机の周りの道具~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のお題は仕事道具です。

私の場合家事も仕事なので、紹介するとものすごく多くの家事道具があります。

個人的に一番紹介したいのは大きな電動ノコギリですが、あんまり使わないのでやめときます。

Sトーがこれを使うのは主に家の敷地内にアメリカ人の大学生たちが侵入し、パーティーして騒いでいるときに、アイスホッケーの仮面をかぶってこれを使います。(ちなみにこの辺の話にものすごくくわしい人はそれ電ノコギリじゃなくね?というツッコミをします。)

家事としては主に台所用品です。

最近、台所用品を買い揃えました。なので料理の際はテンションあげあげです。

そのうちのいくつかを紹介します。

まずは包丁です。有名どころは一通り(ネットで)調査し、(ネットで)聞き込みをし、(ネットで)購入しました。

買ったのは東源正久という会社の刃渡り24センチの鋼の包丁です。

これものすごく切れ味が良いです。鋼なので錆びますが、毎回水洗いしてきちんと拭くので大丈夫です。全然面倒ではありません。

まな板は檜のプロ用サイズを買いました。包丁とまな板による相乗効果により、Sトーの「料理めんどくせー」発生率は下がりました。

鍋類はフィスラーというドイツの超高級メーカーの鍋セットを購入しました。

フィスラー はドイツの超高級メーカーです。基本的にはドイツ製ですが、中国製の安いものも販売しています。

そして中国製も良いです。結局、ドイツ人と中国人、どっちが文明を最初に始めた?というと中国の圧勝なので、あまり国籍にこだわる必要性はないと思います。

2018年09月22日21時43分59秒.pdf000.jpg

ところで野菜って切り方で味が全然変わります。そんなちょっとした進歩のたびに鼻を高くしています。

*机上の仕事道具

2018年09月22日21時44分16秒.pdf000.jpg

これらの道具は主にSトーの仕事である「youtubeでゲーム鑑賞」に使っていますが、絵の向かって左から印刷機(ティッシュ箱ではありません)、下側にメモ帳、真ん中にPC(マック)とワイヤレスのキーボードとマウス、机の下はポチ、そしてクッションのある背もたれのない椅子、机の上の一番右(奥)はスキャナーです。

マックを使っている理由はMACのOSで使えるナンバーズというソフトが使いやすいからです。

これはウィンドウズのエクセルに相当します。

どちらも同じように見えますが、全然違うものです。

ナンバーズでは表が分離でき、無限に好きな位置におけるため、相関図として使えます。

エクセルは膨大な計算に特化しています。

絵の机上の風景は整理されて見えますが、実際はあちこちに散らばった万年筆やインク瓶、みかんの皮、かっぱえびせん、消しゴムのかす、混乱し複雑に絡まり合うコード類、使っていないIPAD や、書きかけのノート類、片っぽしかないカフス、印鑑、人からもらった名刺、靴クリームとブラシなどをまんべんなくまぶすと、実際の机上の光景になります。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/353

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年9月25日 11:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「机の上での作業~スタッフMの場合~」です。

次のブログ記事は「今読みたい本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。