S等氏のブログの最近のブログ記事

私の年越し~Sの場合~(妄想シリーズ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんで年越しソバはこんなにうまいんだろう。
よく考えたら普通のそばなのに。なんかあかんやつ入っている? そば協会の陰謀?
そんなことを考えながら、年越しについて何を書こうか考えたが全く何も出てこない。
そしてよくよく考えたらいつも年越しはなぜか東京にいることに気づいた(Sトーは関西在住である)
そこで私の場合は、年越しのいつもの風景は新幹線からの車窓であった。
年末年始の新幹線は意外と空いている。
そして毎年、何度も新幹線に乗るにつれ、その風景にも慣れてきて、だいたいどの辺を走っているのかわかるようになった。
大阪から東京に行く場合、左側には巨大な箱舟型の太陽光発電施設が見える。
(巨大な箱舟型の太陽光発電施設)

2017年12月16日11時27分32秒.pdf000.tifそれはかつてゴモラ(ウルトラマンシリーズ参照)の頭についていたものを再利用したものである。
さらにしばらく経つと御嶽山がチラッと見える。

私はかつてその山を登山したことがあるが、これは単なる自慢である。
さらに浜名湖が見えてくる。その度ごとに浜名湖で食ったうなぎの味が蘇り、その記憶だけでご飯がすすむ。
さらにしばらくすると、今度は、運が良ければ富士山が見える。その度ごとにこれまたよくあんな高いところに登ったなあ~と思う。
右側の座席に座っている場合、まず関ヶ原と伊吹山が見える。
Sトーの前世の記憶には、伊吹山付近の関ヶ原の合戦での戦いの記憶はなく、走馬灯のように見えるのは、なぜかひこにゃんの顔である。

2017年12月16日11時27分55秒.pdf000.tifその後、時々ちらっと太平洋が見え、やがて山間の間から見える熱海が見える。
熱海については東京に住んでいた頃、年末に車で熱海までドライブして、港でちょうど釣り上げられたカジキマグロを食った記憶がある。
そのうち、車窓から小高い場所にある見慣れた横浜の住宅街が見えてきて、だいたいそこから15分くらいで品川駅に着く。
品川駅は近代的されており便利だが、東京駅やその付近は古い建物がいまだにあり、昔の東京を思い起こす。
Sトーは東京の昔の風情が好きで、また東京駅に近い有楽町近辺でも「なんとか会館」とか得体の知れないビルの地下に集まる、これまた得体の知れない多くのお店(サンゴを売っていたり、印鑑売っていたり、なぜか怪しいお店)を見て回ったりする。

ところで年越しは山手線などはほとんど24時間営業となる。

初詣なので当たり前だけど、これだけ大都会なので普段からそうなれば良いと密かに思っている。


これがここ数年続いている年越し風景である。

来年への準備〜Sトー氏の場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

物事はなんでも準備80%、実行20%でうまくいくということが私の経験です。

仕事でも準備で、成果が決まります。
時にはなんでそこまでするのと他の人に言われたこともありますが、成果が欲しいならこの比率は鉄則でした。
プレゼン、営業、企画会議、全てに通じるこの鉄則を今年も適用し、来年に活かしたいと思います。

そこで来年の準備は以下のようになると思います。

 1・運動

2017年11月26日18時07分55秒.pdf000.tif2・読書2017年11月26日18時08分31秒.pdf001.tif

 

3・出家2017年11月26日18時07分55秒.pdf004.tif

私の健康法~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の健康法は、好きなものを食べて、あまり健康に気を遣わないというものです。海外のある有名な投資家は、ずっと好きなコーラとハンバーガーを食べています。

みなさんの周囲にもやたら健康な人がいると思います。

彼らにどのような健康法をしているか確認するときっと彼らは「へえ?」って顔をすると思います。

健康な人はそもそも健康法を知る必要はなく、むしろ健康法って何か考え始めたり、自分はなぜ健康なのだろうと考え始めるときっと病気になると思います。

食べたい物を食べ、ずっと仕事をしていれば、それがきっと健康法です。

 

また仕事を辞めると急に人は老け込みます。

だから仕事もまた健康法の一つだと思います。

私のこの意見は全く医学的ではないですが、医学的な見解が常に事実だとは限らないでしょう。

ぼけない人もやはり、日頃から頭を使っています。

よって知的好奇心を追求するのはやはり健康法だと思います。

 

それらが前提ですが、ただ私は家族に対して健康管理をしており、その中で効果的なものがいくつかあります。

その背景にあるのは「基本体温を上げる」です。

まずは部屋の中で、ラジウム226鉱石を煮ます。その水蒸気はラドンガスになり部屋に充満します。

それが体内の細胞を活性化させるみたいで、結構気持ちが良いです。

 

それをお風呂に入れるとかなり身体が温まります。

しかし要注意なのは、かなり疲れるという事です。ですので、週に1度くらいが最適だと思います。

ベットの下にもこの鉱石を利用したマットを敷いてます。それにより、家族は本当に基礎体温が上がりました。

また女性の人は鉄分を摂取するために南部鉄器を使用すると良いみたいです。

我が家ではずっと使っています。ちなみにご飯はかなり美味しく炊けます。

また女性は便秘気味になりますが、甘酒はその解決策になります。これらは予防医学で推奨されている方法です。

それ以外は大したことはしていません。

わたしは食べたい時に食べるので、夜中に平気で「赤いきつね」を食べます。

これを書いている今は夜中の2時ですが、さっきバームクーヘンを全部丸ごと食べてしまいました。

 でも大丈夫です。

ダイエットに関しても効果的なものがあります。

それは温泉に行き、温泉にお腹くらいまで浸かり、限界がきたら、すぐに水風呂に足やお腹までゆっくりと入ります。

それをくり返す事で、かなり体重が減ることを見つけたからです。(編集者注:S等氏個人の見解です)

全部つからないのは心臓の負担を考慮しているからです。

*サウナではなく温泉であることが鍵です。

 

おしまい。

 

「うちの車」~ 通りかかりのSトーの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

Sトーの今の車といえば、民営の○○バスである。
東京に行くときはJR新幹線が自家用車となる。
そもそも、そのSトーが一番最初に所有した車はサフラン色の淡い黄色の古いワーゲンビートルだった。
当時Sトーはこの非力な車で追い越し車線を独占し、遥かに馬力のある他の車から煽りを受けた。
しかしSトーを煽ってくる大抵の輩の助手席には美人が乗っており、それ故にSトーは絶対に道を開けなかった。そう昔からリア充は嫌いなのである。

S車1.jpg

やがてこの性格は、後に語られるSトー黒歴史の一つ「Sトーレーシングカーに乗る」事件に発展するが、それは今月のお題ではないのでやめておく。

先週のK保と違って「性格的に何となく運転に向いてないと思うに至り、それ以来立派なペーパードライバー」という考えは一度も持ったことはない。Sトーは基本的に車の運転が好きなのである。
むしろ「俺が運転する」と言い張り、自分の持っている全ての権利を行使するタイプである。
そして、Sトーが運転すると助手席に乗っている大抵の大人は悲鳴を上げた。

一番最初に悲鳴を上げたのは、教習所の教官だった。その次は家族、上司、などなど、きりがない。
当時は飛ばしに飛ばし、良く死ななかったなと思うSトーであるが、死ななかったのは決して運転が上手かったからではない。単に運が良かっただけである。その結果、多くの無茶をやったがゴールド免許だった。

ところで、ずっと東京で運転していると、そのうち都会の乗り方が分かってきた。
すると助手席の大人達は悲鳴を上げなくなり、「車線変更の神」と呼ばれるくらい、スムーズに運転できるようになっていた。
レーシングカーと一般車の乗り方が全く違う事に気づいたのも、この頃だった。
それ以降は、安全運転も面白いと思えるようになった。

今日、Sトーの住む街の○○バスでは、とても運転に気を使っている。
なぜなら、その街には超クレイマーがいるからである。そうSトーである。

「あの運転手はトラックの運転のようにバスを運転している!」「ブレーキをあてにして止まるな!」「加速が急すぎる!」「シフトダウンで減速しろ!」「加速はもっと自然に!」

このような事が、過去数年、彼らの営業所の所長に寄せられた。彼はSトーの家に来た事もある。 
今ではSトーが○○バスに乗ると運転手は身が引き締まる。(最もこの数年でもの凄く良くなったのでクレームしていない)

今、Sトーが目を付けているのは市営のバスだが、残念な事に市バスにはあまり乗る機会がない。
しかし、たまに乗ると彼らの運転には、もの凄くツッコミどころが多い。
Sトー鬼コーチにとってはやりがいがある。

S車2.jpg

もっとも、こんなことを言っているSトー、実は大型免許は持っていないし、普通免許も失効している。

 

 

 

夏祭りについて~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本編
たいてい子供の頃は、寝ていると夜中に遠くからどんどんヒャララ~ピ~ヒャララ~って感じの音が聞こえてくる。
そうすると昼間のノルマである「食べる、食う、食す、遊ぶ、遊戯に参加する、楽しむ」等の日課を終えた疲れた私は起き上がり、そのまま、音のする方向へ無意識に、時に通りすがりの台所にあった夕食の残りを食べながら、表通りに出て、音のする方へ向かう。
外は大抵夕方か夜である。
浴衣を着た多くの家族やカップル、暴走族に警察官、テキ屋、子供たち、燐の学校にいる敵対している奴ら、隣の家の犬(これは私が勝手に連れてきている)、などが一斉に夜中の公園に向かっている。
夜の公園には、神が、イカ、たこ焼き、焼きそば、チャーハン、コーラ、ラムネ、かき氷、何かの肉の串刺し(多分さっきすれ違った子供たちの肉であろう)、綿菓子、焼きリンゴに姿を変えて降臨している。
また、2サークル目のイカ焼きの際に奥にお好み焼きに変身している神がいる事に気づき、それも捕まえありがたく頂く。
全ての神を平らげた私は、何事もなかったかのように、又多くの人が残っている公園を後にし、ヨロヨロと家に帰る。
背後からは空一面に花は咲き、どんどんと大砲の音が聞こえる。
そして、寝る。

海外編
海外には何とも奇妙な習慣が存在する。それはサマーカーニバルと呼ばれる。

DSC_0003.jpgそれは日本と違い、朝から開催される。
その日は朝からうるさい。寝ていると通りから美味しそうなにおいが窓から入ってくる。
そして私はうつらうつらに起きだし、私の体は表に向かう。

←この辺を私は朝食をもぐもぐしながらうろつく。

 

 

 

 

バザー.jpg朝の通りの歩いていくとやがて港に着く。
そこでは、様々な人たちが、様々な商品を売ったりしている。
周囲は甘いお菓子のにおいが立ちこめて、そこでの私の行動は上の日本編で書かれている事と同じであった。
海外の神たち(お菓子)を十分平らげた私はさっきから多くの人が向かっている港に行く。

そこでは多くの船が一斉にレースをしている。

 

 

 

3席の船.jpgおそらく勝者は軍艦か潜水艦であろう。
なぜなら彼らには武器があり、民間の船にはそれがない。
そうやって多くの民間船はこの港の底深くに撃沈されていった。

 

 

 

 

 

chruch 2 .jpgやがて夕方となる。

渡航上の注意として日本の外務省も公表しているが、日本と違い海外では夕方から吸血鬼が出る。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0018.jpg←これは知り合いの吸血鬼の実家。私の知りあいはここで両親とおばあちゃんと一緒に住んでいる。普段は観光名所の教会

 

 

 

 

 

 

教会.jpg←ところで、それ故にみんな早く家に帰るが、帰れなくなった人には教会というシェ
ルターが準備されている。

 

 

 

 

 

 

しかしよく考えると、知り合いの吸血鬼も教会に住んでおり、果たして教会が避難所として機能するのは疑問である。
知り合いの吸血鬼にその辺を聞いてみたところ、そういう「てい」なのでって言われた。

おしまい(若干だけフィクションあり)。

 

旅について~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月のテーマは旅です。

 Sトーの旅シリーズは以下にまとめられております。

 

① ロサンゼルス美術館、恐怖の生首事件編

② オーストラリアの脱出不可能な島、その時、悪魔の叫び声編

③ 北海道巨大熊との遭遇、距離約3メートル編

④ 誰も入らない夏の海水浴場編

⑤ 恐怖映画のシチュエーションそのもの、駅員もいない夜中の駅編

⑥ 行き先は地獄かも、地方の真冬の夜行バス編

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① ロサンゼルス美術館、恐怖の生首事件編 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

機内でゲームざんまいのため徹夜明けの状態で、朝のロサンゼルスの太陽はとても辛かった。

会議は明朝であり、ホテルでゆっくり泊まれることを期待していたSトーは、自分に連れがいることをすっかり忘れていた。

連れは機内でたっぷりと寝ており、Sトーとコンディションは全く逆だった。つまり、やる気満々であった。

翌日から帰国までの予定はずっと会議だったので、唯一のフリーであるロス到着日に美術館に行く事を最初から予定していた。

連れの興味はロサンゼルス美術館だった。特に彼の興味の対象は家具だった。

確かに連れの事務所には誰も使わない変わった椅子や机があった。後で聴いたところ、それらは中国の高級家具らしく、一つが何百万円もするそうだ。そりゃ誰も座らないわと思ったが、基本的に家具はニトリで調達するSトーにはそれらの価値は知る由もない。

そしてロサンゼルス美術館には世界的な家具も多くあった。

ロサンゼルス美術館は一見、東京にあるような 大きなビルである。その大きなビルが二つあり、全部見て回るには、数日かかる。

Sトーたちは5時間くらいしかいられなかったので、早速大急ぎで見て回った。

その日は平日で美術館には人はほとんどいなかった。実際に入り口のガードマン以外は一切見ていない。

ずっと見て回ったが、途中Sトーはさすがに疲れてソファーで休み、連れだけが家具の箇所を見て回っていた。

Sトーの目の前にはフランス王宮で使用されていた大きな鏡があった。天井の高いロサンゼルス美術館でもぎりぎりくらいの大きな鏡であり、その周囲を天使やなにかがいっぱいおり、すごくデコレーションされたもので、見ているとなにやらケーキを腹一杯食べたような気持ちになり胸やけがした。

誰もいない静かなフロアーでふと視線を出口付近に向けると、別の展示物が目に入った。それは人の首だった。

近づいて良く見るとそれは石像の首の部分で、ブッタの生まれたインドの遺跡のものだった。

日本のブッタと違い、ヤンキー面ではなく、普通の青年の顔だった。そうインドのブッタは普通の青年だった。

それが激動の中国で長期政権を作り、日本では一大文明を発展させた人物の素顔だった。

思考が悠久の時を巡っていたその時、誰かが遠くからSトーを呼ぶ声が聞こえたような気がした。しかし周囲には誰もいない。

ふと顔を上げると3階から連れが私を呼んでいた。

そう、もう帰る時間だった。

 

おしまい。

雨~S等氏の場合・恐怖の天候(海外編)~

| コメント(0) | トラックバック(0)

 みなさんこんにちわ。Sトーです。今月は雨の話です。

これは恐怖の雨の話です。

 

恐怖の天候(海外編)

その午後、遠くからどっどっどっどっ、ガンガンガンという音が聞こえてきた。

当時、私はペットの犬をテニスコートに放して遊ばれていた。いや遊んであげていた。

しかし、遠くから響く、低い音は徐々に迫っており、私は少し不安になった。

私のいた場所は、周囲の街や港まで見渡せる小高い丘の上にあった。遠くには行き交う船も見えた。

しかし、その時は周囲の景色は霧状の灰色の何かで隠れており、どうもその灰色の霧の中から低い音は聞こえてきていた。

更に目をこらすと、私と犬以外には周囲に誰もいない事に気づいた。

やがて全く視界を遮るような灰色のカーテンのようなものが徐々にこちらに迫ってきた。

それはみるみる近づいてきており、気がついたら前方100メートルくらいまで来ていた。

その正体は「雹」だった。

直径5センチから10センチくらいの「雹」が一斉に大量に空から降りそそぎ、それが灰白色のカーテンのようになっていた。

その時、この飼犬がテニスコートの鍵を内側から自分で開けて脱走した。

普段からこいつは私の言う事はまず聞かず、自分が気が済むまで外で遊ぶタイプだった。そして気が済んだらいそいそと餌を貰いにいつも小屋に戻ってきていた。

ということでこいつはまた気が済むまで外で遊ぶつもりだった。

つまり、100メートルまで雹の嵐が接近しており、それに見とれていた私の背後で、こっそり鍵を外して反対側に全速力で脱走する犬1ぴきという光景だ。

 

正直あいつの命は諦めようと一瞬思ったが、きっと幽霊になっても、毎晩遊んで〜といって私を睡眠不足にするだろう。

むしろその面倒より、雹が勝つか、私が勝つかの勝負を挑んだ方がまだましだったので、私は「ご飯が出来たよー」と呼ばれたときと同じ速度で、その犬を捕まえに、向かった。

ところで全力で逃げる犬を走って追う飼い主はバカである。

なぜなら、私はそれで犬を捕まえたことが1回もない。

私はいつもやつには心理戦を仕掛ける。

この時は、わざと後ろを向いて徐々に近づき、時々止まって、私はお前に全く興味がないという態度を見せ、やつが安心した途端に首根っこをつかむ作戦に出た。

しかし私はプレッシャーに弱い。

実際にどうやって捕まえたのか実は憶えていない。

結果的には近くのテニス小屋の軒下に犬と逃げ込み、その次には周囲は爆音と共に周囲の視界が全て灰白になったことくらいしか記憶にはない。

もし当たっていたらぼこぼこになっていたと思う。

なお、雹って結構美味しそうな形をしていたのは、本当に余談です。

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の思い出~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます。(今は朝の午後5時です。起きた時間が朝です。)

今月のお題変更につき嘆願しようとし、竹の先に刺した血判書を高く揚げY様のお乗りのお籠に近づこうとする度、側に控える刀持ちのM氏に斬られていたので、投稿は大変遅れました。

今月のテーマは新入獄、いや新入学の話でしたが、そこから話を広げて良いという旨を賜ったのでそうします。

20歳くらいまでは、ほとんど意識のなかった(ボーとしていた)私なので、何やら、花びらのゲートをくぐったとか、春の日差しが暖かいとかそんなことしか記憶にありません。

しかし、入学時、又は新学期に共通しているのは、同じクラスにいるかも知れない美人探しです。

過去の戦績は一人だけ、中学二年の時に若くて美人の先生に当たり、そのまま三年生も先生のご指名で、先生のクラスになりました。(気に入られたのはきっと、先生が家庭訪問しに来た時に乗っていたバイクの空気を抜いたからだと思います。)

しかし、その前後は全て外れで、小学四年生の時の女性の先生はケンカして泣かせた思い出さえあります。

基本的に先生にも同級生にも恵まれないSトー(あくまでも悪いのは相手設定)ですが、全員敵だと思っているので同窓会には行けないと思います。

が!美人探しだけは怠ったことはありません。

それは社会に出ても役に立ち、どこへ行くにも必ずチェックが入ります。

キャバクラ・フィリピンパブなどに接待・招待の際は必ず美人探しから始まるのです。

一体学校で何を学んでいるのかと思われるかもしれませんが、これは非常に大事な事です。

しかし、そのうち気付きました。あ、Sトー美人と話が合わない。

よくよく考えたら普通の女子でさえ、小学校の時に学校の女子全て敵に回したこともありました。

美人で高学歴の人とは仕事で一緒になったこともありますが、大抵怒鳴り合いでした。

Sとう.png

う~ん、やっぱり美人に縁ないです。

 

おしまい。

 

システム手帳の使いこなし~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさんこんにちは。Sトーです。
今回はシステム手帳の使い方です。ここ数日、お金にものをいわせていろんなスタンプを購入し、なんとか手帳を使いこなしている風に仕上げていました
が、気がつけば只のスタンプコレクターになっていました。

(中扉編)
S等1.pngS等4.jpgS等6.jpgS等3.jpg


(中身編)
水玉罫 3×6

S等5.jpg
昔々、あるところにペン王国がありました。
空前絶後で、全ての万年筆の生みの親であったY氏は、自分の傀儡としてSトーを王にして自分は執事の立場になり、背後からすべてを操作しようとします。
Sトー王は、執事の吉宗さんに面倒みてもらっており、執事の吉宗さんもSトー王がお金をもたらすかぎり、Sトー王に親切でした。
ですが、Sトー王の金払いが悪かったりすると大抵王国の玄関掃除をさせます。
さて、この国にはある秘密がありました。
それはこの国には女型の巨人がいたのです。そのため近隣諸国はこの国を攻め落とす事が出来ません。もっとも近隣諸国は攻め落とす気もありませんでしたが・・・

(話のパクリもとは「進撃の巨人」より。ちなみにSトー王自身、エキストラとして進撃の巨人に出演中。)
ペン国の隣国にル国がありました。
こことペン国は商業上の取引相手です。 
ですがル国の王は、自国の商売より自分の趣味に夢中でル国の女王からおこられてばっかりいます。
にもかかわらず、その性格はキレネンコでした。
ペン国の近隣には神田の杜とよばれるところがあり、そこには魔法使いと魔女と犬が住んでいます。
時々、ペン国にやってきます。
この魔女はいつも犬を連れており、その犬は思慮深く賢いため、 Sトー王を相手にしてくれません。

*ひょっとして、この絵はあの人たちではないかとあなたは思うかも知れませんが,それはあなたの心の中の問題であり、Sトーに一切の責任はありません。

おしまい。

私のリフレッシュ法~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます。
一人だけノリがちがうSトーです。
昔からこうでした。何度も社会や周囲にとけ込もうとしましたが無理です。
はっきりいって治りません。
ですので社会が私に合わせてもらう事にしています。
ところで、リフレッシュの方法ですが、私はずっとしたいものがいくつかあります。
例えばこれです。

サバゲ―.jpg

これもしたい。

釣り.jpg

とりあえずいま出来るのはこれです。

読書.jpg

調理.jpg

現在凝っているのはヨーグルトをつくることです。
私の作っているのは玄米乳酸菌 + R1でヨーグルトを作ります。
そしてヨーグルトを作るのに本来上のような調理器具は一切必要ありません。
しかし、私は常に外見から入るので購入しました。
なおこの絵の猫は家によく来る野良猫で、この絵のあと、

お魚くわえた野良猫、追っかけて、お前も酒の肴にしてやろうかーと裸足でかけてく、

愉快なSトーさんでした。おしまい。

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちS等氏のブログカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはボンクのお話です。

次のカテゴリはY女史のブログです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。