好きなテレビシリーズ~スタッフではないSトーの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

どうも。

人間世界のピラミッドの頂点に立ちたいSとーです。

 好きなテレビシリーズは以下です。

 1)妖怪人間ベム

妖怪.png

Y氏と被りますが、妖怪人間ベムは面白かったです。このシリーズの脚本は深い内容でした。

一見悪人にしか見えないベムやベラ、一見付き合ったらいけない子供ナンバー1に見えるベロが、実は正義のために影で戦っているこのシリーズは、人は見た目でないことを教えてくれます。

未だに覚えているストーリーで、刑務所からの脱走者が途中で吸血鬼の親子に襲われ、ベムたちに助けられます。最後にその囚人は自分よりベム達の方が人間だと言い残して、刑務所に戻っていきます。

またこのアニメには、悪人が神を見れば、きっとその悪人には神は悪魔のように見えるだろうというような哲学的な思想を感じます。

 2)マジンガーZ(by 3XL)

 マジンガー.jpg

内容はあまり覚えていないのですが敵が新宿2丁目だったという点で時代を先取りしていたことと、ロケットパンチが便利だということだけは覚えています。

この絵は日常生活で離れているものを取る時にロケットパンチを使っていたため、メタボになったZです。

 

3)刑事コロンボシリーズ

コロンボ.jpg

コロンボのしつこさ、「後もう一つだけ」は見習うべきだと思います。

しつこい人は嫌われるかもしれませんが、しつこい人は結果も出します。  

 

4)ルパン3世1stシリーズ(および宮崎駿氏が手がけたシリーズ2と3の最終回)

最初のシリーズが好きなのは単に不二子ちゃんが一番セクシーだからです。

シリーズ2と3の最終回は宮崎駿氏が監修しており、話のクオリティーがぐっと上がり、カリオストロの城につながる話もあります。

ちなみに同世代のイタリア人はこのシリーズをよく知っています。 

 

ルパン.jpg

 5)ワンピース

この漫画シリーズの内容は、現実世界の圧政されてきた歴史をよく反映していると思います。

 なので世界中で多くの人々に共感されるのがわかる気がします。

ワンピース2.jpg

 

  6)アライグマ・ラスカル

ラスカル.jpg

 これはラスカルがいかにして隣の畑の作物を盗むか、またスターリング一家が、いかに自分たちを正義とし、被害者であるサーマンを社会的悪として追い込み、村社会から排除するとかという大人の話です。(あくまでもSトー氏個人的な見解です)

ところで私はこの原作を読んだことがあります。

書いた人はこの話に出てくるスターリングです。これは彼の実体験で、スターリングはその後、動物学者となります。やはりこの世はキャリアです。

 7)バビル2世

(以下創作)

これは、指の先から微電流を出し、マッチ1本だけ動かせる超能力女スタッフM2世の物語です。

スタッフM2世にはロプロス(鳥)、ポセイドン(巨大なロボット)、ロデム(黒豹)の3つのしもべがおりますが、ロプロスに指示を出しても、ロプロスは人から命令されるのが嫌で無視され、ポセインドは海に行かず、ロデムは変身しません。

ちなみにスタッフM2世はdellのコンピューターに囲まれたアスクルで注文した厚さ2センチほどの仕切り壁のある「バビルの塔」に普段はおります。 

バビル.jpg

 

 8)進撃の巨人

 巨人.jpg

 これは漫画とアニメがあり、両方見ていますが、アニメの展開が神レベルです。

ちなみに上の絵は調査兵団にいたスタッフKとスタッフMが実は敵の店の回し者で、女型の巨人と超大型巨人に変身したので、それに対するスタッフではないSトーは他人のお店を守るため、巨人化するていで服を脱ぎ、(近所のねこ様の御協力もあり)、白旗振ってなんとか許してもらおうとしている場面です。

  9)デビルマン

これも漫画とアニメの両方を見ました。漫画のデビルマンはリアル悪魔で下半身は獣でもふもふで、尻尾もありますが、痩せマッチョのモテモテ体型です。

アニメでは正義のヒーローらしいパンツを履いておりややがっしり体型です。

漫画の方は残酷な描写が多くあります。

この漫画でデビルマンを創作した永井豪氏が言いたいことは、かなり深いことだと思います。

それは人の中に悪魔が住んでいるということで(例えばSトーの中には、夜中に2時にケーキ1ホールを食べるという悪魔が住んでおりますが)、しかし、それは理性によりコントロールが可能であり(例えばさすがに夜中の2時にケーキ1ホールを食すのはまずいと思い、豚骨ラーメンに変更するSトーの理性)、人か悪魔かは、見た目ではない(つまりSトーがデブかどうかは他人ではなく自分で決める)ということです。

* 以下は向かって右から漫画のデビルマン → アニメの正義の味方のデビルマン →  実写化したデビルマンです。 

 デビル.jpg

 ルーブル.pngおしまい

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://writinglab.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/365

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、旅の扉 writing lab blog 管理人が2018年12月25日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「好きなテレビシリーズ~スタッフMの場合~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。