スタッフMのブログの最近のブログ記事

システム手帳の使いこなし~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

システム手帳を使い始めてからしばらく経ちますが、その便利さに助けられることは多くあります。

僕は何かものを書くと言う時にうまくまとめることが出来無い人間で、学生時代のノートなどは唯々情報を詰め込んでいるだけのものでした。

おつむのよろしい友人にノートを見せた際に「KASU NOTE」と呼ばれたのは良い思い出で、今でもあのときの自分と友人の爆笑が蘇ってきます。

そのためか成績は良くなく、親の頭痛の種となっておりました。

しかし書くと言うことは何も学問のみに許される行為ではなく、予定を書く手帳として使ったり、趣味の事について記録したりと自由なものです。

僕の場合は大抵が後者であります。

P1010022 (2).jpg

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、僕は香りの芸道である香道をやっております。

その香道では「沈香(ぢんこう、単に香と表記することも有る)」という香木の香りを鑑賞し、この香はこんな香りだなぁ等と思索します。

しかし香りという物は大変記憶しにくいもので、鑑賞し終えたあとに思い出そうとしても中々浮かんできません。

そこで写真の様に、なるべく香りの記憶が確かなうちに「書いて」記録していきます。

僕は最近、筆文葉リフィルの水玉罫を使用します。

一番上の水玉の中にお香の名前を書き、その下に感じた事をどんどんと書き込んでゆきます。

一玉ごとの間隔は20秒ほどあけて鑑賞していますので後から見返した時、時間の経過によって変わる香の香りがよく解ります。

大変便利!

システム手帳と出会う以前は試筆紙やノートに記録していました。

しかし生来のズボラさが災いとなり試筆紙の記録はいつの間にか散逸し手元に残らず、ノートの記録は書き損じた瞬間にやる気が売り切れてしまい続かなくなります。そのためノートが増える増える・・・

それがシステム手帳を使えば、まとめることも気に入らない頁を抜き取ることも思いのまま!と言うことで大変重宝するわけです。

そしてこうした記録はお店の会においても役に立ちます。

P1010025 (2).jpg

香道の世界には香りでお香を当てる「組香(くみこう)」という遊びがあります。

季節の草花木果や風景風物詩、文学や寺社仏閣に至るまで実に様々な分野に取材し数多くの組香が生み出されてきました。

写真の「鶯香」とは組香の一種で春の風物詩である鶯を題材に考案された組香であり、今月の会で実際に行ったものであります。

3種類のお香を用意し、それぞれに「早咲梅」「遅咲梅」「鶯」と名前を附け、香りでそれらを当てるというルールです。

その3種のお香を用意(香を組むという)する際に先程の水玉リフィルで記録した事が活きてきます。

お香を組む際に気をつけたいことは、

①季節にあっているか

②香りの違いが明確か

③香りの濃度は一定か

と言うことなどですね。まぁ①はあんまり気にしていn...

水玉リフィルは一言ほどしか書くスペースがないため、書く際に言葉をよく吟味しますし、香りの感想の大抵はキーワードのような短い物なので十分事足りるのです。

そして見返す際にもパッと見やすくまとまっているのでわかりやすい!

そんな水玉リフィルと無罫リフィルを組み合わせれば、香組みも捗ると言うわけです。

皆様も是非お試しあれ!(誰もせん

 

 

私のリフレッシュ法~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!スタッフMです。
リフレッシュするほど疲れているのか!?と言われそうな気がしますが、それなりにストレスは感じております、はい。

僕は昔からあまりオツムが良くない人間ですので、甘い物を食べると頭が良く働くだろうと思い甘い物を好んで食べて来ました。
高校生の頃などはテスト期間中、学校に羊羹を一本持って行き丸かじりしていたりで仲の良かった先生から心配された事がありました、主に病気的な意味で。

それがいつ頃からかただ単に甘い物好きになり、今ではチョコレートのかかったオールドファッションドーナツを嫁と思っているくらいです。
ただ四六時中食べているわけではなく、例えば一仕事終えた後に食べたり少し間を空けて食べたりしています。
 
P1010019[1].jpg

それが結果として僕のリフレッシュ法となっている様で、先ほど述べた一仕事終えた後のオールドファッションなどはそれはそれは美味しいご馳走の様に感じます(仕事にストレスを感じている訳ではない)。
日々たまるストレスを解消する方法としては、
 
ストレスを抱える⇒仕事をする⇒甘い物を食べる!
 
と、間に「仕事をする」を入れる事が重要ですね。
よって仕事と甘いものがあればストレスなど恐るるに足らず、なのです。
と言っても、これだけでは早晩糖尿病になってしまいそうなので、ある程度控えなくてはなりません。
その控えると言う事がまたストレスとなる訳です。
 
ここで僕は自分が香道家である事を思い出します。
(自分で香道家を名乗るのはちと恥ずかしいですね。)
香道の世界には、お香と触れ合う事で得られる10の徳「香十徳」と言う教えがあり、その中に「清浄心身(心身を清浄にす)」「能除汚穢(よく汚穢を除く)」という二つの徳があります。
これは心に溜まる澱、ストレスや疲れを癒してくれますよ〜と言う意味です。
その教えは身をもって体感しており、お香を聞いた翌日は実にすっきりと目覚める事ができます。
アロマテラピーの考えに通じるものがありますね。
甘い物と良い香りが世の中に満ちていたならば、誰もストレスなど感じる事なく生活を送れるのでは?
・・・と思うスタッフMでした。
 
P1010021[1].jpg

「今年使いたい万年筆〜スタッフMの場合〜」

| コメント(0) | トラックバック(0)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

「今年使いたい万年筆」はいっぱいあります。
と言うのも、僕はこのお店で働くまで二本の万年筆だけで生きてきましたので、知らない物が沢山あるのです。
知らない万年筆=使ってみたい万年筆、と言う事です。
甲乙つけがたいところですが、今一番使いたい万年筆はこちらです!

DSC04724_edited.jpg

ファーバーカステル クラシックコレクション グラナディラ
まず一言、かっこいい。
前々から使ってみたいと思っている万年筆の一つで、とても洗練された大人の風格みたいなものが漂っている様に思います。
憧れでしょうか、何故かずっと惹かれ続けております。
そんな悶々とした日々を過ごしておりましたおり、システム手帳を持つ様になり使いたい気持ちがさらに高まって来ました。
写真のシステム手帳にはペンホルダーが付いているのですが、その口径?がこの万年筆にぴったりなのです。
ここからさっとグラナディラを抜き、おもむろに手帳を開き、書く。
想像するだけでとてもワクワクしてきます。
万年筆には実用的な魅力と書くことのモチベーションを高める魅力があると思っていますが、僕にとってこのグラナディラにはその両方が備わっているのです。
是非とも細字のグラナディラで手帳を埋めていきたいものです。
さぁさぁ使いたい気持ちが高まって参りましたよ。

振り返ってみると、今まで手に入れた万年筆は青や緑の色をした華やかなデザインのもので、グラナディラの様なシックでありながら微かにエレガントさを感じさせる万年筆に魅力を感じたのは初めてかも知れません。
単純に好みが変わったとかそう言う話しでは無く、今でも美しい万年筆を見ると手に入れたい気持ちは湧いてきます。
ただ、万年筆は書くための道具ですので、使うシーンを考えねばなりません。
今はシステム手帳とグラナディラを合わせて使いたいですが、そのほかの場面でも沢山活躍する未来が想像出来ます。
この万年筆とともに歳を重ねていく未来を想像した時、おそらくどのタイミングでも飽きを感じていないし使う時の特別な気持ちも揺らぐ事はなさそうです。
どうやらこの気持ち、本物の様です。

手帳と、それに合わせるペンの話

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!スタッフMです。
今月もよろしくお付き合いください。

 

僕は現在4冊の手帳を使っています。

P1010006 (2).jpg

それぞれに重要な役割があり、今ではどれも欠かす事が出来ないものとなっています。
まず一つ目がサマーオイルメモノート。
 
P1010007 (2).jpg
 
手のひらサイズのこのメモノートはジャケットの内ポケットに忍ばせておくと大変心強い存在です。 
カバンを持たずにちょっと何処かへ出かけた時などに、頭に浮かんだアイデアを書いたり新たな発見をつぶさに記録したりなどこのメモノートがあれば大抵事足ります。
そしてそういった状況は何故か大抵立っている時などが多いのです。

そんな時はメモノートの下の方(紐で閉じてない方)を掴んで一振り、そうすると表紙はペロンと開きますのでそのまま書き込みめます。ズボラなんだかスマートなんだか...

左手にノートの準備は出来まして、続いて右手に握られているのはこちら。
パイロットキャップレスフェルモ。

このペンでしたら片手で筆記できる状態にできますので、メモノートとコンビを組ませれば怖いもの無しなのです。

このコンビは主に情報収集の役割を担っております。
お次は正方形ダイアリー。
 
P1010010 (2).jpg
 
僕はフリーデイリーダイアリーを使っています。
1ページが大まかに4つに分けられており、その日やるべき事ややった事などタスク欄に記入し、その日起きた出来事などをメモ欄に記録します。
上手に使いこなせば次の日にやるべき事がより明確に理解できますし、ばーーっと振り返って読む時にもタスク欄に注目していれば必要な情報が素早く検索する事が可能です、上手に使えば...頑張ります!
このノートは日誌のような役割を持っていて、できるだけ感情を挟まず行った事起こった事を淡々と記録していく様に心掛けています。
また、決まったペンの組み合わせが無く、その時の気分やペンの使用頻度のバランスを保つ役割も担っています。
そして働きながら得た情報や万年筆について学んだ事などを記録し保管するシステム手帳。
 
P1010017 (2).jpg
 
システム手帳の強さと言えば何と言ってもページを自由に動かす事が出来る事でしょう。

万年筆について書いたものはメーカー別に分類し整頓します。

書き直したいページがあれば取り出し新たに書いたものを挟むという作業を繰り返し自分なりのデータバンクを作り上げます。
このシステム手帳は家に置いており、リフィルに書いた後に挟むと言う使い方をしておりますので決まったペンの組み合わせがまたもありません。
さらにもう一冊。
 
P1010018 (2).jpg
 
スケジュール管理や議事録、色んなデータを持ち運ぶためのシステム手帳。

最近は中身の整理を怠っており少々混沌としております。

このシステム手帳にはペンホルダーがあり、いつもそこにエバーシャープの万年筆を挿し持ち歩いております。
このペンは何処を探しても情報がないので詳細は不明ですが、コンパクトなサイズ感と細めの字幅がシステム手帳に合っており重宝しております。

書くものと書かれるものの組み合わせはつい最近までほとんど意識した事がありませんでしたが、この様に意識して使い込んでいくとそれなりに使えるものですね。

スポーツ~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

A490198b_2.jpgこんにちは!なで肩のスタッフMです。

ちっちゃな頃からなで肩で、12でコケシと呼ばれたよ。

とっくりみたいになだらかで、掛けたカバンは、みな落ちた。

解ってくれとは言わないが、以上の様なことがあったのでなで肩がコンプレックスでした。

 

母は幼少期の僕の後姿から将来なで肩になると予測していたのか、5歳の頃からスイミングスクールに通わせてくれました。

水泳を続けておりますと自然と肩幅が広くなりますので、それを狙っていたのかもしれません。

小学生の間は選手育成コースと言った本格的なコースには行かず(行けず)、基本的な泳ぎの型をみっちり体にたたき込んでおりましたので、さほど体型に変化はありませんでした。

中学生になり、選んだ部活は勿論水泳部でした。

スポーツ、特に球技全般は非常に苦手でしたので、早々に地表でのスポーツを選択肢から除外したわけです。

水泳部のシーズンは早い時は5月から始まり遅い時は10月中旬頃に終わりを迎えます。よってシーズンの始めと終わりは大変寒い思いをするのです。シーズンオフの間はランニングや筋トレに専念し、来シーズンを待ちわびます。

 

そんな部活生活を送っておりますと徐々に筋肉量は増し、肩幅も広がり、コケシやマッチ棒と言った悪意あるあだ名で呼ばれることは無くなりました。でもめでたしめでたし・・・とはなりません。

確かにそれまでよりはマシな体型にはなったものの、なで肩は依然としてなで肩のままで、むしろなで肩のまま肩幅が広がったためなで肩レベルが上がるだけといった結果に終わりました、僕の青春。

よってなで肩に悩む方に言います。水泳でなで肩は改善されません、はい。

もちろん僕の水泳生活は、何も心のダメージを増やすためだけにあったわけじゃありません。同級生や先輩後輩先生などの豊かな人間関係の構築や、試合や大会に出て練習成果を発揮したりなど、様々な経験を積むいい時間でありました。

 

ところで皆さんは水泳の試合とはどんなものかご存知でしょうか?

オリンピックや水泳大会テレビなどをご覧になられた方なら想像しやすいかと思います。

しかし、見る側と泳ぐ側とでは当然ながら感じるものが全然違います。僕はもっぱらフリー(クロールが一般的だがどの泳法でも良い)の50Mや100Mなどに出場しておりました。

大会の大きさにもよりますが、この種目は人気が高いのかエントリーする人数が結構多いのです。

しかしプールのコースは多くてせいぜい10コースといったところ。250名の選手が一気に泳ぐわけにはいかないので、あらかじめ自分の出せるタイムを算出し、それと一緒にエントリーします。そうして集まったエントリーを、タイムの遅い者から順に8名ずつ選出し組を作っていきます。

コースの振り分けは組の中でエントリータイムが速い者ほどプール中央寄りに設定されるので、競技終盤に差し掛かるとプールの中は大抵綺麗な3角形型に選手が並ぶことになります。そして組ごとにどんどん泳いでいき、タイムを競い合うのです。

僕はエントリータイムをあえて遅めに設定しエントリーをしておりました。理由はビリになるのが嫌だったからという大変不純なもの。お陰で自分の泳ぐ組の中で最下位になったことはなく、上位にランクインし悦に浸っておりました。

 

そして高校3年生最後の試合、すなわち人生最後の試合も変わらず少し遅めのタイムでエントリーし試合に臨みました。

飛込み台に上がり念のためゴーグルをぐっと押さえて精神統一。この瞬間の緊張感は今でも鮮明に思い出します。

審判がレーザーピストル(光と音だけが出る物)を頭上に掲げる頃などは神経が極限まで研ぎ澄まされ、時間の経過する感覚がやや遅く感じるほど。・・・というかこの試合は遅すぎました。

審判の「用意」の号令でぐっと体に力を入れ飛び込みに備え、ピストルの音とともに解放。

人生最後の泳ぎは本当にあっという間でした。

タッチパネル(圧力を感知し選手のゴールを記録するパネル)に13年分の思いを叩きつけ、プールから上がりました。すると審判団からナレーションが。

 

「ただいま、4コースを泳ぎました森脇直樹選手はフォルススタートのため失格となります」

 

人生最後の試合を失格で締める。原因は、審判の「用意」の号令からピストル音までの間がかつてないほど長かったため、体が少し揺れてしまったからでした。

プールサイドから応援してくれていた仲間たちからメガホン越しに「直樹〜〜〜!!オメデト〜〜〜!!」と爆笑され、水泳人生に幕を下ろしたスタッフMでした。

 image.bmp

懐かしの文房具~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

懐かしの文房具・・・と申しましても、諸先輩方と比べると懐かしいには程遠いような気がしますが(バカにはしていない)、ひとつだけ語ることが出来るものがあります。

それがこちらのペンケースです。
 
森脇画像1.jpg
 
随分汚れてしまっていてお恥ずかしい限り。
このペンケースは僕が5歳の時に母が買い与えてくれたもので、その時はもっと鮮やかで綺麗な水色をしており、青色好きの僕にとってはとても好みのペンケースでした。
このペンケースには名前があり、その名も「Whose Foods?」
これでもかと言う程に様々な食べ物のイラストが描かれており、そこも僕のツボを突いておりますますお気に入りになっていったのでした。
さすが母。
皆様に取ってもお馴染みのイラストが多いのではないでしょうか?
が、しかしよーくご覧ください。
 
森脇画像3.jpg
 
そう、微妙に違うのです。本物と。
これに気がつくのに2年の歳月のも歳月を要しました。
気が付いてからというもの、このペンケースに対する愛着が増しに増し、高校2年まで使い続けておりました。
ちなみにこのペンケースにくっついている謎の球体。
この違和感の塊のような存在はポマンダーと申しまして、中にセラミックの玉が入っており、それに香水などをつけておくとお気に入りの香りを持ち歩くことが出来ると言う優れ物です。
香の道に出会う以前はこんな感じで香りを楽しんでおりました。
さて、これだけで終わるとパンチが弱いのでもう一つご紹介いたします。
 
森脇画像5.jpg
 
約40年前のコクヨのレポート用紙です。
母の荷物を整理していた時に発見(まだ存命)。
いろいろなフォントで書かれたアルファベットがいいデザインだなぁと思います。
僕はもちろん使ってはおりませんが、何故だかとても懐かしいものに触れた気がします。
40年の歳月を経て身につけた黄ばみがいい味を出していますね。
気になる中身がこちら。
 
森脇画像2.jpg
 
どうやら母は勉強熱心だったようです。
ブルーブラックで書かれた難しい熟語とその意味は今なお色褪せることなくしっかりと残っており、母が万年筆を使っていた大切な思い出の品として僕の手に渡って来てくれました。
母を見習い、頑張っていきたいと思ったスタッフMでした。

今使っているノート~スタッフMの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

 私は今までノートをきちんと使い切った事がほとんどありません。学生の頃はもっぱらルーズリーフを使っており、講義内容など片っ端から書き殴ってはバインダーにまとめ、かろうじてノートの形を保っていました。

今から考えると、当時の僕はほとんど何も考えずただただテスト前に困ら無いようにする程度にしか思っておりませんでしたので、ノートの大切さを何も解っておりませんでした。その為、授業の理解度は低く、学期末に実家に送られてくる成績表に怯えておりました。

 ある時、僕は自分自身に驚きます。ノートと言う物の使い方が本当に解らなかったのです。何を言っているんだと思われるかもしれませんが、その通りなのです。

ルーズリーフはバインダーの中で自由に並べ替える事が出来るため、あんまり考えて書かなくてもそれなりに形となっておりましたが、ノートの場合はそうもいかないのである程度頭の中で整頓してから書かなくてはいけません。ずっとルーズリーフばかり使っておりましたので、ノートに書くという行為が非常にハードルの高い物のように感じられて避けていました。なので今月のテーマは僕にとっては非常に難しく、卒論に臨むような心境で書いております(嘘です)。しかし幸いにもこのお店で働き出してからは書くことがより日常的な事となり、徐々にですがノートとの付き合い方が解ってきました。

 RIMG5440.JPG今一番使っているノートは神戸派計画の「iiro(イーロ)」です。

カラーバリエーションが多く、自分好みの色の表紙と罫線が選べるため、モチベーションが上がります。コンパクトなサイズ感ですのでカバンの中で邪魔になりません。

そして180度開くその綴じ方は丈夫で、折り返して使うことも可能なのです。ですので僕はこのノートをメモのように使うことが多いです。気付いたこと、教わった事などをその時すぐに書き込むように心がけております。書きたいと思うタイミングに限って席から立って何か用事をしていることなどもしばしばありますが、コンパクトに折り返せますので立っていても書きやすい。ジョッターやメモを使う感覚に近い物がありますが、綴じられているので書き込んだ情報が散逸することがありません。

 とは言え、この使い方では学生のころとそう変わりません。なのでこのノートは一時的に情報をまとめておくための物として位置づけ、ある程度溜まったらシステム手帳にまとめていきます。ノートの方は本当にメモのように使っておりますので、後から見返すと古文書の様な難解な良い物と成り果てています。ですから清書と整理の意味もかねてシステム手帳へ綴じています。ずいぶん乱暴なノートの使い方をしており、ノートには申し訳なく思うけれど、とても楽しい作業です。

僕の使い方は決して正解とは思えませんが、それなりに良い付き合いが出来ているかと思っております。これからもめげずに書き続けいろいろなノートを試していきたいと思います。RIMG5442.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスタッフMのブログカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスタッフKのブログです。

次のカテゴリは店主Yのブログです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。