んだのかなどの情報は僕にとって大変重要なものです。ありがたい。

ついでにその万年筆そのものの勉強をする機会にもなっております。

修理にやってくる万年筆には古いものが多く目にする機会があまり無いものなので、このチャンスを逃さない手はありません。

やはり実物を実際に手に取り隅々まで調べることが出来ると得られるものが多い。

なんでだろどうしてと好奇心がくすぐられます。ありがたい。

面倒くさがりで忘れっぽい僕でも書いておけば、情報はそこにいてくれます。

日頃からもっとマメに振り返っていればいいのかもしれませんが、ある程度期間が空いて頭が冷えてきた頃に見返すと、違ったものの見方考え方ができるのではないかな、と思います。

それがたまたま年末に来ただけですが、これも来年の準備になると思っています。

 

 

 

 

 

来年への準備~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!今月のテーマは「来年への準備」。

私は仕事で正方形ダイアリーを使っていますが、プライベートでの情報基地をシステム手帳にしたいと思っています。

仕事は未来の計画を落とし込んでいくので、年間2種・月間・週間がしっかり入っている正方形ダイアリー「ウイークリー」を使っています。数字は「マンスリー」で別管理しています。

RIMG0842.JPG

*仕事用の正方形ダイアリー(基本お店在住)と、同じサイズのクロッキー帳、ストック用(今は持ち歩いてます)システム手帳。

銀行とか本の題名とかはジョッターに書いてすぐ見られるようにしています。

 

日々過ごしていると情報ばかりが溢れてしまい、後回しにしている間に情報がバラバラになり、収拾がつかなくなっている現状・・。

プライベートでの情報をリフィルで管理すべく、今バラバラになっている情報を集めてみようと思っています。

片づけたい候補としては、

1)住所録 

2)HOW TO を忘れないための覚え書き(テレビの料理情報から美術館の駐車場の位置までなんでも)・・・とにかくこれがすごく多い。

3)手紙のやりとりの記録(〇月〇日こういう内容を送りました、という自分への忘備録)

4)美術館や本を読んで調べたいと思った事

5)贈答記録・決まった商品の場合は金額や振込先など

来年の家計簿を本屋さんで物色しながら、一年のサイクルがどんどん早くなっている気がしました。これは早くやらねば。

最近ではテレビの健康法に添って料理したり、マッサージをしてみたり、やりたいことが本当に細かくなっています。(年齢によるものかもしれませんが・・。)

旅行・美術館めぐりをした後に書くためのノート(これは時系列なので綴じノート)、読書ノートを確立してから、捨てられないパンフレットもなくなったし、思い出がごちゃ混ぜにならなくなりました。

記憶を整理するには書いておくことが自分には向いていると思います。

RIMG0836.JPG

RIMG0840.JPG

書類がバラバラしていると、頭も整理できません。
来年はプライベートでここら辺をすっきりして行きたいと思っています!!

 

来年への準備

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは来年への準備です。
各人いかに来年を良い年にするための準備をするかの決意表明をします。

DSC04218_edited.jpg
加東市清水寺

自分のことではないけれど、来春から息子が神奈川県で社会科の教師として働くことになった。

大学に入学する前から教師になりたいと思っていて、そのつもりで大学4年間過ごしていたし、塾の講師もして、教えることの楽しさを実感していたようなので、念願叶って本当によかったと思います。

昨年の教員採用試験はだめだったので、気持ちを切り替えて一旦学習塾に就職したけれど、教師への夢を捨てきれず数週間で退職した時はどうなるかと思った。

学習塾の先輩方にはご迷惑をお掛けしたことは、本当に申し訳なく思います。

好きなことを仕事にして、やはり自分は好きなことや、自分で納得して決めたことでしか動くことができないと思っている私からすると、教師という大変な仕事を何でやりたいと思うのか分からないけれど、それが彼の好きな道なのであれば、様々な困難も乗り越えられるのだと思う。

しかし、大学も家から通っていて、身の回りのこと全てを母親がしてくれる恵まれた環境から、いきなり知らない土地で一人暮らしすることは、教師の仕事までとは言わないけれど、困難がつきまとうのではないかと、人ごとながら心配している。

まず料理を全くしたことがない問題はどうするのか、掃除、洗濯はできるのか、公共料金など支払いの管理はできるのか、リンゴの皮はむけるのか、朝起きられるのか。

そして家財道具一式を揃えるお金はあるのか。今の塾講師のバイトでそれが稼げるのか。

我が家は息子の独立で来年前半は大いに混乱するだろう。引っ越しにもかり出される予定で、店を不在にする日が出てくると思います。

来年への準備というテーマで書き始めたけれど、全く準備ができていないことに大いに焦り始めているけれど、子供ではないので、ヤキモキしながらも見守っている。(Y)

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。