2018年5月アーカイブ

ペンとペンケース~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

万年筆については私は主にオマスの万年筆を使っております。おそらくこれからもずっと使うでしょう。

もっとも、そう思った矢先に早速会社は潰れました。

これらのオマスには、3本挿しのシュランケンカーフのペンケースに入れています。

Spen1.JPG

Spen3.JPG

時々、外でパッとアイデアが浮かんだときは、下のモンテグラッパが活躍します。

しかし、パッとアイデアが浮かんだときは大抵家に忘れていたり、携帯している時は何も浮かばなかったりします。

このモンテグラッパはルボナーの1本差しのケースに入れています。

人前で出すとカッコいいのですが、時々カバンの底に隠れており、底から引っ張り出す行為はすごくカッコ悪いです。

Spen4.JPG

下のファーバーカステルは、銀色が万年筆、あとはローラーボール、ボールペン、シャープペンシルです。

銀色の万年筆は主にPen and message.のシステム手帳のペン入れに挿しています。

うまい具合にちょうど入るんです。

Spen2.JPG

 この会社のシャープペンシルは長く愛用しており、本に書きこんだり下絵を描く時に使っています。

何だかすごく贅沢な気分を味わえます。

さすがの伯爵シリーズです。平民も伯爵気分を味わえます。

下の茶軸のローラーボールは、最近ペリカンの芯を入れました。そしたらまあ描きやすいこと。

万年筆いらないかも知れないです。最も芯の値段は高いです(そして黒しかない)。

横のボールペンには三菱のジェットストリーム芯が入っています。なのでこれも書きやすいです(でもこれも替え芯の値段は高い)。結局、万年筆がもっとも安くつくのかも知れません。

ファーバーカステルを使うと自分が賢く見えます。

それは根拠のない自信につながり、ずっと根拠のない自信と口先で人生を渡って来たSトーの必需品です。

ペンケースはダグラス革の3本挿しを使っています。

このダグラス革はSトーのお気に入りで、男の革、という感じがします。

Spen5.JPG

ペンとペンケース~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、スタッフM です。

万年筆の数も順調に増えつつあり,諸先輩方の後を確実に追っているような気がします。

それにしても先週のスタッフKはすごかったですね!

いつか私もあんな風に・・・!

さて、私のペンケースですがどれもペンをさっと取り出せるものばかりです。

使いたいと思ったときにさっと取り出せると言うメリットは、特にネジ式キャップの万年筆にとって重要で、筆記に臨むまでの時間短縮となります。

 IMG_6993.jpeg

3本差しペンケースはお店に待機しているもので、中身はこの通りとなっています。

#3776センチュリーは仕事上必ず必要となる場面があり、ヘリテイジ912はあとでお話しするこしらえに装着されているペン先の実家ですので中身はありません。

オプティマは学生時代に虜となった溶け始めた氷の表面をなぞっているかのような書き味の字幅Bが装着されておりますが、なかなか実用の機会が得られずにおります。

そのためお店でその機会を狙っている待機万年筆状態です。

 IMG_6997.jpeg

2本差しは今最も活躍しているペンケースですね。

お手紙を書いたり帳簿をつけたり、手帳を書いたりポエムを書いたり⁉︎など公私ともによくつかう万年筆を収めています。

こしらえにはヘリテイジ912のFM(中細)が付いておりますが、私の調整の練習に付き合わせた結果EFとFの間くらいの字幅となってしまいました。

愛着のある1本ですね。

そしてアオラーでありミドラーである私の好みをピンポイントで突き刺すかのようなアウロラ365アズーロ、完全に好みで選んでおります。

 IMG_6999.jpg

カンダミサコのペンシースには最近仲間入りしたM800オーシャンスワールを差しています。

すぐさま使いたいので持ち運ぶ時もこの状態にしています。

なるべく万年筆はバランス良く使いたいので、新参者のこのペンは優先的に使っています。

 IMG_7006.jpg

以前も書いたかもしれませんが、この万年筆は私の初めての万年筆でとても思い入れのあるものとなっています。

聞香会での記録を書いたりするときや何か特別なときに使っています。

シガーケース型ペンケースSOLOはこうした特別な1本を収めて持ち運ぶのに適したケースだと思います。

しっかりとペンを納めているという感覚が強く、取り出すときに「今からこの万年筆で書くのだ」という気持ちが高まり、書くという行為がさらに楽しくなります。

ペンケースはペンを収めるためのものですが、ペンに馴染んで行く様子や革の風合いなど使い込む楽しみ、ペンとの組み合わせによる気分の演出など、書くことの楽しさを増幅させるものでもあります。

楽しく仕事をするため、楽しく書くためにペンケースとペンの組み合わせを考える。

なんかいいですよね。

 IMG_7010.jpg番外編、ジャケットもペンケースだと思っています。

IMG_7009.jpeg

ペンとペンケース~スタッフの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

RIMG2404.JPG

こんにちは!スタッフKです。・・あっ!待って帰らないで~画像は似てますが先月とは違う内容です。今月のテーマは「ペンとペンケース」。

以前、自分のブログでは紹介したことがあるのですが、自分がどういう万年筆をもっているか分からなくなるのでモンテベルデの36本差しペンケース(通称:標本ペンケース)を使っています。

若干、細いペンを2本箱乗り状態にしているところは見ないで下さい。

久しぶりにラベルの通りに並べてみました(いつもは適当)・・ベースとなる場所があると、ちゃんと管理できる。そのためのケースです。

これは会社待機の母艦で、持ち運ぶための出撃部隊がいくつか編成されています。万年筆の用途で編成したいのですが、つい見た目で選んでしまうのを止められません。

RIMG2406.JPG

最近増殖を続けている紫もちらほら。コンプロット4にの内装をラベンダーにしてもらってから、何故か紫が集まってきます。これは仕事中は立てておき、帰る時には横にします。立てたままだと万年筆のインクが出にくくなるといけないので。新色のアルスターバイブラントピンクも合ってますね。

これを持ち歩くとすると私の場合、万年筆⇒コンプロット⇒コンプロットケースリブレット⇒布でケースを作って入れる、という風になりかねないので、今のところ机上待機です。

RIMG2408.JPG

普段の持ち歩きは3本差しペンケースかカステルの2本差し。長期の休み以外で、母艦を持ち帰ることはありません。

カファレルのチョコレートが入っていた缶ケースは、カートリッジ&コンバーターケースになっています。

万年筆と同じように増えていくもの、それがペンケースでもあります。

万年筆×ペンケースの組み合わせは無限大・・・今はこれで良いと思っても、いつでも新しいものを探してしまう。万年筆と同じですね。

 

ペンとペンケース

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今月のテーマはペンとペンケースです。

各人お気に入りのペンケースと中身のペンについて語ります。

 

DSC07058.JPG

ペンケースはいくつもあって、それぞれに入るペンが決まっている。

たいてい細字、中字、太字のセットになっていて、手帳用、手紙用、メモ原稿といった自分の万年筆で行う用途をどの組み合わせを選んでもカバーできるようになっています。

前の日の晩、その中から好きな組み合わせのものを選んで鞄に入れる。

もちろんお気に入りの組み合わせはどうしてもできてしまい、多少の偏りはあるけれど、こうすることで持っている万年筆を万遍なく使うことができる。

その時のお気に入りから外れていても、急にまた気に入って使い出すものもあるので、たまには書いて感触を思い出すことは大切なことだと思います。

中には完全に役割が決まっているものがあって、カンダミサコ2本差しペンシースに収まったファーバーカステルクラシックコレクションエボニーの万年筆とボールペンは、いつでもすぐに取れるようにペン先調整機の上が定位置になっている。

 

DSC07059.JPG

ファスナー式のペンケースは10年くらい使っているもので、たくさんの雑文房具が入っている。

シャープペンシルやマルチ8USBメモリーなど、よく使うものもありますが、ただ入っているだけのものもあり、このペンケースの中に何を入れるかを考えることは、机の引き出しの中を自分好みに整理することに似ていて楽しい。

DSC07063.JPG

1本差しも潔い感じがして好きです。他の複数本入るペンケースとは意味合いが違ってくるような気がします。

ちなみに自宅に自分の机はなくて、リビングのテーブルや近所のカフェが自分の机になります。

自分の用途を満たしたぺんを入れたペンケースとスマホがあれば、どこでも作業ができるようになっています。

ペンケースはただペンを収納するためだけでない、活用するため、そして楽しさを2倍にも3倍にもするためにあると思っています。 (Y)

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。