無人島に持って行くもの~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「無人島に持って行くもの」。

無人島と言えばサバイバル・・・ですが、最近の傾向としては殺人事件でしょうか。嵐で取り残された10人の中から、一人ずつ減っていくというアレです。

そんなところに持って行くものなんて、探偵しか浮かんできません。ものじゃないけど。

 だからあえて、セレブな想像をしてみました。

知り合いが島を持っていて、その中にあるお屋敷に一週間招待される。そこでは食事の時間だけが決まっていて、自由に過ごすことが出来る。

毎日船は来るし、天候でしばらく無人島に閉じ込められても、食料などは備蓄してあるので早々心配することはない。携帯電話ももちろん圏内!(色々設定が細かい・・)そこでどう過ごすか。

 というわけで一週間何をしてもいい時間があるだけの設定になってしまいましたが、そこで果たして何をするか。

仕事も家族も全部忘れて、ひとりきり。

私はいつかやろうと思っていてできていないこと、そういうのに取り組んでみたいと思います。

そのお屋敷に、万年筆全部と持てるだけのボトルインクと、ありったけのノートを買い込んで行きます。

そしてなかなか使ってあげられていない万年筆を徹底的にメンテナンスして書いて、相性のいいインクを一本ずつ決めます。

本数が増えてくると、何となく使うペンと、何となく使わないペンができます。

RIMG1999.JPG

その何となく使わないペンの原因と向き合って、これからも持ち続けるのか第二の万年筆人生を送らせてあげるのかを考えていくのです。使わなくても手放せない万年筆、それはそれでOK。

ノートに書き続け、納得いくまで使います。

そして書き味が気になるペン先や、同じFでも使い分けをしたいと思ったら、お屋敷の隅の「Pen and message.」出張所へ。ペン先調整をしてもらったり、ニュアンスの相談をしたりします。(お金持ちのお抱え調整師設定) 

それを一週間やり続けたら、帰る頃には私の万年筆ケースは「精鋭部隊」もしくは「きちんと意味のある所有万年筆たち」に変貌しているはず。

普通に万年筆を使っている方には当然だと思われるかもしれませんが、ハッと気づいたら何だか手元に万年筆がいっぱい、という私には必要な時間なのです。

 でも無人島の設定では、気づいたら自分の携帯電話はなくなっていて電話は不通で、外は嵐で、備蓄庫は荒らされて、10人いたはずの招待客が誰もいなくなっているかもしれません。

無人島の最後のイメージは、殺される寸前にお屋敷に突入してきた警察に救助されるか、追い詰められて上がった屋上から自衛隊のヘリに救助されるかの2択です。

最終的にはヘリに釣り上げられながら、「そのケースは離しなさい!」とか言われている自分が目に浮かびます・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/330

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年4月10日 17:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無人島に持って行くもの」です。

次のブログ記事は「無人島に持って行くもの〜スタッフMの場合〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。