今読みたい本~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「今読みたい本」。

9月がイベント目白押しで落ち着かなかったので、10月はちょっと落ち着きたい。そう思って図書館で借りた本があります。(期限がないと読まないタイプで・・)

それがニコルソン・ベイカーの「中二階」。

私には読書指南の師匠がいて、「Kさんやったらこれ好きじゃないかな」と教えて下さるのです。

DSC00907.JPG

その中でものすごくハマったのが岸本佐知子さんでした。

翻訳者であり、エッセイストでもある彼女の、中二階は翻訳本なのです。この本の何に惹かれたかというと、まずもってその内容が

「サラリーマンの男性が昼休みに外に出て帰ってくる途中の、エスカレーターを昇っていくところからオフィスに着くまでの話」 というところ。

もちろん190ページ程のハードカバー本で、ページ部分だけで厚みが12mmあるちゃんとした装丁をしています。

なのに、内容は?というとそれだけ、なのです。

まだ途中ですが、ホントに進まない。例えば目に入った何気ないことすべてを文章にしている感じです。

カーペットが掃除されたときのV字かM字に筋が残って、光を同じ方向に反射している様子を説明してみたり、靴紐が一日開けて両方切れたときはいかに自分が両方の靴紐を平等に引っ張って来たのかを思い、ストローがプラスチック製になったことへのバックグラウンドの説明をしているのです。

 もちろんこれらは文中で語られることもあれば、ともすればキャプションであったりします。普通のキャプションはこんな感じ。

DSC00913.JPG

アスタリスクがついて一言、というキャプションも多い中、これは3行ほど使っていますがこんなのは短い方。

DSC00911.JPG

下手をするとこの位のキャプションがザラに出てきます。文章の中に1、とか2、とか番号を見つけると、後で読もうなんて思わずにしっかり読んでおく必要があるのです。

余りにも長いのでキャプションの世界にどっぷり漬かってしまい、元の文章に帰ってくると文脈を見失っていて少し前から読む、ということもあります。

でも、この誰もが頭の片隅で一瞬は考えているかもしれない些細すぎることを、ひとつひとつ取り上げて(まさにミクロ単位で)文章に落としていることがムズムズするほど面白いのです。

ツッコミどころ満載というか。

人に「ちょっとここ、これなんてもう~~」と言いたくなる。

これから、秋の夜長にモジモジしながら読もうと思っています。

 ちなみに表紙もすごく地味で、図書館の方が「こちらの本でよろしいですか?ご確認お願いします」と私に向けたのは裏表紙。

しばらく考えて、「え~~~と、反対向けて頂いても?」と言うと「?あっ!失礼しました!」と表紙を向けてくれました。確かに、どっちでもいいくらいの地味さ・・。(そんなことはないか)

 DSC00908.JPG

あとはついでに、これは何度も読み返している本ですが「月の本」があります。

DSC00769.JPG

森光伸さんの写真と、月にちなんだ文学からの一文が掲載されています。

私は月好きですが、天体としての「月」より、地球から眺める「月の風情」が好きなので、手放せない1冊です。

DSC00770.JPGDSC00771.JPG

 ちらっとだけ。もうこれだけで世界に連れて行かれます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/355

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年10月 9日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今読みたい本」です。

次のブログ記事は「今読みたい本~スタッフMの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。