ペンとペンケース~スタッフの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

RIMG2404.JPG

こんにちは!スタッフKです。・・あっ!待って帰らないで~画像は似てますが先月とは違う内容です。今月のテーマは「ペンとペンケース」。

以前、自分のブログでは紹介したことがあるのですが、自分がどういう万年筆をもっているか分からなくなるのでモンテベルデの36本差しペンケース(通称:標本ペンケース)を使っています。

若干、細いペンを2本箱乗り状態にしているところは見ないで下さい。

久しぶりにラベルの通りに並べてみました(いつもは適当)・・ベースとなる場所があると、ちゃんと管理できる。そのためのケースです。

これは会社待機の母艦で、持ち運ぶための出撃部隊がいくつか編成されています。万年筆の用途で編成したいのですが、つい見た目で選んでしまうのを止められません。

RIMG2406.JPG

最近増殖を続けている紫もちらほら。コンプロット4にの内装をラベンダーにしてもらってから、何故か紫が集まってきます。これは仕事中は立てておき、帰る時には横にします。立てたままだと万年筆のインクが出にくくなるといけないので。新色のアルスターバイブラントピンクも合ってますね。

これを持ち歩くとすると私の場合、万年筆⇒コンプロット⇒コンプロットケースリブレット⇒布でケースを作って入れる、という風になりかねないので、今のところ机上待機です。

RIMG2408.JPG

普段の持ち歩きは3本差しペンケースかカステルの2本差し。長期の休み以外で、母艦を持ち帰ることはありません。

カファレルのチョコレートが入っていた缶ケースは、カートリッジ&コンバーターケースになっています。

万年筆と同じように増えていくもの、それがペンケースでもあります。

万年筆×ペンケースの組み合わせは無限大・・・今はこれで良いと思っても、いつでも新しいものを探してしまう。万年筆と同じですね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/335

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年5月 8日 11:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンとペンケース」です。

次のブログ記事は「ペンとペンケース~スタッフMの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。