今年使いたい万年筆~Sとーの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が今年メインで使いたいと思っている(すでに使っている)万年筆は、Montegrappaのパッショーネ ゼブラです。
この万年筆のペン先は柔らかく、私はメモ用に使っています。
私にはメモ用の万年筆としてすでにファーバーカステルがあります。
ファーバーカステルのペン先は固めですが、両者とも甲乙はつけがたいものがあり、気分で使い分けしています。
自分の持っている万年筆の割合はイタリア製が多く、その理由はおそらく書き味が自分好みだからだと思います。
ところでインクはいろいろ試して、今はフローの良いパイロットの色彩雫を入れており、それで問題なく書けています。

FP0310-01[1].jpgss2.jpg

また今年使ってみたいペンがあります。
それは「出雲溜塗り」です。
これはいつか買おうと思いつつ、ずっと先延ばしになっています。
理由は特にありませんが、なんとなく他に目移りしたり、競馬やパチンコ、はたまたキャバクラ、ふくろうカフェやカワウソカフェで使いすぎたりしていつも購入するタイミングを逃していました。
このプラチナ社の「出雲溜塗り」のペン先は、イタリア製品好みの私でも書きやすく、しっかり書けると思っています。

FP0262-01[1].jpg

*なお今回の写真はすべてペンアンドメッセージの写真を借用しております。
これらの借用した写真はすべて私の教え子であるM子が撮影していますが、もう何も教えることがありません。立派になったものじゃのう。

S藤さん.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/325

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年2月27日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年使いたい万年筆〜スタッフMの場合〜」です。

次のブログ記事は「筆文葉吹き寄せパック私の使い方~分度器罫~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。