机の上での作業~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

机の上はものを書いたりイビキをかいたりするだけの空間ではありません。 

大切なものを大切に扱い楽しむための、個人で持てる最小の趣味の空間だと思います。

その一つに靴磨きがあります。

fullsizeoutput_62.jpeg
帰宅するたびブラシ掛けだけは欠かさず行なうようにしておりますが、10回程度履いたらクリームなどを使う靴磨きのフルコースをすることに決めています。

この作業は決して義務的に行っているわけでは無くて楽しいからやっているという感覚で、革を傷める心配がなければもっと頻繁に行ないたい。

着古した綿のシャツを切り取り指に巻きつけ、レザーローションを含ませ古いクリームを取っていく作業が好きです。

人がお風呂に入るように靴の汚れや疲れを取り去ってあげるような感覚ですね。

誰かが言っていたことですが、靴を磨くときは自分の親の背中を流してあげてるような気持ちでやると良いそうで、なんだか分かる気がします。

靴クリームを指で直接伸ばし豚毛のブラシで磨く作業が好きです。

冬のからっ風で粉の吹いた頰にクリームを塗っている時の感覚に似ていて、みるみる健やかな状態になって行く様子がわかり嬉しくなります。

誰かが言っていたことですが、靴が健やかであれば気分も健やかであるらしく、これもなんだか分かる気がします。

コーデュロイとシープスキンのグローブで磨き上げる作業が大好きです。

靴が美しく輝き、磨き上げた達成感とともに心がとても明るくなります。

この作業が終わる時はいつも次に履く時のことを考えてワクワクしてしまいます。

お出かけしたくなってしまいますね、洒落た格好をして。

誰かが言っていたことですが、お洒落は足元からだそうで、おそらく誰もが分かる気がすると思います。

お気に入りの物を手入れして長く大切に使う心は靴にも万年筆にも通じる共通の思いやりで、もし不具合が現われたら心配で気が気でなくなる。

そうならないためにも日頃のメンテナンスは重要で、靴の毎日のブラシがけは万年筆を毎日少しでも使ってインクを通してあげる事に似ており、靴磨きは万年筆の洗浄にあたる基本的なメンテナンスだと思います。

手元と足元の大切なものを、私は机上で楽しく愛でたいと思う。

ちなみに、

fullsizeoutput_63.jpegお店の机の上は時々こんな事になります。

ペン先調整で解決出来ない不具合を解決する道具たちです。

右の大きな機械はペン先調整機、その左のやっとこはパーツを引き抜く為のもの。

注射器のようなものの多くは洗浄に使うスポイトで、中には細かい修理箇所に接着剤などを塗布する精密な物もあります。

そう言った細かい作業は両手で行いますので据え置き型の拡大鏡は大変役に立ちます。

奥のドライヤーは万年筆の分解に必要な道具で、決してお店でシャワーを浴びているわけではありません。

これらの道具を駆使して、より長く快適に万年筆を使えるようにしております。

写真のペンは私の私物で、近頃ピストンが固くなってきていたので直そうと思う、と言い訳をしてバラバラに分解しオーバーホールを行おうと思います。

私のペンに限り時々実験的な分解でバラバラにされて、隅々まで洗浄と言う名の観察に付き合わされるハメになります。

そのため、ピストン潤滑化に不必要な工具がぐるりと取り囲んでいるわけです。

まだペン先を取り外しただけ、ここからが本番ですよアウロラさん。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/352

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年9月18日 18:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「机の周りの道具~スタッフKの場合~」です。

次のブログ記事は「机の周りの道具~S等氏の場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。