ペンとペンケース~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、スタッフM です。

万年筆の数も順調に増えつつあり,諸先輩方の後を確実に追っているような気がします。

それにしても先週のスタッフKはすごかったですね!

いつか私もあんな風に・・・!

さて、私のペンケースですがどれもペンをさっと取り出せるものばかりです。

使いたいと思ったときにさっと取り出せると言うメリットは、特にネジ式キャップの万年筆にとって重要で、筆記に臨むまでの時間短縮となります。

 IMG_6993.jpeg

3本差しペンケースはお店に待機しているもので、中身はこの通りとなっています。

#3776センチュリーは仕事上必ず必要となる場面があり、ヘリテイジ912はあとでお話しするこしらえに装着されているペン先の実家ですので中身はありません。

オプティマは学生時代に虜となった溶け始めた氷の表面をなぞっているかのような書き味の字幅Bが装着されておりますが、なかなか実用の機会が得られずにおります。

そのためお店でその機会を狙っている待機万年筆状態です。

 IMG_6997.jpeg

2本差しは今最も活躍しているペンケースですね。

お手紙を書いたり帳簿をつけたり、手帳を書いたりポエムを書いたり⁉︎など公私ともによくつかう万年筆を収めています。

こしらえにはヘリテイジ912のFM(中細)が付いておりますが、私の調整の練習に付き合わせた結果EFとFの間くらいの字幅となってしまいました。

愛着のある1本ですね。

そしてアオラーでありミドラーである私の好みをピンポイントで突き刺すかのようなアウロラ365アズーロ、完全に好みで選んでおります。

 IMG_6999.jpg

カンダミサコのペンシースには最近仲間入りしたM800オーシャンスワールを差しています。

すぐさま使いたいので持ち運ぶ時もこの状態にしています。

なるべく万年筆はバランス良く使いたいので、新参者のこのペンは優先的に使っています。

 IMG_7006.jpg

以前も書いたかもしれませんが、この万年筆は私の初めての万年筆でとても思い入れのあるものとなっています。

聞香会での記録を書いたりするときや何か特別なときに使っています。

シガーケース型ペンケースSOLOはこうした特別な1本を収めて持ち運ぶのに適したケースだと思います。

しっかりとペンを納めているという感覚が強く、取り出すときに「今からこの万年筆で書くのだ」という気持ちが高まり、書くという行為がさらに楽しくなります。

ペンケースはペンを収めるためのものですが、ペンに馴染んで行く様子や革の風合いなど使い込む楽しみ、ペンとの組み合わせによる気分の演出など、書くことの楽しさを増幅させるものでもあります。

楽しく仕事をするため、楽しく書くためにペンケースとペンの組み合わせを考える。

なんかいいですよね。

 IMG_7010.jpg番外編、ジャケットもペンケースだと思っています。

IMG_7009.jpeg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/336

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年5月14日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンとペンケース~スタッフの場合~」です。

次のブログ記事は「ペンとペンケース~S等氏の場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。