来年使う手帳とペン~スタッフKの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!今月のテーマは年末恒例の「来年使う手帳とペン」です。

毎年ラインナップが変わっているのですが、正方形ダイアリーは毎年使い方を考えるのでこれは定番。

その周辺手帳が少しずつ変化しています。

筆文葉リフィルが始まって以来、20年振り・・・?に昔使っていたシステム手帳を使いだしました。

3.JPG

これは当時「仕事ができそうな感じ」に憧れて手に入れた、ファイロファックスのテージュ。

結構使ってましたが、ベルトのボタンが健在なのが自慢です。(当時、修理で多かったのがボタンのカバーが外れる事象)

使い分けとしては、正方形ダイアリーには仕事のスケジュールやTODO、数字の管理。

対してシステム手帳はいわゆる「辞書」的な使い方をしています。

メーカーさんと打合せをしたら、その日の内容や決定事項などを記録。必要な時にはそのデータをすぐに取り出せるようにしておきます。

他にも税理士さんと打ち合わせをしたら、経理上の処理や給料計算などを書いておきます。

1a.JPG

書いている内容は、手帳と合わせて紫で統一しています。

今はオリジナルの「山野草」がお気に入り。色を統一していると紙面を見ていても何となくすっきりします。(自己満足)

4.5.JPG

最近、「インデックスを同じ場所に付けてしまって失敗したよ」と某先生がおっしゃっていて、私はそれがスッキリしていていいな!と思ったので真似してみました。

たくさんでもないので、何となく順番を覚えていることもあって意外とサッと辿りつけます。

インデックスは事務用でおなじみのコクヨの青のインデックスですが、通常の付け方だと事務用感が出てしまいます。

この束付け(?)だと、スッキリして見た目も気になりません。色のイメージは事務的な青ですが、手帳の色と合っていて気に入っています。

RIMG5457.JPG

万年筆は、手帳のために細くしてもらったプラチナのセルロイド石垣と、ペリカンM300、カステルギロシェのバイオレットを専用にしています。それと消せるボールペン三菱REのバイオレット0.38mmを一緒に使っています。これにカスタムグリップを付けたら、バランスが変わってグッと書きやすくなります。愛用度が変わりますね。

手帳はやっぱり0.38~0.4mmが使いやすくて、愛用中の筆文葉の方眼リフィルにもしっかり書き込めます。記録は万年筆、走り書きメモは消せるボールペン、でしょうか?

そしてここに追加したいと思っているのが、マイクロ5穴のシステム手帳。

プライベート用に小さいサイズのダイアリーを持ち歩いていますが、それをマイクロ5穴にしてみようかと。見えるのか!?書けるのか?!と、年齢的な視力の不安もありますが、あのサイズ感がどうしても使ってみたい。

11月末には一部マイクロ5穴とリフィルが入荷する予定なので、密かに楽しみにしています。

手帳はライフスタイルの数だけ使い方があります。自分の生活をより楽しくしてくれるものですね!

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/359

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年11月13日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来年使う手帳とペン」です。

次のブログ記事は「来年使う手帳とペン~スタッフMの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。