よく行くお店~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく行くお店.JPG

行きつけのお店・・。基本的に人見知りなので、洋服や化粧品を買う時は決まったお店に通っています。ずっと通っていて何が楽かというと、私の持っているチークの品番も服も全部記録されているので、「先日のアレに合いますよね」とか言ってくれること。

百貨店の一角にある洋服店には、いい意味でずけっと言ってくれる店長さんがいます。(背が高い私は腕も長い)

「う~~~ん、Kさんにはこの丈、ミニスカートになるかな・・」(着る前)

「そうですね~~、普通の人には7分袖なんですけど・・」(着た後)、

・・・私からさんざん言ってたら最近は先に言われます。それでも本人の気にしているポイントを認識してくれているのは楽です。

洋服店の店員さんで、何が苦手かというと、「わ~~背が高くていいですねぇ」とか言われること。

全然良くないので何て答えればいいのかいまだに分かりません。持ってるものを褒められると素直に喜べるんですが・・。

ちなみにルボナーさんのお財布、鞄はあちこちでよく褒められます。

他にも「今ね、これが〇〇っていう雑誌にも紹介されてて、すごく人気があって・・・」とかいうフレーズも苦手です。

 今は異動してしまったけど、ある意味恐ろしい店員さんは、デニムを試着しているとさっと合わせてトレンチコートを持って来て、更に紺とベージュを交互に着せてう~~ん、と考えて鏡越しにぼそっと、「紺・・ですね」と言うのです。

その時は、思わずコートも一緒に買ってしまいました。こういうのに弱い。

それ以来、試着しつつも背後に気を配るようになりました。

私の場合洋服の買物は一人で、が鉄則なので、他人の意見が聞きたいけど、なんでも似合うという店員さんでは参考になりません。だからとても助かってはいるんですけども。

私も日頃店では気を付けるようにしていて、革製品の色で迷っている方や、どちらの万年筆がいいか(見た目)で迷っている方には、値段関係なく本気で申し上げるようにしています。

その方の持ち物、髪型、服装、雰囲気。そういう第三者にしか分からないことをお伝えした方がいいと思う。

中には決まっているのに、決められなくて誰かに背中を押して欲しい方もおられるので、そんな時は思い切り押して差し上げています。

 お店のテイストが好きな事ももちろんありますが、好きなお店=気が合う店員さんがいる、な気がしています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/339

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年6月12日 13:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「よく行く店」です。

次のブログ記事は「よく行くお店〜スタッフMの場合〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。