S等氏のブログの最近のブログ記事

桜の思い出~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます。(今は朝の午後5時です。起きた時間が朝です。)

今月のお題変更につき嘆願しようとし、竹の先に刺した血判書を高く揚げY様のお乗りのお籠に近づこうとする度、側に控える刀持ちのM氏に斬られていたので、投稿は大変遅れました。

今月のテーマは新入獄、いや新入学の話でしたが、そこから話を広げて良いという旨を賜ったのでそうします。

20歳くらいまでは、ほとんど意識のなかった(ボーとしていた)私なので、何やら、花びらのゲートをくぐったとか、春の日差しが暖かいとかそんなことしか記憶にありません。

しかし、入学時、又は新学期に共通しているのは、同じクラスにいるかも知れない美人探しです。

過去の戦績は一人だけ、中学二年の時に若くて美人の先生に当たり、そのまま三年生も先生のご指名で、先生のクラスになりました。(気に入られたのはきっと、先生が家庭訪問しに来た時に乗っていたバイクの空気を抜いたからだと思います。)

しかし、その前後は全て外れで、小学四年生の時の女性の先生はケンカして泣かせた思い出さえあります。

基本的に先生にも同級生にも恵まれないSトー(あくまでも悪いのは相手設定)ですが、全員敵だと思っているので同窓会には行けないと思います。

が!美人探しだけは怠ったことはありません。

それは社会に出ても役に立ち、どこへ行くにも必ずチェックが入ります。

キャバクラ・フィリピンパブなどに接待・招待の際は必ず美人探しから始まるのです。

一体学校で何を学んでいるのかと思われるかもしれませんが、これは非常に大事な事です。

しかし、そのうち気付きました。あ、Sトー美人と話が合わない。

よくよく考えたら普通の女子でさえ、小学校の時に学校の女子全て敵に回したこともありました。

美人で高学歴の人とは仕事で一緒になったこともありますが、大抵怒鳴り合いでした。

Sとう.png

う~ん、やっぱり美人に縁ないです。

 

おしまい。

 

システム手帳の使いこなし~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさんこんにちは。Sトーです。
今回はシステム手帳の使い方です。ここ数日、お金にものをいわせていろんなスタンプを購入し、なんとか手帳を使いこなしている風に仕上げていました
が、気がつけば只のスタンプコレクターになっていました。

(中扉編)
S等1.pngS等4.jpgS等6.jpgS等3.jpg


(中身編)
水玉罫 3×6

S等5.jpg
昔々、あるところにペン王国がありました。
空前絶後で、全ての万年筆の生みの親であったY氏は、自分の傀儡としてSトーを王にして自分は執事の立場になり、背後からすべてを操作しようとします。
Sトー王は、執事の吉宗さんに面倒みてもらっており、執事の吉宗さんもSトー王がお金をもたらすかぎり、Sトー王に親切でした。
ですが、Sトー王の金払いが悪かったりすると大抵王国の玄関掃除をさせます。
さて、この国にはある秘密がありました。
それはこの国には女型の巨人がいたのです。そのため近隣諸国はこの国を攻め落とす事が出来ません。もっとも近隣諸国は攻め落とす気もありませんでしたが・・・

(話のパクリもとは「進撃の巨人」より。ちなみにSトー王自身、エキストラとして進撃の巨人に出演中。)
ペン国の隣国にル国がありました。
こことペン国は商業上の取引相手です。 
ですがル国の王は、自国の商売より自分の趣味に夢中でル国の女王からおこられてばっかりいます。
にもかかわらず、その性格はキレネンコでした。
ペン国の近隣には神田の杜とよばれるところがあり、そこには魔法使いと魔女と犬が住んでいます。
時々、ペン国にやってきます。
この魔女はいつも犬を連れており、その犬は思慮深く賢いため、 Sトー王を相手にしてくれません。

*ひょっとして、この絵はあの人たちではないかとあなたは思うかも知れませんが,それはあなたの心の中の問題であり、Sトーに一切の責任はありません。

おしまい。

私のリフレッシュ法~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます。
一人だけノリがちがうSトーです。
昔からこうでした。何度も社会や周囲にとけ込もうとしましたが無理です。
はっきりいって治りません。
ですので社会が私に合わせてもらう事にしています。
ところで、リフレッシュの方法ですが、私はずっとしたいものがいくつかあります。
例えばこれです。

サバゲ―.jpg

これもしたい。

釣り.jpg

とりあえずいま出来るのはこれです。

読書.jpg

調理.jpg

現在凝っているのはヨーグルトをつくることです。
私の作っているのは玄米乳酸菌 + R1でヨーグルトを作ります。
そしてヨーグルトを作るのに本来上のような調理器具は一切必要ありません。
しかし、私は常に外見から入るので購入しました。
なおこの絵の猫は家によく来る野良猫で、この絵のあと、

お魚くわえた野良猫、追っかけて、お前も酒の肴にしてやろうかーと裸足でかけてく、

愉快なSトーさんでした。おしまい。

今年使ってみたい万年筆~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

S1.jpg皆さんはお正月どうしていたでしょうか?
私は年末は逆東京していました。
つまり年末年始に東京から帰郷する人たちと逆に東京に行っていました。
ですので年末年始は東京で、元旦は新幹線の中で迎えました。

S2.pngところで今月のお題は「今年使ってみたい万年筆」です。
私は万年筆は基本的に海外のものしか使った事が無く、それはたまたま海外製品の書き味方が当時の好みに一致したからですが、今年は日本製でプラチナのペン先(プレジデント)の万年筆を使いたいです。

個人的に国産ではこのペン先が一番好みです。
一応言っておきますが、たまたま今月のブログで全員がこの万年筆を紹介したり推奨していますが、ただの偶然です。
なぜならこのお店で意思が統一する事はまずありません。

なお上下関係は存在します。 (K > Y > M > Sトー)

で私も使ってみたい万年筆も出雲ですが、できれば出雲シリーズを以下のようにしてくれたと思っています。
〇ペン先がプレジデント、軸は黒とかで、できればエボナイト
〇キャップは一般的な万年筆仕様で金冠があればよい。
〇吸入式
後、軸に自分の名前と住所と連絡先を刻印してもらえれば落とした時に困らないと思います。
(基本自分の下着にマジックできちんと名前を書く派なので。)

こういうのでないかなあ。

S3.png

みなさん、だまされてはいけません。

先の2人のブログを読みましたが、2人ともそんなにきちんとメモっていません。

特にスタッフKはひじょうにあやしい・・・

(・・ぼかっ! ぽい! ぼちゃん!! ぶくぶくぶく。 シーーン)。

今月は天国からブログを更新します。

さて手帳の歴史は大変古く、遡るといつかわかりません。
ペンの歴史はきっと誰かが指で岩場に絵を描いたのが始まりでしょう。 その指が今日のぺんになっているということではないでしょうか? 
もう亡くなったと言われているマックの創設者も、今絶賛発売中のi ○○プロを最初はペンではなく指で書けるように考えていたと、
たまたま昨日みた他の人のブログに書いてありました。
ところで私の場合、ノートとペンは一応、それぞれに対応して使い分けていましたが、最近、あまりその境界線がなくなっています。
なぜなら、そうするといつも持ち出すシステム手帳についている万年筆ばっかり使ってしまい、他のノートに対応している万年筆がほどんど出番が無かったりするからです。
ですので、最近は他のノートも見直し、また以前購入した万年筆を使っています。
気分的には凄く新鮮です。そもそも使い分ける必要性があまり無いので、そのような無頓着、無秩序、無法で混沌と下世界が広がっています。
ですが、それはそれで良いのではないでしょうか? 


そうそう、最近見ていたポアロの映画の中で、ポアロもメモ帳持っていました。
凄く小さいもので、現場で重要な物事を書く際に出していたシーンがあります。ノートカバーはおそらく金属製ではないでしょうか? 

ポアロは以外と金属感のある物が好きみたいで、胸のボタンは銀製だし、食器も銀製、そしてよく磨かれています。

もっとも,補佐のヘイスティングは美人に弱く、浪費家で車をとっかえひっかえしており、挙げ句の果てには海外の鉄道事業に投資し破綻し無一文になっていますし(美人の奥さんは愛想つかさないでがんばっていますけど)、レモンさんは自分の婚約者を死ねばいいといったり、(最もその婚約者は殺人者だったんですけど)、ポワロは行く先々で人が死んでおり、彼はそれをぜんぶ人のせいにしていますので、基本彼らもダメダメ人間です。

ちなみに以下は写真です。

DSC_7341[1].JPG      携帯用:ノートはベラゴのシステム手帳(革はダグラスっていうやつ)

 

 


DSC_7343[1].JPG 自宅用:ノートはペンアンドメッセージのノート(革はシュランケンとかなんとかいうやつ。)

 

DSC_7348[1].JPG         ノートはライティググラボのノート(革はコードバン)

 

おわり。 写真は地獄から。

 

スポーツ~S等氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月はスポーツです。
Sとーは、子供の頃からスポーツ少年でした。
例えば近所の家のピンポンダッシュ、早喰い競争(昼前に如何にお弁当を食べるかという競争)、ゲームセンターでの手の動きの訓練など、毎日がスポーツです。


ところで以下は私のスポーツ歴です。

・サッカー
毎日新聞のサッカーチームに入っていましたが、当時サッカーは人気がなく(特に女子から)、それが理由で辞めました。

・野球
ピッチャーでしたが、私がマウントで投げると、ボールが不思議とバッターに当たるという謎の現象のため、やむなく辞めました。

・柔道
小学校に入る前にやっていました。もっとも受け身の練習が痛くて辞めました。

img017.jpg・水泳
一応選手コースの前まで行きましたが、もっと普通に呼吸したいと思い辞めました。

img018.jpg・空手
小学校5年生くらいからやっていますが、琉球空手のため、敵を攻撃でないので辞めました。

img016.jpg登山
近くのジャングルジムはすべて制覇しましたが、遭難して以来、トラウマです。

img019.jpg・レーシングカート
レーシングカートやFJ1600というのに乗りましたが、車酔いがひどく、辞めました。

img021.jpg

以上です。

懐かしい文具~Sとー氏の場合~

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます。こんにちわ。こんばんわ。Sとーです。
今月のタイトルは懐かしの文房具だったように思います。(最近P店に行っていないので忘れた)。
このタイトルを聞いた時に最初に私の灰色の脳細胞(ポワロ風)が思いついたのは、まだ私がピヨピヨのピヨちゃんだった頃に文具店で見たある筆記具です。
それはショーウィンドウの中にあり、たしかシャープペンシルだったと思います。

私がそれを記憶しているのはそのボディーが水色ですごくきれいだったからです。色のカラフルな万年筆みたいな色です。丁度、デルタのマリーナピッコロとそっくりでした。(ほんとにこんなかんじです ↓)

FP0136-03[1].jpg
その筆記具は店のショールームのまん中に鎮座していましたが、幸い私を家まで連れってとはいっていなかったので、そのまま当時の業務である、学校終わりから夜中までは、近所の公園などの外回りに出ました。
ところでわたしは子供の頃からかなり変わっていたみたいです。小学校の2年生のときは授業中に外の景色を見ていて、丁度そこから自分の家がみえるものですから、そっちに気を取られていた事がしょっちゅうあります。(私の部屋も見えたので昼間誰もいない部屋に誰かいないかなとその影を探していたりしました。)

で、私の変人ぶりの一つとして、私が当時使っていた筆記具があります。それは鉛筆でもボールペンでもなく、昔の製図用のペンでした。
それは「カラス口」と呼ばれる製図用の道具で、インク瓶にペン先をけると、カラスの口の間にインクが溜まり、そのまま書きます。

img002.jpg


しかもけっこう書けます。なぜかそこに味わい深いものを当時の私は感じ取り、学校の勉強のとき(よってこの目的ではほどんど使用せず)や、受注を受け、サンダーバード2号や基地等の設計図を描いていました。

img001.jpg

ノートについて~S等氏の場合

| コメント(0) | トラックバック(0)

(落書き帳)


S等落書き帳.jpg


私はもっぱらPen and message.の 324円のこの用紙をよく使用します。

自由に書けるし、万年筆で絵を描く ときとかも重宝しています。この紙を販売しているお店側はそんなによい紙ではないといっていますが、私は万年筆とこの紙の相性は良いと思います。
現在の使い方としては、本を読んでいて内容がよくわからないときに書き込んで概念化するのに使っています。常に2~3冊のストックがあります。
今は日本の歴史を勉強しており、家系図とか、よくわからない日本の昔の地名や、位とか、そう言うものを書き込んで、いろいろな関係とか構造を書き出して理解しようとしています。そういうときはこのような真っ白の紙が一番良いです。
余談ですが、最近の考古学、歴史学はかなり研究が進んでおり、縄文時代の日本、特に東日本はものすごく活発で、海民、山民、採取民により社会が形成され、障害者や女性への差別もないとか、弥生時代はこれまでのようにイコール稲作文化ではなく、縄文時代の文化も承継し共存した多様な職能集団が存在し、様々な人たちが交流した社会であったとか、中世で人びとは男性も女性も全国中を旅して、自由度の高い社会だったということがわかっているそうです。
ところで百姓=農民ではなく、百姓=一般人であり、水呑と呼ばれた人たちも、貧しく自分の土地を持てない農民ではなく、土地を持つ必要のない海運業や金融業等の裕福な人も含まれていたとか、昔習った事は一体なんだったんだろうと思ってしまいました。
これまでの通説的な思い込みである日本は男尊女卑も事実ではなく、実際は最終的には女性に頼る社会でもあり(ペンアンドメッセージを見れば納得)、中世までは差別もない社会だったということです。(上下関係と奴隷はいましたが)
古代では遊女も博打打ちも神聖視されていたとかで、キャバクラに憧れを抱くSトーに取って、その時代は夢の時代かも知れません。

(システム手帳)

S等システム手帳1.jpg


これは普段持ち歩いているシステム手帳です。

これもペンアンドメ ッセージで販売しています。
デザインはありそうでない秀逸なものだと自分では思っています。
ダグラスという革を使っているそうですが、この革は男性にとっては好みの革だと思います。

S等システム手帳2.jpg

私も多くの人と同じようにシステム手帳の遍歴はけっこうありますが、結局大手メーカーのより、個人作品のほうが質も値段も満足感がありお買い得感もお得感が全然こっちのほうが上でした。

使い方は、デスノートとしてではなく、この手帳に翌日、自分がすべきことを列挙し、次の日の予定計画をたて、翌朝に行動し、その日の中で 完了したものにはマークしていき、それ以外で達成しなかったものは翌日行ったり、時には、なぜうまくいかなかったという分析を記入したりなんてことしているので、結構、リ フィルを消費します。
ところでこのシステム手帳、もう在庫があまりありませんので、欲しい人は早めにお店に注文しておいた方がよいです。もうできないそうなので。
(おわり)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちS等氏のブログカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはボンクのお話です。

次のカテゴリはY女史のブログです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。