今読みたい本~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは「今読みたい本」。

難しいテーマです。何しろ活字だけの本はお香の専門書ぐらいしか読んだ事がなく、それ以外はやれ芥川賞受賞だとか名書と名高いものだとか、そう言う権威づけられたものをちょぼちょぼ読んだくらいの体たらく。

あまり本を読む習慣がありません。

でもありがたい事に、私は私に必要な本をオススメしてもらえる事がしばしばあります

fullsizeoutput_65.jpeg

言わずと知れた名書ではないでしょうか。

孔子の言葉や行動をその弟子たちがまとめたものだと聞きますが、その内容は現代においてもためになるものばかり。

2000年以上前にまとめられたものなのにすごいですね。

原文のまま読む能力は備わっておりませんので、「声に出して読みたい日本語」でおなじみの齋藤孝先生が訳されたものを読み込んでいきたいと思います。

なんと言うか、もうド正論のオンパレードに自分の生き方が恥ずかしくなりますね!

そりゃそうだ、そんなの常識だ、と言うようなことから道徳的なことまで出来ていない事ばかりが目につき血涙流しそうになります。

かつて出来ていた素直な物の考え方もいつの間にか出来なくなっている事に気がついたりと、もう心に対するジャブ・アッパーカット・ローキックからの左フックと効果は絶大です。

「人生の教科書」や「最古のビジネス書」などと呼ばれることもあるこの本、折に触れ何度でも読んで良い物だと感じました。

自分の行いは正しいのかと迷いが生じた時、何か決断せねばならない時などに心強い味方となってくれることと思います。

そしてもう一冊。

 fullsizeoutput_66.jpeg

美人でしょう?僕の嫁でs嘘です。

こちらはとある方からオススメして頂いたライトノベルです。

主人公の女性は元々軍人さんだったらしく戦争の中で両腕を失い、自在に動く義手をつけておられます(ムッチャかわいそう)

軍を退役したあとは代筆業を生業とし、その仕事を通じて人として成長していくと言うストーリーのようです。

現在大変人気のある本のようでどの書店に行っても売り切れており、昨日やっと家に届いた所です。

代筆、タイプライター、活版印刷など魅力的なキーワードの数々、そそられます。

ちなみに主人公の女性、お一人で一個分隊並みの戦闘力を誇るらしいですよ。美しい花には棘がある。

僕に彼女を、もといこの本をご紹介くださったK様に感謝いたします。

読書の秋ですね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/356

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年10月16日 00:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今読みたい本~スタッフKの場合~」です。

次のブログ記事は「今読みたい本~S等氏の場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。