S等氏のブログの最近のブログ記事

夏の風物詩~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本の夏の風物詩といえば、「ガリガリ君」ですが、最近は売り切れが多くあまり見かけません。他の風物詩では、「妖怪」です。「妖怪」は日本が誇れる文化です。

本当は風物詩は「怪談」なんでしょうが、以下大目に見てくださるようにお願いします。

日本には自分たちの違う異形のものを排除するのではなく、逆に面白がってそのまま受け入れ、文化にしてしまう器の大きさがあります。

日本の「妖怪」は歴史的には確か平安時代の蒔絵か何かに書かれていたのが最初だったと記憶しています。

その後、妖怪はどんどん種類が増え、面白くなっていきました。

またそこに日本独特の哲学が絡んだ昔話がいくつかあり、そのうちの一つは日本昔話でもアニメ化されていました。

ある村に女の妖怪がいました。それを退治しようとした、数多くのお坊さんが殺されました。

ある日、一人のお坊さんが村にやってきました。

村の人たちは止めましたが、そのお坊さんは妖怪の出るお寺に泊まることにしました。

その夜やはり妖怪が出ましたが、この時、このお坊さんは今までのお坊さんと違うことをしたのです。

今までのお坊さんは、その妖怪を退治しようとして法力(という迷信)で戦って殺されていましたが、そのお坊さんは妖怪と話をしたのです。そして妖怪がなぜ人を殺していたのかをよく聞いて、その上で説教をし、更生させたのです。

その後、その妖怪はそのお坊さんの弟子になり、自分が殺した人たちへの償いをしたということです。

この話の由来は、おそらく仏教の釈迦と多くの人を殺した犯罪者の話だと思います。(なので実際はインド的)

 

鬼平犯科帳で有名な長谷川平蔵は、江戸時代に多くの犯罪者から恐れられていたものの、犯罪の背後にある原因を理解し、犯罪を事前に食い止めるために、当時、江戸幕府が作ったお台場にある世界初の犯罪者更生施設の責任者となり、自ら犯罪者の身元引き受け人となり多くの人を更生させています。

日本人が世界的に優れている理由の一つとしてあげられるのは、排他性がなく、相手を理解しようとする器の大きさだと思います。

今日の日本社会では滅多にお目にかからなくなりましたが、そうした人たちが日本の土台を作って来たのだと思います。

日本の器の大きさは海外にいると、逆によく見えます。

例えば、男女平等というのは西洋社会独特の習慣で、日本では昔は存在していません。(制度としては存在していますが、実質的に機能していませんでした。)

一方、西洋社会では昔は女性は所有権の対象でした。

明治時代に近代化を目指した明治政府は余計な思想も日本に入れ、その時、女性は男性の後ろ三歩を歩くということになったと思います。

 

*ところでPen and message.では、女性の後ろを男性が3歩下がって歩かなければならないので、(K保ルール・その1) 江戸時代と同じでございます。

2018年08月28日01時07分03秒.pdf000.jpg

 

よく行くお店~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

私のよく行くお店は家の前にある小さな食料品売り場です。
いつも半額シールの貼ってあるものを買い漁るので、人は私のことを「半額さん」とか「半額キラー」と呼びます。
実際に私の通った後にはまず半額シールのついた商品は残っていません。

2018年06月20日19時34分15秒.pdf000.jpg次によく行くお店は、神戸元町の裏寂しい通りを抜け、急斜面に坂を登ったところにあります。
そこは不思議なお店です。多分万年筆屋です。

2018年06月20日19時34分33秒.pdf0004.jpg

店主はよくお客さんに手紙を書いていますが、必ず途中で眠っています。なのでこの店に
は眠りの妖精がいるようです。

 

2018年06月20日19時34分47秒.pdf000.jpg

 

 

ペンとペンケース~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

万年筆については私は主にオマスの万年筆を使っております。おそらくこれからもずっと使うでしょう。

もっとも、そう思った矢先に早速会社は潰れました。

これらのオマスには、3本挿しのシュランケンカーフのペンケースに入れています。

Spen1.JPG

Spen3.JPG

時々、外でパッとアイデアが浮かんだときは、下のモンテグラッパが活躍します。

しかし、パッとアイデアが浮かんだときは大抵家に忘れていたり、携帯している時は何も浮かばなかったりします。

このモンテグラッパはルボナーの1本差しのケースに入れています。

人前で出すとカッコいいのですが、時々カバンの底に隠れており、底から引っ張り出す行為はすごくカッコ悪いです。

Spen4.JPG

下のファーバーカステルは、銀色が万年筆、あとはローラーボール、ボールペン、シャープペンシルです。

銀色の万年筆は主にPen and message.のシステム手帳のペン入れに挿しています。

うまい具合にちょうど入るんです。

Spen2.JPG

 この会社のシャープペンシルは長く愛用しており、本に書きこんだり下絵を描く時に使っています。

何だかすごく贅沢な気分を味わえます。

さすがの伯爵シリーズです。平民も伯爵気分を味わえます。

下の茶軸のローラーボールは、最近ペリカンの芯を入れました。そしたらまあ描きやすいこと。

万年筆いらないかも知れないです。最も芯の値段は高いです(そして黒しかない)。

横のボールペンには三菱のジェットストリーム芯が入っています。なのでこれも書きやすいです(でもこれも替え芯の値段は高い)。結局、万年筆がもっとも安くつくのかも知れません。

ファーバーカステルを使うと自分が賢く見えます。

それは根拠のない自信につながり、ずっと根拠のない自信と口先で人生を渡って来たSトーの必需品です。

ペンケースはダグラス革の3本挿しを使っています。

このダグラス革はSトーのお気に入りで、男の革、という感じがします。

Spen5.JPG

無人島に持って行くもの~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

先月サボったので今月はちゃんと書けと言われているのでちゃんと書きます。

人間社会に嫌気がさした時、無人島は誰でも憧れたことがあると思います。

しかし一人で生きていくのは至難の技です。

その場合、多分以下のようなものを私は選ぶでしょう。

1 釣り竿と多くのルアー

2 ナイフ数種(薪割り用・調理用・草むら用などなど)

3 チタン製のキャンプセット一式

4 万能ナイフ(レザーマンのチャージがオススメ)

5 斧数種類

6 筆記具(万年筆・ボールペン・鉛筆・シャーペン)

7 ノート

8 水ろ過装置(携帯用なのに5万リットル浄化できる。赤痢菌も浄化可)

9 手動発電機と太陽光発電機(足こぎ型がおすすめです)

10 ベアグリルのサバイバル本(すごく役に立つ)

11 虫眼鏡(火起こし用)

12 オイルとオイルライター(強風でも着火できるやつ)

13 火打ち石(多数)

14 パソコン(ボディ強度の高いマック製品かパナソニック)

15 ルーター

16 着替え(基本的にモンベルかパタゴニアの製品)

17 ブーツ(蛇に噛まれないようにロングブーツ)

18 コンパス

19 釘多数(コンパス代わりにもなる)

20 ハンモック

21 寝袋(寒い時用)

22 テント(カナダ軍が使っているもの。あれは家です)

23 位置が確認できる時計、または白文字盤の自動式時計(方位を知るため。ローレックスのエクスプローラーが良い。単なる物欲。)

24 野生の動植物のデータ一式(多分パソコンにデータを入れる)

25 たばこ数箱(蛭避け用)

26 医療用品一式

27 簡単な構造のボウガンか弓(肉用)

28 ロープ(いろいろ)

 

しかし、これでは単に生きるだけで面白くないのでやり直し。

1 浮輪

2 パラソル

3 バーベキューセット

4 PS4PROとゲームソフト一式(最悪SWITCHで代用)

5 コーラ

6 ポテチ(カラムーチョ含)

7 ケンタッキー・フライドチキン

8 ビーチボール

何だかこっちの方が生きていける気がする。

やっぱり文明は偉大ですな。

 

2018年04月11日23時26分52秒.pdf000.jpg

 

今年使いたい万年筆~Sとーの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が今年メインで使いたいと思っている(すでに使っている)万年筆は、Montegrappaのパッショーネ ゼブラです。
この万年筆のペン先は柔らかく、私はメモ用に使っています。
私にはメモ用の万年筆としてすでにファーバーカステルがあります。
ファーバーカステルのペン先は固めですが、両者とも甲乙はつけがたいものがあり、気分で使い分けしています。
自分の持っている万年筆の割合はイタリア製が多く、その理由はおそらく書き味が自分好みだからだと思います。
ところでインクはいろいろ試して、今はフローの良いパイロットの色彩雫を入れており、それで問題なく書けています。

FP0310-01[1].jpgss2.jpg

また今年使ってみたいペンがあります。
それは「出雲溜塗り」です。
これはいつか買おうと思いつつ、ずっと先延ばしになっています。
理由は特にありませんが、なんとなく他に目移りしたり、競馬やパチンコ、はたまたキャバクラ、ふくろうカフェやカワウソカフェで使いすぎたりしていつも購入するタイミングを逃していました。
このプラチナ社の「出雲溜塗り」のペン先は、イタリア製品好みの私でも書きやすく、しっかり書けると思っています。

FP0262-01[1].jpg

*なお今回の写真はすべてペンアンドメッセージの写真を借用しております。
これらの借用した写真はすべて私の教え子であるM子が撮影していますが、もう何も教えることがありません。立派になったものじゃのう。

S藤さん.jpg

今年欲しいもの・やりたいこと~S等氏の場合

| コメント(0) | トラックバック(0)

「欲しいもの」


今年という枠はともかく、最近、欲しいの思えるのが日本の自動車です。
昔から性能はすごいのですが、日本車のデザインだけ好みに合わないなーと思っていました。

でもついに最近の日本のメーカーは何かに目覚めました!

その嚆矢(*編集注:こうし:物事の始まりの意)となったのが多分、レクサスかマツダだと思います。
個人的にはどちらのデザインもすごく好きです。
特にマツダのデザインは街中で見てもすごく目立っていると思います。
代表的なのはMX5のRFなんかですが、それ以外の普通車も目立っています。
私の住む街は外車(私と同じ見栄はりどもの)が多いのですが、最近のマツダは、それらの海外メーカーの中でも逆に目立っている。


ところでマツダの人気のもう一つは、おそらく運転が面白いからだと思います。
今では丘レーサーのS等が想像で解説しますが、300キロを安定走行する高級スポーツ車より、100キロで挙動不審になり、FR特有の曲がった時に後輪が滑る現象が出やすい車なので面白いのだと思います。

 

「やりたいこと」

 
Sはずっと作家になりたいです。思い起こせば小学生の頃から、人と違う本ばかり読んでおり、中学校でスティーブンキングを師と仰いだ者としては、この道ははずせません。
しかし、いつの間にか専門書といういかにも「私、勉強していますよ」というような「安心してください。履いていますよ」的なものに興味が移った自分を恥じ、最近ではまたキング氏の本を読み直したりしています。
ということで次回からはSトーシリーズ

「猫の子吉と7つの缶詰の謎」・「猫の子吉とマグロ帝国の野望」

「猫の子吉ともふもふ森の秘密」・「猫の子吉とツナ缶王の秘宝」

が始まりますのでご期待ください。

S欲しいもの.jpg

私の年越し~Sの場合~(妄想シリーズ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんで年越しソバはこんなにうまいんだろう。
よく考えたら普通のそばなのに。なんかあかんやつ入っている? そば協会の陰謀?
そんなことを考えながら、年越しについて何を書こうか考えたが全く何も出てこない。
そしてよくよく考えたらいつも年越しはなぜか東京にいることに気づいた(Sトーは関西在住である)
そこで私の場合は、年越しのいつもの風景は新幹線からの車窓であった。
年末年始の新幹線は意外と空いている。
そして毎年、何度も新幹線に乗るにつれ、その風景にも慣れてきて、だいたいどの辺を走っているのかわかるようになった。
大阪から東京に行く場合、左側には巨大な箱舟型の太陽光発電施設が見える。
(巨大な箱舟型の太陽光発電施設)

2017年12月16日11時27分32秒.pdf000.tifそれはかつてゴモラ(ウルトラマンシリーズ参照)の頭についていたものを再利用したものである。
さらにしばらく経つと御嶽山がチラッと見える。

私はかつてその山を登山したことがあるが、これは単なる自慢である。
さらに浜名湖が見えてくる。その度ごとに浜名湖で食ったうなぎの味が蘇り、その記憶だけでご飯がすすむ。
さらにしばらくすると、今度は、運が良ければ富士山が見える。その度ごとにこれまたよくあんな高いところに登ったなあ~と思う。
右側の座席に座っている場合、まず関ヶ原と伊吹山が見える。
Sトーの前世の記憶には、伊吹山付近の関ヶ原の合戦での戦いの記憶はなく、走馬灯のように見えるのは、なぜかひこにゃんの顔である。

2017年12月16日11時27分55秒.pdf000.tifその後、時々ちらっと太平洋が見え、やがて山間の間から見える熱海が見える。
熱海については東京に住んでいた頃、年末に車で熱海までドライブして、港でちょうど釣り上げられたカジキマグロを食った記憶がある。
そのうち、車窓から小高い場所にある見慣れた横浜の住宅街が見えてきて、だいたいそこから15分くらいで品川駅に着く。
品川駅は近代的されており便利だが、東京駅やその付近は古い建物がいまだにあり、昔の東京を思い起こす。
Sトーは東京の昔の風情が好きで、また東京駅に近い有楽町近辺でも「なんとか会館」とか得体の知れないビルの地下に集まる、これまた得体の知れない多くのお店(サンゴを売っていたり、印鑑売っていたり、なぜか怪しいお店)を見て回ったりする。

ところで年越しは山手線などはほとんど24時間営業となる。

初詣なので当たり前だけど、これだけ大都会なので普段からそうなれば良いと密かに思っている。


これがここ数年続いている年越し風景である。

来年への準備〜Sトー氏の場合〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

物事はなんでも準備80%、実行20%でうまくいくということが私の経験です。

仕事でも準備で、成果が決まります。
時にはなんでそこまでするのと他の人に言われたこともありますが、成果が欲しいならこの比率は鉄則でした。
プレゼン、営業、企画会議、全てに通じるこの鉄則を今年も適用し、来年に活かしたいと思います。

そこで来年の準備は以下のようになると思います。

 1・運動

2017年11月26日18時07分55秒.pdf000.tif2・読書2017年11月26日18時08分31秒.pdf001.tif

 

3・出家2017年11月26日18時07分55秒.pdf004.tif

私の健康法~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の健康法は、好きなものを食べて、あまり健康に気を遣わないというものです。海外のある有名な投資家は、ずっと好きなコーラとハンバーガーを食べています。

みなさんの周囲にもやたら健康な人がいると思います。

彼らにどのような健康法をしているか確認するときっと彼らは「へえ?」って顔をすると思います。

健康な人はそもそも健康法を知る必要はなく、むしろ健康法って何か考え始めたり、自分はなぜ健康なのだろうと考え始めるときっと病気になると思います。

食べたい物を食べ、ずっと仕事をしていれば、それがきっと健康法です。

 

また仕事を辞めると急に人は老け込みます。

だから仕事もまた健康法の一つだと思います。

私のこの意見は全く医学的ではないですが、医学的な見解が常に事実だとは限らないでしょう。

ぼけない人もやはり、日頃から頭を使っています。

よって知的好奇心を追求するのはやはり健康法だと思います。

 

それらが前提ですが、ただ私は家族に対して健康管理をしており、その中で効果的なものがいくつかあります。

その背景にあるのは「基本体温を上げる」です。

まずは部屋の中で、ラジウム226鉱石を煮ます。その水蒸気はラドンガスになり部屋に充満します。

それが体内の細胞を活性化させるみたいで、結構気持ちが良いです。

 

それをお風呂に入れるとかなり身体が温まります。

しかし要注意なのは、かなり疲れるという事です。ですので、週に1度くらいが最適だと思います。

ベットの下にもこの鉱石を利用したマットを敷いてます。それにより、家族は本当に基礎体温が上がりました。

また女性の人は鉄分を摂取するために南部鉄器を使用すると良いみたいです。

我が家ではずっと使っています。ちなみにご飯はかなり美味しく炊けます。

また女性は便秘気味になりますが、甘酒はその解決策になります。これらは予防医学で推奨されている方法です。

それ以外は大したことはしていません。

わたしは食べたい時に食べるので、夜中に平気で「赤いきつね」を食べます。

これを書いている今は夜中の2時ですが、さっきバームクーヘンを全部丸ごと食べてしまいました。

 でも大丈夫です。

ダイエットに関しても効果的なものがあります。

それは温泉に行き、温泉にお腹くらいまで浸かり、限界がきたら、すぐに水風呂に足やお腹までゆっくりと入ります。

それをくり返す事で、かなり体重が減ることを見つけたからです。(編集者注:S等氏個人の見解です)

全部つからないのは心臓の負担を考慮しているからです。

*サウナではなく温泉であることが鍵です。

 

おしまい。

 

「うちの車」~ 通りかかりのSトーの場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

Sトーの今の車といえば、民営の○○バスである。
東京に行くときはJR新幹線が自家用車となる。
そもそも、そのSトーが一番最初に所有した車はサフラン色の淡い黄色の古いワーゲンビートルだった。
当時Sトーはこの非力な車で追い越し車線を独占し、遥かに馬力のある他の車から煽りを受けた。
しかしSトーを煽ってくる大抵の輩の助手席には美人が乗っており、それ故にSトーは絶対に道を開けなかった。そう昔からリア充は嫌いなのである。

S車1.jpg

やがてこの性格は、後に語られるSトー黒歴史の一つ「Sトーレーシングカーに乗る」事件に発展するが、それは今月のお題ではないのでやめておく。

先週のK保と違って「性格的に何となく運転に向いてないと思うに至り、それ以来立派なペーパードライバー」という考えは一度も持ったことはない。Sトーは基本的に車の運転が好きなのである。
むしろ「俺が運転する」と言い張り、自分の持っている全ての権利を行使するタイプである。
そして、Sトーが運転すると助手席に乗っている大抵の大人は悲鳴を上げた。

一番最初に悲鳴を上げたのは、教習所の教官だった。その次は家族、上司、などなど、きりがない。
当時は飛ばしに飛ばし、良く死ななかったなと思うSトーであるが、死ななかったのは決して運転が上手かったからではない。単に運が良かっただけである。その結果、多くの無茶をやったがゴールド免許だった。

ところで、ずっと東京で運転していると、そのうち都会の乗り方が分かってきた。
すると助手席の大人達は悲鳴を上げなくなり、「車線変更の神」と呼ばれるくらい、スムーズに運転できるようになっていた。
レーシングカーと一般車の乗り方が全く違う事に気づいたのも、この頃だった。
それ以降は、安全運転も面白いと思えるようになった。

今日、Sトーの住む街の○○バスでは、とても運転に気を使っている。
なぜなら、その街には超クレイマーがいるからである。そうSトーである。

「あの運転手はトラックの運転のようにバスを運転している!」「ブレーキをあてにして止まるな!」「加速が急すぎる!」「シフトダウンで減速しろ!」「加速はもっと自然に!」

このような事が、過去数年、彼らの営業所の所長に寄せられた。彼はSトーの家に来た事もある。 
今ではSトーが○○バスに乗ると運転手は身が引き締まる。(最もこの数年でもの凄く良くなったのでクレームしていない)

今、Sトーが目を付けているのは市営のバスだが、残念な事に市バスにはあまり乗る機会がない。
しかし、たまに乗ると彼らの運転には、もの凄くツッコミどころが多い。
Sトー鬼コーチにとってはやりがいがある。

S車2.jpg

もっとも、こんなことを言っているSトー、実は大型免許は持っていないし、普通免許も失効している。

 

 

 

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちS等氏のブログカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはボンクのお話です。

次のカテゴリはY女史のブログです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。