私の年越し~Sの場合~(妄想シリーズ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんで年越しソバはこんなにうまいんだろう。
よく考えたら普通のそばなのに。なんかあかんやつ入っている? そば協会の陰謀?
そんなことを考えながら、年越しについて何を書こうか考えたが全く何も出てこない。
そしてよくよく考えたらいつも年越しはなぜか東京にいることに気づいた(Sトーは関西在住である)
そこで私の場合は、年越しのいつもの風景は新幹線からの車窓であった。
年末年始の新幹線は意外と空いている。
そして毎年、何度も新幹線に乗るにつれ、その風景にも慣れてきて、だいたいどの辺を走っているのかわかるようになった。
大阪から東京に行く場合、左側には巨大な箱舟型の太陽光発電施設が見える。
(巨大な箱舟型の太陽光発電施設)

2017年12月16日11時27分32秒.pdf000.tifそれはかつてゴモラ(ウルトラマンシリーズ参照)の頭についていたものを再利用したものである。
さらにしばらく経つと御嶽山がチラッと見える。

私はかつてその山を登山したことがあるが、これは単なる自慢である。
さらに浜名湖が見えてくる。その度ごとに浜名湖で食ったうなぎの味が蘇り、その記憶だけでご飯がすすむ。
さらにしばらくすると、今度は、運が良ければ富士山が見える。その度ごとにこれまたよくあんな高いところに登ったなあ~と思う。
右側の座席に座っている場合、まず関ヶ原と伊吹山が見える。
Sトーの前世の記憶には、伊吹山付近の関ヶ原の合戦での戦いの記憶はなく、走馬灯のように見えるのは、なぜかひこにゃんの顔である。

2017年12月16日11時27分55秒.pdf000.tifその後、時々ちらっと太平洋が見え、やがて山間の間から見える熱海が見える。
熱海については東京に住んでいた頃、年末に車で熱海までドライブして、港でちょうど釣り上げられたカジキマグロを食った記憶がある。
そのうち、車窓から小高い場所にある見慣れた横浜の住宅街が見えてきて、だいたいそこから15分くらいで品川駅に着く。
品川駅は近代的されており便利だが、東京駅やその付近は古い建物がいまだにあり、昔の東京を思い起こす。
Sトーは東京の昔の風情が好きで、また東京駅に近い有楽町近辺でも「なんとか会館」とか得体の知れないビルの地下に集まる、これまた得体の知れない多くのお店(サンゴを売っていたり、印鑑売っていたり、なぜか怪しいお店)を見て回ったりする。

ところで年越しは山手線などはほとんど24時間営業となる。

初詣なので当たり前だけど、これだけ大都会なので普段からそうなれば良いと密かに思っている。


これがここ数年続いている年越し風景である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/317

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2017年12月26日 13:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私の年越し~スタッフMの場合~」です。

次のブログ記事は「今年してみたいこと、欲しいもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。